人気ブログランキング |
<   2019年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
そば打ち講習会   (有)ウラコウ研修視察
●11月24日(日)ソバ打ち講習会10:00~13:00

 浦佐公民館事業の「そば打ち講習会」に参加する。会場は働く婦人の家軽運動室。
 公民館事業で人気の講座で定員は16人。参加費は千円。初めてのそば打ちだ。
 材料は主催者で準備。
 ・ソバ粉:500g(中力粉125gを加える)・ふのり:15g程度・水600~700cc
 ・鉢 ・板 ・のし棒 ・包丁等全て準備してあった。
 講師は一村尾のそば会の皆さん3人。そば作り25年の小幡さんから指導を受ける。

 ①ふのりは煮てあった。
 ②鉢にソバ粉を入れ、ふのりをお玉一杯程度入れる。撹拌しながら2杯3杯と入れ硬さを見ながらふのりを入れる。力入れない。
 ③小さな塊にする。そして、「菊練り」と言って手触りがしっとりと、つやが出るまでこねる。
 ④のす
  最初は丸くのす。次には四角にのす。その時、生地がくっつかないように打ち粉を十分する。
 ⑤厚さは2㎜くらいで切りやすいようにたたむ。そしてこま板を使い切る。

 先生が作ったもので試食会。ゆでは先生が行い腹いっぱいの試食会となる。本当に美味しかった。
 自分が作ったソバお世辞ではないが美味かった。12月22日は孫の「食いそめ」で、そば打ちに挑戦することを宣言した。道具は公民館から借りられるようだ。


●11月27日(水)先進地視察

 ウラコウは昨年で50年。コシヒカリ60haを中心に経営を行ってきた。刈取りが終わり、3回ほど県の指導をいただきながら「ウラコウの将来」について協議してきた。その一環として、今日の先進地視察となる。参加者は役員3名と振興局3名。
視察の目的は、従業員の通年雇用。

<(株)ASF山本>9:45~11:45
 平成22年4月に資本金50万円役員3人でスタート。
 水田12ha、作業受託4ha、カリフラワー60a、人参60a、ブルーベリー850本。
 雇用は通年で2人。

 カリフラワーと人参の導入で通年雇用を実現している。
  ・人参畑 カルフラワーの収穫は終わり、これから人参の収穫。12~3月にかけて人参の出荷。
そば打ち講習会   (有)ウラコウ研修視察_b0092684_11580128.jpg
 
<農事組合法人 ナルミ農産>14:00~15:45
 組合員200名、前身は昭和58年設立の宮本生産組合。平成元年、6年の組織の改変をえて、平成10年10月に今日の組織がスタートする。説明していただいた代表の剛島さんは、2代目で平成14年に就任する。
 水田65ha、枝豆1.7ha、サトイモ50a、大根50a、かぶ菜パイプハウス5棟、施設では加工所(48坪)、水田の作業受託(耕耘代掻き6ha、田植え3ha、稲刈り5㌶)。
 経営規模と生い立ちは、私どもの会社とほぼ同じだが、違いは、畑作物を導入していることと、加工施設をかどうさせており通年雇用。
 社員は6人で、5人で担当を決めすべて行っている。

 50年来、米単作で行ってきた「ウラコウ」来年は職員と「会社の将来について」話し合い、その中から畑作の導入等になるようにしなくてはと思った。
・・
そば打ち講習会   (有)ウラコウ研修視察_b0092684_11581190.jpg
そば打ち講習会   (有)ウラコウ研修視察_b0092684_12005979.jpg
 

 

by 2neyuki | 2019-11-24 10:06
南魚沼郡市小学校長会毘沙門堂に   新嘗祭  「秋ごと」 
●11月20日(水)15:00~16:30

 郡市の小学校の校長先生15人が毘沙門堂を訪れる。
 三国街道に立つ山門は日光陽明門を模す。その山門の谷「文晁の双龍図」、2階に上がり板谷桂舟の「天井画・板壁画」、毘沙門天に仕える「28使者像」、28使者像の台座に彫られている、長岡藩主「雨龍」牧野の殿様の作が。全員の先生が初めてであった。けやき寺とも言われていた・・・・上杉謙信公が手植えした「吉祥けやき」、日本で有数の大きさの「不動明王とうがい鉢」。伊東忠太博士が設計した「毘沙門堂」、重要無形民俗文化財に指定された「裸押合大祭」、住職1代1回しかご開帳できない秘仏毘沙門天が安置されている「宝蔵殿」そして、普光寺本堂へと案内する。
 本堂では樺沢住職が挨拶する。
南魚沼郡市小学校長会毘沙門堂に   新嘗祭  「秋ごと」 _b0092684_20090320.jpg

●11月23日(土・勤労感謝の日)

<白山神社新嘗祭>10:00~11:00
 白山神社で新嘗祭の神事が行われ出席し「玉串」を捧げる。そして今年は「大嘗祭奉告祭」も行われる。
南魚沼郡市小学校長会毘沙門堂に   新嘗祭  「秋ごと」 _b0092684_20384171.jpg
<常蔵秋ごと>12:30~15:00

 秋ごとは、私が産れる前から行われていた行事。昔のお母さん方は、朝は暗いうちに起き家事や育児。そして、畑や田んぼ仕事に男性と一緒にでる。農作業から帰り食事の支度や育児。そして、蚕の世話の中心はお母さん方。このように、お母さん方は朝から晩まで働く………。
 11月下旬になると収穫も終わり一段落する。この時期に「秋ごと」と称して、家から出た嫁さんと親戚のお母さん方を呼ぶ。お母さんへ方への感謝の会だ。
 この時の料理は、何日も前から準備しすべて手作りだ。しかし、お母さんも昔のようにガッツが無くなり昨年から折箱をとるようにしたが、手作り料理は6品。もち米を搗き、ぜんまいを入れたおこわごはんも添える。
南魚沼郡市小学校長会毘沙門堂に   新嘗祭  「秋ごと」 _b0092684_20373245.jpg
<新酒ワインと音楽を楽しむ夕べ>17:00~19:30
 
 11月20日・「いい夫婦の日」と言う事で、二人で参加するのだが、23日は家の行事があり一人での参加となる。会場の「葡萄の花は」ほとんどが夫婦連れ。
 音楽を聞きながら新酒を傾ける。今年のワインは天候に恵まれいい出来でワインも最高に美味しい。
南魚沼郡市小学校長会毘沙門堂に   新嘗祭  「秋ごと」 _b0092684_20374045.jpg
 


by 2neyuki | 2019-11-20 17:43
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生
        11月12日(火)

 昨年は新潟市で今年は魚沼が幹事。15時から浦佐毘沙門堂でお護摩を焚いていただき「古希」の厄を払っていただく。そして、六日町温泉「金誠館」泊まり。

 お護摩に会うのは皆さん初めてで「太鼓とお経で心が洗われた」「頭の中が無になった」「心がスーッとした」「胸に奥深く何かが入る」。そして、「家族の健康を祈る」「子どもの健やかな成長を」「日本の平和と戦争のない世界を」等々それぞれが毘沙門様にお願いし、心が無になった時間だった。お護摩の火が盛りになった時、御御簾がスーと上がり「毘沙門天」が現れる。一人づつ前に進み毘沙門天にお参りする。
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生_b0092684_11171930.jpg
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生_b0092684_11170829.jpg
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生_b0092684_11174820.jpg
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生_b0092684_11180703.jpg
新潟県農業講習所(農業技術学院)50期生_b0092684_11181512.jpg

by 2neyuki | 2019-11-12 11:11
大祭前夜祭について    菊まつり表彰式
●11月7日(木)
 
 大祭役員(委員長・副委員長・各部長)と多聞青年団最高幹部(団長・副団長)と大祭前夜祭のあり方について協議する。
 青年団行事(ガラクタ市等)は廃止する。お護摩開始が19時であったのを17時30分とする。したがって、献火式、青年団水行、餅まき等が早くなる。
 ・ポスター、チラシ等は12月中に作る   ・駅ポスター作成
 ・大祭委員勧募委員合同会議は1月11日(土)18時から
 ・その他
   自衛隊の参加  なにがし連の奉納  シャトルバスを検討  交通止めは前夜祭午前から


●11月9日(土)菊まつり表彰式

 普光寺本堂においてだ第34回魚沼菊花展浦佐菊まつりの表彰式が行われる。
 農林水産大臣賞は「特殊作り・山門の秋」の浦佐菊花会に。県知事賞は「三幹厚物・国歌晴舞台」小林芳さん、南魚沼市長賞は「三幹厚物・富士の新雪」高野フミさん。等々特別賞が授与される。
 副市長、県南魚沼地域振興局長、議長、教育長等が栽培者に賞状とカップおよびトロフェーを渡す。
大祭前夜祭について    菊まつり表彰式_b0092684_11100359.jpg
大祭前夜祭について    菊まつり表彰式_b0092684_11101971.jpg

by 2neyuki | 2019-11-07 10:36
押合大祭「ねこかき」     毘沙門堂山門「天井画修復」講演会
●11月3日(日)「ねこかき」
 
 押合大祭に使用する祭具「ねこ」(ゴザ)を編む。多聞青年団最高幹部は今日は朝5時から準備をする。午前中は最高幹部が編み、午後からは全団員が参加。
 「ねこ」とは、今年収穫した稲わらを使用し「ござ」を編む。年初めに神仏で使用する「ござ」を「ねこ」と言っていた。
押合大祭「ねこかき」     毘沙門堂山門「天井画修復」講演会_b0092684_18134529.jpg
押合大祭「ねこかき」     毘沙門堂山門「天井画修復」講演会_b0092684_18140788.jpg


●11月4日(月)

 
 毘沙門堂山門の板谷桂舟が描いた「天井画および板壁画」来年から3か年を費やして修復をする。どのような手法で修復をするか等の講演会を開催した。
 講師は、修復を行う「仏像文化財修復工房の松岡誠一先生」
 天井画・板壁画は部分的に彩色層が剥離・浮いている箇所が見られることから、補色をしないで現状を維持するように修復する。
 普光寺の本堂を会場に、スクリーン2台を準備する。約80人くらいの皆さんがおいでいただく。
押合大祭「ねこかき」     毘沙門堂山門「天井画修復」講演会_b0092684_18141575.jpg



by 2neyuki | 2019-11-03 18:17
幸之心お宮参り
        11月2日(土)

 誕生日は9月6日・2か月、長男翔乃介にそっくりだ。ママの実家に行っており浦佐にはこの10日ごろに帰ってくる予定。浦佐の白山神社でのお宮参りは幸之心が初めて。兄ちゃんねいちゃん達3人は大崎の八海山尊神社。お宮参りにふさわしい絶好の良い天気になる。
幸之心お宮参り_b0092684_16374508.jpg
幸之心お宮参り_b0092684_16365842.jpg
幸之心お宮参り_b0092684_16355532.jpg
幸之心お宮参り_b0092684_16362968.jpg
幸之心お宮参り_b0092684_16360387.jpg

by 2neyuki | 2019-11-02 17:42
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     
       10月31日(木)~11月10日(日)

 弥彦の菊まつりを超えようと始めた「浦佐菊まつり」もピンチだ……。年々栽培者が高齢になり出品数が少なくなってきているが、出品数は約千鉢で弥彦に次ぐ菊まつりだ。10月29日に審査が終わり、農林大臣賞、県知事賞、県議会議長賞、南魚沼市長賞、新潟日報社長賞等々の札が下がる。
 来場者を迎える「アーチ菊」は見ごたえがある。アーチをくぐるとすぐに浦佐小学校5,6年生の作品。年々大輪の花を咲かせる。
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16380522.jpg
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16383043.jpg
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16390202.jpg
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16391795.jpg
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16392523.jpg
第34回 魚沼菊花展 浦佐菊まつり     _b0092684_16394123.jpg

by 2neyuki | 2019-11-01 16:44