人気ブログランキング |
<   2019年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
康一・ミネの「A・C・P」   北魚沼KJOB会   小さな祭り
●10月25日(土)13:00大和病院に
 「A・C・P」とは、
 人は誰でもいつかは最期を迎えます。現代の医療では、様々な治療で命をつなぐことができるようになった。それによって人の生と死のさかいが分からなくなっているのも事実です。
 自分が最後を迎える時に、どのような医療やケアを受けたいのかの相談をおこない、希望に沿った尊厳ある最後のためにを目指すことを「A・C・P」(アドバイス、ケア、プランニング)と言う。
 この種の相談は、県内では大和病院だけ。全国で数か所で先駆的事業としてスタートしたようだ。

 この話を、今年の春に「やまと病院の松島先生」から聞き、親父とお袋に話したら、やってもいいと言う事になる。現に何人か相談しており、なかなか日程がとれない。
 1回目が10・5(土)、2回目が10・12(土)、3回目が10・19(土)で今日が最後の相談日。毎回看護師さんが2人と松島先生。夫婦二人一緒にするのは初めてのようだ。
 一回目の時は、この相談の主旨を、子どもの頃の育った環境う等の話を聞いた。2回目は家で事前に記入したもの(生き方や考え方)を共有するための話し合い。3回目、4回目が希望する医療内容等の意思決定。

 A~①治療によって年単位で生きる見込みがある。②治療にって数カ月から1年生きる見込みがある。③治療に取る回復が見込まれない。

 B~亡くなり方は、①認知症・老衰 ②脳卒中 ③心臓病・慢性肺疾患・腎臓病・肝硬変などの慢性疾患 ④癌・悪性疾患

 AとBの組み合わせで、親父(94歳)お袋(92歳)の「自分らしい旅立ち(最期)」が決まった。


 
 
 

by 2neyuki | 2019-10-25 14:45
天皇陛下「即位礼」 大和中学合唱祭  撒与講中法被返納お護摩
●10月22日(木・祝日)天皇陛下「即位礼」
 天皇陛下の「ご即位」を内外に披露するために国の行事として行われる。
 5月1日の新元号になった日と今日22日は、今年のみの祝日です。
 行事へは英王室のチャールズ皇太子や170の国・地域から元首や外国要人がが参列する。
 強い雨と風は儀式前には止み青空が広がる。そして、天皇陛下が即位を宣言したとき虹が出た。自然までも、今日のご即位を祝ってくれた……。天皇陛下は日本国民のよりどころであり、天皇陛下(皇室)あっての日本国だ。

 5年前(平成26年)の5月30日全国市議会議長579名は宮中の「豊明殿」で天皇陛下にご拝謁し、議長会の会長が言上(挨拶)し、天皇陛下からお言葉をいただく。そして、2日後の6月1日は全国植樹祭が新潟県が会場で、そこでも天皇陛下のお言葉をいただく。(2年に1回開催されていたが、ご高齢になり私どもが最後であった)
 もっと昔私が、学生の時(20歳)、常陸宮様が新潟県農業試験場に来る。その日はつめ入りの学生服を着て常陸宮様を迎える、すると華子さまが、当然私の前に来て声をかけられた。

 午後からの「祝賀パレード」は、台風19号で多くの方が被災されたので、パレードは11月10日に延期された。これも天皇陛下が国民とともにあることを示した。
b0092684_14365435.jpg
<大和中学校合唱祭>
 午後からの合唱祭に参加する。今までは11月3日開催で他の行事と重なり、なかなか参加できなかった。今日の会場は、魚沼市の小出郷文化会館大ホール。
 3年生はさすがと思った。


●11月25日(金)撒与講中「法被返納お護摩」
 裸押合大祭の「最高幹部」を終わり、40年間の活動の幕を今日下す。40年前私どもが最高幹部の時に、餅まきに上がった講中の方が、「餅を一杯奉納したのに、撒く餅が少ない」の声。この現象は数年前からあった。奉納された餅を、他の行事にも使用するためだ……。
 最高幹部を終わり、翌年から3人(団長、副団長)で餅つくりをし奉納する。数年たって、会の名前をつけようと言う時に、当時の賢郎和尚にお願いし、講中(青年団OBは講中はつけない)の名前をいただき、法被の背中にお寺の紋を背負った法被とした。その時も、和尚は首を縦に振らなかったが認めていただく。
 40年間今思うと本当に良くやったと思った。70歳の節目、そして「新元号」の年に止めると言うのも区切りが良い。また、来年から大祭が3月3日で無くなる。3月の第1土曜日(今年は7日)。やはり撒与講中は3月3日の大祭だ。そいうことからも区切りをつけた。

 樺沢賢正住職のお護摩に40年間の事が矢のごとく思い出される。
 普光寺庫裡での「直会」に、住職様と奥様も出席してくれる。
b0092684_14374805.jpg
b0092684_14380632.jpg
b0092684_14383079.jpg
 
 


by 2neyuki | 2019-10-22 13:15
ウラコウ旅行   学習発表会  なにがし連10周年
●10月17日~18日 ウラコウ旅行
 秋の作業も終わり、今日明日と会社の親睦旅行。行き先は草津温泉。
 車中もビールが切れることなく、今年の作柄や、来年の農作業について話が盛り上がる。
 従業員の皆さんは、これから4月まで休み。スキー場に行く人は良いが、やはり周年で勤務する体系をつくらなくてはと強く思った。
  
 ・途中、コンクリートから人への代名詞「やん場ダム」(いまだ工事中)による。台風19号の台風もこのダムが威力を発揮し、下流には被害が無かった。
b0092684_11562764.jpg
 ・草津温泉の中心地と湯もみ
b0092684_11570377.jpg
b0092684_11564586.jpg
b0092684_11571340.jpg

●10月19日(土)浦佐小学校「学習発表会」
  9時から11時30分までステージ発表があり、前半が1年生、3年生と5年生。後半が2,4,6年生。PTAの音楽発表もある。各教室の廊下には力作の絵画展。
b0092684_11572579.jpg
b0092684_11573699.jpg
b0092684_11574506.jpg

●10月20日(日)なにがし連(阿波踊り)10周年祝賀会
 今年の3月3日の大祭に、なにがし連の連長谷水さんが本ローソクを奉納し、押し合いにも参加する。その縁で10周年の祝賀会に招待される。
 なにがし連は、東京神楽坂(毘沙門天を祀る)を本拠地とし活動している。メンバーは100人を擁し職業も多様。来年の大祭に、阿波踊りを奉納が実現できればいいと思った。
b0092684_11580262.jpg
b0092684_11580985.jpg
b0092684_11582166.jpg

 その日は、大五郎宅に泊まる。太陽君のお酌で一杯やる。
 21日翌日は、川井さんの案内で川崎の施設に入所したおじさん、おばさんを見舞う。施設の第1印象は入居しに寄り添う施設と思った。本当にいいところに入れたと思った。
b0092684_12020808.jpg



by 2neyuki | 2019-10-17 15:28
人間ドック   鮭のつかみ取り   ピアノ発表会
●10月4日(金)
 
 一年一回の「人間ドック」を受ける。
 基本検査の他に多くのオプションを受ける。
 午後からの医師の検査結果説明を聞き、健友館ではできない「胸腹部CT」をとりに市民病院に行く。


●10月11日(金)鮭のつかみ取り15時より

 台風19号が心配されたが、今年で4年目になる「鮭のつかみ取り」参加者は浦佐小学校6年生。
 魚野川は危険と言う事で、学校や家では川に入ることは推奨していない。
 子どもたちに、川の成り立ちや、水は命であり魚野川の大切さを知るために「鮭のつかみ取り」を計画した。子供たちからは今日の夕飯の時に魚の川や鮭の事を話し合ってくださいと話す。
b0092684_15442908.jpg
b0092684_15444804.jpg


●10月12日(土)錦鯉
 錦鯉を毘沙門堂弁天池に31匹の錦鯉を話す。
 
b0092684_15453612.jpg
b0092684_15452520.jpg
 

●10月13日(日)ピアノ発表会

 台風19号で、八色の森「市民まつり」が中止となる。台風19号で県内の多くのイベントが中止となる。ワールドカップラグビーも中止。
 
 日本、スコットランドを破り8強に進む。日本初だ。

 小さくて大きなピアノコンサートが「鐘響堂」で開催される。
 13時半開演にお母さんと二人で参加する。和幸たちも来ていた。
 このコンサートは、雅美先生に習っている生徒の発表会。
 1部では15名の生徒が次々に弾く。2部では連弾。
 お客様で最後の笹船混声合唱団(雅美先生指導)の二人の歌の最高であった。
b0092684_15454618.jpg
b0092684_15455573.jpg

by 2neyuki | 2019-10-04 15:04