国際情報高校卒業式   浦佐小学校卒業式
●3月16日(金)県立国際情報高校卒業式
 議会開会中で出席がかなわなかったが、林市長となり、「若者が帰ってこれるふるさと」を公約に掲げており、昨年から市内4高校の卒業式に出席し祝辞を述べる。
 現在4高校の卒業生は約500人。100人が市内、県内に就職。400人が市外に出て、4年後市内に帰ってくる(就職)のが10%の40人。市内には皆さんが求める働き場があると、更に新しい働く場を作るので帰ってきてほしいと……。

 24期生128名の皆さん卒業おめでとうございます。昨年の12月スーパーグローバルハイスクールの成果発表会を聞き、本当に3年間で成長したんだと思いました。それを支える「一般社団法人 愛・南魚未来塾」が昨年の11月に設立したのも、SGHの活動だったと思います。24期生は、KJに新たなミッションを興しました。
 KJでの3年間の学びは、大きな力となり皆さんの将来の土台となり、地球規模で考え活躍する人になるでしょう。更なる飛躍を期待しています。

 卒業式終了後、後援会長(一昨年秋に設立)として保護者の皆さんに後援会への加入と合わせ挨拶する。
b0092684_07082711.jpg
     ●卒業式で「仰げば尊し」を
b0092684_07084000.jpg

●3月23日(金)浦佐小学校第51回卒業式
 お母さん婦人会長なので二人で卒業式に出席する。孫は1年と3年におり、何となく私と女房も晴れがましかった。

 今年の卒業式、同じ町内で生まれたときから盲目の「のあちゃん」が卒業です。ご両親は健常者と同じに育てたいと、浦佐小学校に入学しました。本当に教育委員会が良く対応したし、校長先生をはじめ先生方のご苦労も相当なものだったと推察します。
 夏のラジオ体操は毎日、(有)ウラコウが開催する「親子田植え教室や稲刈り教室」にも参加。運動会や学校行事は普通の子と一緒です。ご両親は町内の役員もしたり、盲目の子がいるとはおもえないほどですが、お父さんお母さんのご苦労は私どもでは想像がつきません。
 のあちゃんピアノに秀でており、全国の大会で上位入賞をすること数回。中学校では、ピアノを専門に学びたいと言う事で、難関を突破し、筑波にある中学校に進む。一人寮生活をするそうです。これからもみんなで応援します。頑張ってください。
 先日(15日)市長のところにご両親と表敬訪問に訪れる。今までの市の対応にお礼に行ったのだと思いました。
 
 真近かでずっと見てきたので、「のあちゃん」が卒業証書を校長先生からいただくときは、涙が出てしょうがなかった。お父さんお母さんも最前列でのあちゃんを見つめていた。お母さんは何回も何回も涙を拭いていた。

 家で一年生の孫・桜子が卒業証書の時「のあちゃん」の声が一番大きかったと言う。子供たちも「のあちゃん」から学び共に成長したと思う。
b0092684_07483247.jpg
b0092684_07500929.jpg



 

[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-17 06:52
重要無形民俗文化財指定を林市長に報告
     3月13日(火)8:45~

 3月8日に宮田文化庁長官から交付された「重要無形民俗文化財」指定証書を林市長に報告する。
 南魚沼市は国の指定は4件目。
    ①1995年5月12日(昭和30年)
        重要無形文化財「小千谷縮・越後上布」
    ②1974年2月18日(昭和49年)
        重要有形民俗文化財「奉納越後上布織」
    ③1979年3月12日(昭和54年)
        史跡「坂戸城跡」
    ④2018年3月8日(平成30年)
        重要無形民俗文化財「浦佐毘沙門堂の裸押合」

 裸押合を、保存・継承しこの指定を契機に地域の発展に、地域を元気にしてもらいたいと、宮田長官の言葉を添えて林市長に報告する。
 文化庁より、平成16年に「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」と指定され14年、関係者の努力で本指定になった。平成18年から3年間で調査報告書を刊行し、平成23年から3年間で映像記録を作成した。調査委員長の新潟大学の飯島先生をはじめ大勢のみなさんの汗の結晶だ。特に28年4月に亡くなった地元の滝沢先生には、この指定書を見せなくては。

 この春には地元でのお祝い会を、秋には調査委員の先生方を招きシンポジウムを開催したい。
b0092684_16304274.jpg

[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-13 16:30
十二講
      3月12日(月)6:00~

 昔(50~60年位前)は、農家の多かった新町町内は10か所くらいで、堂を作り十二講を祀った。そこに親戚が集まっていた。
 個人で行っているのは、浦佐では我が家だけで、浦佐は数十年前から、白山神社で「十二講」の祀りをしている。会員は百十数名いると思う。私も会員だ。

 昨日、本家と清水端が来て堂を作る。終わって親父と祝いことで一杯やる。久しぶりに自分が的を書く。40センチ×30センチ位の紙に、上の方に「十二山大神」書き、真ん中に茶碗や皿等で円を書き的を作る。その周りに、カマ、みの、笠、コンバイン、軽トラ等の農業に使用する機具を書き、上の下に親戚の男の名前を統べて書く。その人数30数名。

 朝6時薄明るくなると、一緒ビン片手に堂に奉納し、我が家では、ご神酒と赤飯と小魚を供える。ロウソクを灯しお参りする。五穀豊穣と家内健康と災害のないこと等を祈る。
 全員で弓を放った後、ご神酒、赤飯、小魚を食べる。
 そして、朝食だ。今日は月曜なので、若手はご飯を食べるが、宴会が始まる。
 昔は、朝酒を飲むのは十二講だけだったそうだ。そして、積雪の状況を勘案し、苗代の播種日を決めた。播種日を決めると一年中の作付計画が決まったのだそうだ。
 女性陣は、昨夜からと朝早くから台所で料理をつくる。
b0092684_15502273.jpg
b0092684_15503389.jpg
b0092684_15505277.jpg
b0092684_15510761.jpg
b0092684_15511572.jpg
 



[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-12 15:14
重要無形民俗文化財指定証書交付式
      3月8日(木)14:00~16:00

 ANAインターコンチネンタルホテル東京にて、29年度重要無形民俗文化財指定証書交付式が行われる。
 本年度指定された重要無形民俗文化財は6件。
    ①松前神楽(北海道函館市、小樽市他25市町村)
    ②秩父吉田の龍勢(埼玉県秩父市)
    ③村上祭の屋台行事(新潟県村上市)
    ④輪島の海女漁の技術(石川県輪島市)
    ⑤勝手神社の神事踊(愛知県伊賀市)
    ⑥浦佐毘沙門堂の裸押合(新潟県南魚沼市)

 交付式に、大祭委員会からは4名と樺沢住職様。市から2名が出席。
 宮田文化庁長官からの証書は、重い重い証書であり身が引き締まる思いだ。
 この大祭を1200年繋いできた、先人や先輩のみなさま、そして県内外の講中のみなさまに改めて感謝いたします。そして、この祭りは浦佐にとっては生活そのものであり、家庭を守ったお母さん達をはじめ住民みんながいただいた勲章と思った。私どもの責務は、この大祭をしっかりと次の世代に引き継ぐことだ。
 皆さんを代表して素晴らしい場所に出席させていただきました。ありがとうございます。

         ●宮田文化庁長官から指定証書をいただく
b0092684_06460322.jpg
b0092684_06461619.jpg
b0092684_06463682.jpg
b0092684_06472091.jpg
         ●浦佐に足を運んだ前田調査官と宮崎文化審議会文化財委員
b0092684_06533327.jpg
         ●懇親会上にて宮田文化庁長官と
          ~保存と継承そして本指定を契機に地域の活性化に活かしてと激励される~
b0092684_06523851.jpg
         ●団体あいさつで「サンヨ節」を披露する
b0092684_06525771.jpg




[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-08 06:18
大和中学校卒業式     3月3日大祭「お日待ち」
●3月5日(月)9:00~
 第50回の卒業式。男子68名、女子53名が、山崎長先生から一人づつ卒業証書を受け取る。髪の毛や制服も普通で、呼名されたときの返事も大きく、素晴らしい卒業式であった。
 大和中学校50年の節目の3年生です。50年後は今日卒業した生徒が65歳となり100周年の中心となります。今日からそれぞれ進む道が違っても、大和中で学んだ3年間は決して忘れないし、これからもいろんな場面で励まし一生の友です。
 皆さんの前途は意気揚々としています。何事にもチャレンジ精神で頑張ってください。目標は高く、努力は惜しまないでください。

        ●式が終わり卒業記念合唱「友~旅立ちの時~」
b0092684_17370133.jpg

●3月7日(水)12:00~15:00
 お日待ちとは新年の最初の集まりを言うことであり、押合大祭が1月3日に行われていた時の言葉が今も脈々と続いているところがすごいと思う。明治5年まで1月3日に行われ、明治6年に2月3日、明治7年に3月3日となり今日まで続いている。
 お日待ちは、今年の大祭の総括で警察、消防、観光協会、商工会等の関係機関がそれぞれ大祭の課題や問題を話します。
 警察からは、素晴らしい太歳で感動したし、青年団の行動に感謝すると、そして、多聞青年団の熱気が伝わり、大祭に従事していることに誇りを感じたと話す。そして、境内も細かいところまで配慮し、青年団の仕切りは県でも最高レベルと言われる。
 それぞれの団体や機関からご意見をいただく。
 大きな事故が無かったのは、青年団を中心に、OBや消防団をはじめ本当にみなさんのご協力のおかげだ。
        
        ●大祭員及び関係者の反省会・大祭決算総会
b0092684_17371191.jpg








 

[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-05 17:37
裸押合大祭
●3月1日(木)
  井口家当主は、2月15日から2月28日までは仮行で、毎日自宅で淋浴をし、四足二足(肉類、魚類、卵、牛乳等とこれらから採った出汁も一切食べない)を絶ち精進潔斎に入る。3月1日から7日までは本行である。これまでの精進潔斎に、1日の朝5時・夜明け前にうがい鉢で水行する。私も数年前から、朝の水行をつきあう。何というか、体の芯まで冷たいとはこのことか…!でもうがい鉢から上がり、毘沙門堂多聞天の間で毘沙門天真言を唱える時は、体はホカホカとしてくる。

 午前7時、押合大祭が事故無く無事終わるようにとお護摩が焚かれる。井口家当主と大祭委員長の私が参加。境内では浦佐地域住民総出で境内御整備にあたる。
 いよいよ大祭がスタートする。
b0092684_16495202.jpg
b0092684_16501967.jpg
●3月2日(金)大祭前夜祭 
 多聞青年団は、昨日から準備も佳境に入り準備は順調で万全だ。午後からは写真撮影が始まる。
 夜7時のお護摩で、岡村団長お護摩の火をローソクに分けていただき、境内で大ローソク点火する。最高幹部、法被を着ているとは言え、裸でガタガタ震える。
 点火式が終わると、青年団最高幹部の水行。そして、福餅撒与が始まる。
b0092684_16521742.jpg
●3月3日(土)大祭当日
 絶好の天気となり、土曜日と言う事もあり、朝から夜まで人の流れは絶えなく本当に大勢の参拝客でにぎわう。今年自衛隊の皆さんが初参加(34人)。裸押合が重要無形民俗文化財に答申され指定されるので、米山県知事は公務で来られ、20時ころ押合いに参加する。県知事が参加した時間帯と最後の「ささらすり」も五重、六重となり今までにない押合であった。
 21時、堂外・境内で行われる、最後・3回目の「多聞天弓張」撒与時になると、境内はガラガラになるのだが、参拝客は全然帰らない。
b0092684_16525132.jpg
b0092684_16531852.jpg
●3月4日(日)
 午前中後かたずけ。正午からは、寺大工や棟梁、作業員、勝手場のみなさんに感謝しお昼にご神酒でカンパイ。大祭の盛会とご苦労にお礼を言う。
 13時からは、浦佐多聞青年団の総会に参加。総会で、団長の法被が引き継がれ、新しい団長、副団長が誕生し、新たな体制がスタートする。
 岡村団長以下最高幹部11名の諸君本当にありがとうございます。素晴らしい大祭でした。ご苦労さまです。来年は顧問として、最高幹部を手伝ってください。
       ●多聞青年団総会
b0092684_16533654.jpg
 ●前最高幹部「餅まき」、団旗を先頭に水行に、前最高幹部の豊年踊り
b0092684_16534526.jpg
b0092684_16540080.jpg
b0092684_16542508.jpg
   
 

[PR]
# by 2neyuki | 2018-03-03 16:25
KJ大樹の会  (有)ウラコウ株主総会  撒与講中もちつくり 
●2月22日(木)「大樹の会」18:00より浦佐田中屋さんにて
 大樹の会は、国際情報高校創立(平成4年)の1年前に組織され初代会長は宮沢校長先生。大樹の会は、創設のみなさまとPTA及び育成会の会長で組織されている。当初10年間は、山菜サミット、魚野川サミットと年2回地域の皆さんとKJOB先生と現役の先生との会合や研修会が開催された。11年目からは、七夕サミットと題して年一回になり、創立20年を機に新年会の開催と校長先生の歓送迎会の実施。また、後援会を作るとか、重要案件や節目節目には、大樹の会を開催し、国際情報高校の応援団に徹している。
 今回も初代の事務長さんや創設の時の方の話しは、今後のKJの発展に欠かせないと思った。


●2月23日「(有)ウラコウ第12期株主総会」18:00より田中屋さんにて
 昨年は豊作でしたが、今年の作柄は、日照不足や台風の影響で収穫は昨年より低く、品質も悪く農産物販売高は約7千万円(昨年比87%・1千万円の減少)
 当期純損失500万円ほど計上したが、財務内容は健全そのもの。無借金経営で利益剰余金9千万円あるので、単年度経営は良くないが、3%配当を提案した。(昨年は10%配当)
 提案した議案は、すべて承認される。
 私は、ウラコウの取締役(非常勤)です。


●2月24日(土)「撒与講中福もちつくり」
 会費は今年値上げし、男性陣は14千円、女性陣は7千円。多聞青年団を卒業した翌年から福餅つくりを始めて38年。70歳で区切りをつけようと話し合っているが・・・・。
 新潟の歴史ある沼垂講さんが毎年陣中見舞いに来てくれる。BSNのカメラが入る。青年団最高幹部餅つくりの手伝いに来る。
b0092684_18240531.jpg
b0092684_18241531.jpg
b0092684_18243149.jpg
b0092684_18244302.jpg
b0092684_18245934.jpg
b0092684_18251462.jpg
b0092684_18252309.jpg



 




[PR]
# by 2neyuki | 2018-02-22 18:11
小野塚彩那パブリックビーイング
         2月20日(火)

 フリースタイルスキーハーフパイプ、前回のソチオリンッピックで銅メダルを獲得した小野塚選手。この種目がオリンッピックに採用されると言う事で、アルペンから未知のハーフパイプに取り組んだ。初めての種目なので、外国への遠征費も大変で、本人の苦労は並大抵ではなかった。ソチオリンッピックで銅メダルを獲得し、この種目の日本の草分け的な存在であった。メダル獲得後も本当に地味で、子どもたちとのかかわりを大切にしながら、ピョンチャンへの出場を獲得した。
 昨年のワールドカップ総合優勝など本当に頑張ってきた。メダルの獲得も期待したし、議会を代表して小澤議長は現地入りした。

 昨日の予選で5位、今日の決勝の結果は5位。残念であったが世界で5番目だ。堂々と南魚沼市に帰ってきてもらいたい。小野塚彩那選手の活躍に私どもは夢と感動をいただき、南魚沼市を世界に発信していただいた。子供たちにも一生懸命努力すれば、オリンピックにでられると「大きな夢と可能性」を教えていただいた。本当にご苦労さまでした。
 小野塚彩那選手よりも年上のママさん選手がメダルを手にした。もう一度リセットして、4年後を目指してもらいたい。今は本当にご苦労さまでした。
b0092684_19094072.jpg
b0092684_19095495.jpg
b0092684_19100918.jpg
b0092684_19104061.jpg
b0092684_19111910.jpg



[PR]
# by 2neyuki | 2018-02-20 18:46
「福たわら」つくり
         2月17日(土)9:00~15:00

 わたしども「撒与講中」(同級生有志で組織している会)は。福餅も奉納するが、還暦の時から福俵に餅を入れて奉納する。その俵つくりだ。
b0092684_18433395.jpg
b0092684_18434146.jpg
b0092684_18435247.jpg

[PR]
# by 2neyuki | 2018-02-17 18:39
大祭団体長会議    春祭り(子どもサンヨ)
        2月14日(火)

<押合大祭団体長会議>15:00~16:00
 警察、消防、観光協会、商工会、小・中学校、JR、バス、市、区会と大祭に関わる関係機関、団体の皆さんとの会議。
 今年は3日が土曜日であり、大勢の参拝客でにぎわうので事故の内容にとそれぞれの団体から、意見をいただく。
 特に警察からは、①雑踏事故防止 ②飲酒によるトラブル、事故防止 ③盗難事故防止の3点について指導ある。消防からは、前日に火災広報、露天商の消火栓確保 3日早朝に露天商の通りに消防自動車を入れる等々の諸連絡ある。

 今年は重要無形民俗文化財に指定されての大祭。事故無くかつ盛大で、安全安心な祭りであるように関係者の更なるご協力をお願いした。


<白山神社春祭り前夜祭>18:30~
 春祭りの前夜祭は「子どもサンヨ」とも言われ、大勢の子供たちが餅拾いに来る。
 18:30から神事が始まり。餅まきは19:30から行われる。
 餅は多くの団体から奉納され、子どもたちは袋一杯に拾っていく。
 わたしども「撒与講中」も4臼撞き奉納する。自分たちで餅つきをしているのは私どもだけのようだ。他に、モーターズクラブ、八毘会、厄年、還暦のみなさんも餅を奉納している。
b0092684_18345545.jpg
b0092684_18344200.jpg




[PR]
# by 2neyuki | 2018-02-14 18:09