人気ブログランキング | 話題のタグを見る
第31回 県立国際情報高校入学式
●4月6日(水)13:00~

 第31回 県立国際情報高校の入学式に参列する。
 昨秋創立30周年記念事業を実施し、50年に向けて新たなスタートだ。新たなスタートに平成4年に開校した時の先生が校長先生として就任する。先生は教諭、教頭先生としてKJに勤務し、今回校長として赴任する。あの、とつとつとした話し方、覇気がないと感じる話し方・・・・・何か30年前と全然変わっていない・・・・。

 コロナで参列は新入生とその保護者のみ。来賓も私(後援会長)とPTA会長、育成会長の3人。111名の新入生が目を輝かせている。三年後子供たちは大きく成長してKJを育っていくことは間違いがない。少し残念なのが、大きく定員割れをしていることだが、生徒は大きなチャンスだ。濃密な指導が受けられるからだ。
 たった3年間頑張るだけで大きな未来が待っている。がんばれ31期生。自宅学習平日4時間、休日6時間の学習が当たり前になる。慣れるまで大変だが1学期がんばることです。自己の夢に向かって進んでください。みんなで頑張るKJです。先生方は日本一面倒見がいいです。
第31回 県立国際情報高校入学式_b0092684_16225847.jpg
第31回 県立国際情報高校入学式_b0092684_16232668.jpg

# by 2neyuki | 2022-04-06 16:04
樺澤住職「法話」
●4月3日(日)

 毎月3日は10時から「前建て本尊御開帳お護摩」が行われる。
 毘沙門堂境内には1メートルの残雪と大祭に使用した「大むしろ」が広げて干してあり大祭の後が残っている。
 毘沙門堂長廊下に、残雪が残っており「雪割」をする。

 お護摩が終わり方丈様は、参拝に来た人たちに、ウクライナの惨状を子供から問われたら、大人は何と答えますかと話される。
 私はこう話しますと
  ①ロシアとウクライナの現状をそのままま伝え話します。
  ②今、何が支援できるか考え、一人一人が出来る支援をすることと話します。
  ③わる者をつくらないでと話します。(ロシアの兵隊にも家族も子供もいる、ロシアが悪いとは言わない!)
 
 私は、方丈様の話を聞くまでは、絶対にロシアが悪いと思っていたが、③には共感するところが出てきた。ロシアが悪いのではなくプーチン大統領に問題があるのだ。
樺澤住職「法話」_b0092684_16031660.jpg

# by 2neyuki | 2022-04-03 15:38
33番観音様「2番会 新年会」
●4月2日(土)17:30~

 コロナの感染拡大で、例年2月2日に開催していた「2番会新年会」2か月遅れで開催する。
 会場は定番で「田中屋」さん。3年度の当番が私で、8月の草刈と新年会の世話を行う。
 新年会は通常、夫婦での参加が多いが、コロナなので参加は一人とする。

 8月の草刈、朝6時に現地集合。終わると毘沙門堂「弁天池」わきで、懇談慰労会が始まる。
 朝ビールを飲むので、行動が制限される。前日に当日来れない方が、一人で草刈りをしているので、安全面からと飲み会を考えると、土曜日午後3時からの草刈がいいのではと提案がある。
 みなさんから一人づつ近況報告していただく。コロナでもあり、早めにお開きとする。

 来年の当番は仁四郎さん。お願いします。今日の会計を済ませ関係書類は後日渡す。
 

# by 2neyuki | 2022-04-02 10:18
びしゃもん市関係者会議
●4月1日(金)12:00~

 浦佐温泉「多聞荘」にて会議を行う。
 今年の「びしゃもん市」は、お国じまん会館1階内で食事処と併せて5月の連休にオープン予定であったが、法人の立ち上げや運営方法等が固まらなく工事等が遅れていた。ようやく法人設立の目途が立ち、改修工事の工程等も決まってきたので今日の会議となる。
 地域づくり協議会の事務長より、今までの経過や進捗状況を話す。
 びしゃもん市のオープンは、7月の浦佐のまつりに間に合わせたいが送れる可能性あり。

 「びしゃもん市」今までと同じ場所で5月にオープンすることにする。

# by 2neyuki | 2022-04-01 09:52
わが家の家族「ミミ」10日ぶりに!
●3月29日(月)

 20時過ぎ、玄関で「ニャーン、ニャーン」と猫のなき声。ミミが帰ってきた。10日ぶりだ。みんなで自然に涙が出出来た。

 19日朝、いつもであれば必ず台所に出てくるミミがいない。その日は1日見えない。次の日もいないので、作業場や二階の布団部屋、二階の押し入れ等々を探すがいない。22日は懐中電灯を持って縁の下を探し、今一度作業所等々「ミミ」の名前を呼びながら探す。
 ミミ、家に来たときは5歳で、それから15年家族同然で過ごしている。
 猫は、老衰で亡くなる時は、家主に見つからないところで亡くなると聞いていたし、もう本当に老人だし、最近も糞が出なかったり、「もう寿命だなと・・・!」話していた。
 「ミミ」はお彼岸に亡くなったから成仏したなとみんなで納得し、「ミミ」が無くなったことを、ラインで連絡する。

 隆太君が卒園式のまんじゅうを持ってわが家にお昼に来る。「ミミ」らしい猫を見たよの話に、お母さん4回探しに行くが見つからない。ここの土管の中にいた。又は他人の車庫の中にいたらしい。首輪をつけていたから飼い猫だとその人は見ていたようだ。
 18時頃帰ると、お母さんと探しに行くが見つからない。

 20時、孫が2人泊まりに来る。猫が「ニャーン」と入って来る。
 布団に入った、96歳と94歳の二人も良かった良かったとでてくる。
 
 10日も満足に食べていないから、瘦せていた。すぐには私どもに慣れなくて警戒しているようだった。
 卒園式の終わった、隆太と泊まりに来た桜子と蓮太郎が、「ミミ」をわが家に連れてきた。
 
わが家の家族「ミミ」10日ぶりに!_b0092684_16272850.jpg
わが家の家族「ミミ」10日ぶりに!_b0092684_16274614.jpg

# by 2neyuki | 2022-03-29 15:46