人気ブログランキング |
西大寺・宮島・出雲大社の旅
        5月23日(木)~25日(金)

 今年で4年目になる、同級生(撒与講中)での旅。
 今年は、岡山市の西大寺(1万人の裸押合まつり、2月の第3土曜日、国の重要無形民俗文化財に指定)に決まる。そして、宮島と出雲大社を訪れる。
 ●23日 浦佐6:24~東京~西大寺(13:00~13:30)~広島~宮島(ホテルみや離宮泊)
 ●24日 厳島神社参拝~広島(お好み焼き昼食)~高速バスで松江市~玉造温泉(松乃湯泊)
 ●25日 出雲大社参拝~松江堀川めぐり~昼食(地ビール館)~松江~電車で岡山駅~東京~浦佐

       ●西大寺で大祭の説明・ビデオで観賞
b0092684_13100099.jpg
b0092684_13100867.jpg
       ●宮島
b0092684_13101907.jpg
       ●広島市内でお好み焼き昼食
b0092684_13102743.jpg
       ●出雲大社
b0092684_13103313.jpg

# by 2neyuki | 2019-05-24 12:48
東京国立博物館へ
        5月22日(水)

 毘沙門堂山門「天井画・十六羅漢図壁画」(板谷桂舟が描く)を修復することに決定し、昨秋から準備をすすめている。1月に続き東京国立博物館を訪れる。朝日新聞文化財団の助成を得るべく申請書を作成し持参する。
 当日は「東寺展」を開催しており、入場するのに80分待ちという。私ども(二人)は入り口で来意を告げ打ち合わせをする。

 特別展は、空海にまつわる数々の宝物や、東寺の仏像や曼荼羅に目を見張る。東寺が1200年にわたり空海の教えとともに守ってきた仏像は異次元の世界だ。特に空海が作り上げた、曼荼羅の世界を体感できる15体の立像(国宝11体、十分体)は圧巻だ。
b0092684_12002996.jpg
b0092684_12003897.jpg

# by 2neyuki | 2019-05-22 11:05
浦佐区会山見(西山巡回)
        5月11日(土)

 8時半から登り15時ころ下りてくる日程。
 所用があり10時に逆から登る。黒沢を登り「天池」で一人で昼食を食べる。
 13時ごろ「天池」の青年団林で合流する。

 「山が荒れれば、里が荒れる」と言われているように、今はほとんど人が入らないので、山は荒れ放題だ。しかし、浦佐は「浦佐城・薬師様の会」「上山城・秋葉様の会」「33番観音様の会」「奥の院の高山」は、白山様総代と、それぞれの有志の会が年に数回は山道整備を行う。

 今年の秋にはフットパスがスタートする、来年からは観音様と浦佐城にフットパスが……。
 このように山に人を入れる仕組みを作ることが大切。
 西山に「トレイルラン」を春・秋開催する。参加費の半分位を山の整備に充てる。是非実現させたい。

        ●高山から天池に通ずる道より八海山を望む
b0092684_21245123.jpg
        ●高山(奥の院)にて
b0092684_21250083.jpg
        ●山の神様にお神酒と灯をあげてお参りする
 
b0092684_21251669.jpg
b0092684_21260854.jpg
       
        ●カモシカが出迎える(黒沢にて)
b0092684_21261973.jpg


# by 2neyuki | 2019-05-11 21:25
山古志「闘牛大会」観戦
         5月5日(日)子どもの日

 昨日(4日)、森山トクさんの33回忌がおこなわれ、親父とお袋そして自分も参加する。そして、5月4日は桜子の9歳の誕生日で、そのお祝いを兼ねて山古志(翔、蓮、小雪、丈一郎も)に行く。闘牛は初めてで、そのぶつかりには圧倒される。「国の重要無形民俗文化財」に指定されている。
 山古志の「牛の角突き」の歴史は古く、1000年前とも言われている。
 牛は、昔から運搬や農耕に貴重な働き手で、家族同様に一緒の家に住んだ。飼い主との密接な関係の中で「牛の角突き」は山古志の人々の生活・娯楽として根づいていったと言われている。
 山古志の「牛の角突き」は牛が傷つかないように引き分けにする。勢子と呼ばれる男たちが、角を突き合わせ、激しくぶつかり合う牛の間に分け入って牛を取り押さえる様子も見ごたえがあった。
 午後1時から開催され、11番の取組が行われた。登場する牛には、それぞれ各企業や個人から祝儀が送られる。
b0092684_16332174.jpg
b0092684_16333220.jpg
b0092684_16334385.jpg



# by 2neyuki | 2019-05-05 16:14
山古志「闘牛大会」観戦
         5月5日(日)子どもの日

 昨日(4日)、森山トクさんの33回忌がおこなわれ、親父とお袋そして自分も参加。そして、5月4日は桜子の9歳の誕生日で、そのお祝いを兼ねて山古志に行く。闘牛は初めてで、そのぶつかりには圧倒される。この闘牛も「国の重要無形民俗文化財」に指定されている。
 午後1時から開催され、11番の取組が行われる。
 

# by 2neyuki | 2019-05-05 16:14
毘沙門堂「春季例大祭」
         5月3日(金)
b0092684_16092156.jpg
 大欅の新緑がまぶしい中、毘沙門堂「春季例大祭」が行われる。
  ・ 9:00   世話人会議
  ・10:00   大般若転読会 
  ・11:00   御前立本尊開帳護摩法要 
  ・12:00   直会

 裸押合大祭に匹敵するお祭りであり、多くの講中の皆さんからも参加いただく。

      ●大般若転読会
b0092684_16095603.jpg
      ●御前立本尊開帳護摩法要
b0092684_16101694.jpg
      ●新成人も参加する
b0092684_16103456.jpg
      ●直会~長年勤め勇退する世話人、講元に感謝状を
b0092684_16105360.jpg
      ●「びしゃもん市」にて~沼垂講中の皆さんいつもお世話さまです
b0092684_16114367.jpg


# by 2neyuki | 2019-05-03 15:53
清掃ボランテア   おせったいの総会
●4月27日(土)清掃ボランテア
 9時半に集合し、同級生(撒与講中)7人で毘沙門堂の清掃に。2人は浦佐駅構内のローソクの清掃及び整理整頓。5人は、境内には残雪が残っており、あいにくの雨模様なので、山門と石垣の草取りを行う。
 終了後は代表の賢三宅でバーベキュウを……。
b0092684_18104969.jpg
    ●8時半から1時間、KCK跡地の石拾い(地域づくり協議会で)
b0092684_18110256.jpg
●4月28日(日)
<国際交流セミナー>13時より「田中屋」さんで
 市長、教育長が公務で参加がかなわず、急に私に案内が来る。大変失礼であったのですが、挨拶をして退席をする。

 公私ともお忙しい中お出でいただいた 駐日モンゴル国大使館 外交官ビヤンバー・オトゴンバタル様ありがとうございます。そしてご両親もおいでいただきました。歓迎すると同時に感謝申し上げます・・・と挨拶する。
b0092684_18113396.jpg
<おせったいの会総会>13時30分より「普光寺」にて
  昨年度の活動報告
    25年度55日間 6,194人

      26年度 54日間   6,486人

      27年度 48日間   4,914人
      28年度 47日間   4,412人
      29年度 39日間   3,142人
      30年度 37日間   3,599人
  
   ●研修会「大和病院長松島先生の講話」~ACPについて
b0092684_18114431.jpg

# by 2neyuki | 2019-04-30 17:47
講中訪問反省会    押合大祭行事    
●4月23日(火)講中訪問反省会
 同級生の小澤義篤氏のお袋さんが亡くなり朝から手伝いに行く。20年間奥さんが介護を…。
 喪主(義篤)の挨拶で、奥さんへんの感謝の言葉があり目頭が熱くなる。

 夕方18時半より寺にて講中訪問の反省会がある。町外の講中71を11班で回る。 
 今年度の大祭のお礼と5月3日の春季例大祭の案内を行う。
 私の班は魚沼市の講中6か所の講元宅を訪問する。
 それぞれ訪問した様子を報告し、今後のあり方について話し合う。


●4月25日(木)大祭行事検討会
 大祭委員会、OB・餅会代表者で大祭行事の検討を行う。
  ・前夜祭行事、時間の繰り上げ   ・餅まきの回数検討
  ・大祭委員会の前倒し(12月中に)  ・大口奉納者を餅まきに参加を
  ・勧簿の体制見直し    ・青年団、前日の施設慰問は他の日に
  ・駐車場~シャトルバスの運行検討
  ・ローソクの火の・・・。
  ・境内整備、市内中学生の参加

 来年から3月第1土曜日となり、大勢いの参拝客となることが予想されるが「裸での押合」参加をどのように増やしていくのかが課題だ。そして大和地区はもとより、六日町、大湯温泉のホテル、旅館が満杯になってもらうことが目標だ……。

 次回の会議は5月中旬に行う。

 




 


# by 2neyuki | 2019-04-23 16:52
新町常会  撒与講中旅行会  普光寺総代会
●4月14日(日)18:00より「町内の30年度決算、31年度予算常会」
 30年度は町内費の見直しを行う。結果は予算の縮小となり、すべてのところで節約予算を組むことになる。その一環として、決算、予算常会を同一日に行うこととした。
 30年度決算は収入に予定外の金額が入ったが、31年度はそれらは見込まれなく、本当に緊縮予算だ。それに伴い、毎年行っていた特別積立金25万円も積み立てない。
 庄屋1万円の予算と庄屋の廃止について意見が出るが、庄屋については、町内の歴史であり、古い文化なので残すべきとはなす。
 新町は若い諸もおり、昔からの伝統や行事は大切にし継続して来たの、でこれからもそういう考えですすんで行っていただきたい。


●4月16日(火)18時より「撒与講中(同級生)旅行会の相談」

 今年で4年目となる。
 一年目は「長谷寺、信貴山」の旅、二年目は「高野山・根来寺、伊勢参り」の旅、昨年は「平泉中尊寺、松島瑞巌寺」の旅。今年は5月23日~25日と「西大寺、宮島、出雲大社」の旅。西大寺の裸押合祭りは国の重文指定になっており最初にそこが決まり、山陰山陽方面の旅となる。メンバーは8人。


●4月17日(水)18時30分「普光寺総代会」

  30年度決算、31年度予算について会計より説明後協議する。
  ・天井壁画修理について
  ・毎月3日の御前立本尊開帳護摩法要について
  ・欅への活性剤(HB101)の散布について
  他に夏休みの「一日一休さん」「総代の研修旅行」等を提案する。
  6月16日に普光寺を会場に、萌気園が主催で「福祉在宅」をテーマの講演会が開催される。

 樺沢住職より、大祭委員長(3期9年間)は今年で退任の意向であったが、来年大祭日を3月3日から、3月の第1土曜日に変更したこともあり、1年間だけ大祭委員長をお願いしたいと話される。元号が変わり、そして第1土曜日と変更になったから新しい体制でという私の願いはかなわなかった……。受けた以上、しっかりとその任をこなし次にバトンタッチしたい。


# by 2neyuki | 2019-04-14 10:43
親父・お袋「結婚70年」
       4月13日(土)~14日(日)

 親父とお袋が今年結婚70年。2年前、卒寿(90歳)の祝いは子供3人で箱根でしたので、今回は孫まで声をかけたところ、和幸と隼人家族は欠席であったが、総勢26名の会となる。(2日前には心英ちゃんが風邪でお母さんと欠となる)
 場所は群馬県の老神温泉「紫翠亭」で18時開宴として、正午に沼田インターから降りた道の駅「川場・田園プラザ」に集合とした。
 親父とお袋は、昌夫の車で。自分は名古屋から来た大五郎と心葉ちゃんを上毛高原駅で乗せる。

 田園プラザでは、子どもたちは滑り台に乗ったり元気に遊びまわる。15時にはホテルに入り、早速ビールで乾杯する。
 宴会は、18時からで終わったのが21時。子供たちからの花束や子供たちの演技に時間がアッと過ぎたようだ。宴会場での続きは幹事部屋に集合する。明日は男性陣、車の運転なので23時には寝たが、女性陣は遅くまで起きていたようだ。

   ●プラチナ婚(結婚70年)のお祝い       
b0092684_10274992.jpg
b0092684_10275812.jpg

b0092684_10280563.jpg

b0092684_10281388.jpg
●翌日は吹き割の滝を見学して解散する
b0092684_10281988.jpg




# by 2neyuki | 2019-04-13 10:00