<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
古希の祝い同級会
      10月28日(日)~29日(月)

 来年70歳を迎える。70歳というと年寄りだナー?と思っていたが、我々もその年を迎える。
 60歳の時には還暦祝い、65歳の時は浦佐中学卒業50年の会を行う。同級会はできるだけ回数やろうと言うのが私どものコンセプト。古希の祝いは湯沢温泉「いなもと」。参加者は38名。
 健康でいられるようにと、14時から毘沙門堂にて「お護摩」を焚く。都合で毘沙門堂に来れない方にも、お札とお守りをいただく。

      ●毘沙門堂にて「お護摩」にあたる
b0092684_12035068.jpg
b0092684_12040010.jpg
      ●会場の「いなもと」にて記念写真
b0092684_12041212.jpg
      



 

[PR]
by 2neyuki | 2018-10-28 10:41
11・4開催「シンポジウム」打ち合わせ
        10月25日(木)19:00~20:00

 普光寺庫裡に市役所担当、普光寺総代、大祭委員、多聞青年団とで、当日の役割分担を協議する。
b0092684_09135343.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2018-10-25 09:09
戊辰戦争150年 ご遺族がお墓参り
10月24日(水)8:00~11:00

 普光寺は8月16日に「戊辰戦争150年慰霊祭」を本堂にて開催する。普光寺に薩摩藩8名、長州藩8名の方が眠り祀られている。
 毎年、浦佐招魂祭顕彰会では、8月16日に先の大戦で亡くなった167名と一緒に戊辰戦争で亡くなられた16名も一緒に祀っている。

 8月16日に来れなかったと言う事で、野崎さんの親族3名が来られる。昨日鹿児島を発ち、夕方浦佐に着く。
 
      ●35歳で亡くなったご先祖様に初めてお会いする遺族。
b0092684_12555128.jpg
b0092684_12560160.jpg
      ●小出島の戦い・激戦地を訪ねる。先祖が歩いた道を行く。
b0092684_12561184.jpg
      ●御位牌を前に方丈様よりお経を
b0092684_12562979.jpg
b0092684_12564816.jpg
b0092684_12565747.jpg
 お墓を今日まで150年間お守りいただき、地元のみなさまに感謝で言葉がありませんと目が涙で一杯でした。
 10時53分の新幹線で帰る。




 
 

[PR]
by 2neyuki | 2018-10-24 12:34
松岡先生工房訪問   浦佐小学校発表会  第2回KJ後援会総会
●10月17日(水)松岡先生工房訪問
 南蒲原郡田上町「松岡先生の工房」を訪問する。住職と総代3人で。
 9月30日の普光寺総代会で「山門天井画、壁画」(南魚沼市指定文化財)の修復保存の決定を受けて松岡先生に正式に依頼に行く。(平成28年に見積もりをいただいている)
 来年は仕事がいっぱい入っており、2020年からになる。天井画と壁画を一回で搬出した方がコストは安くなるが、3回に分けたらどうか、修復も3年くらいかかる等々協議する。
 12月15日(土)に、修復スケジュールも含め、新たに見積もりをつくり、説明をお願いする。
b0092684_17122000.jpg

●10月20日(日)
<浦佐小学校学習発表会>9:00~12:00
 お母さんは婦人会長で二人で来賓席でステージ発表を観ました。
    学習発表会のスローガンは「伝えよう 感謝の気持ち ありがとう」
 1年生から6年生のステージ発表は最高でした。食や水に関することで発表したのが4学年あり、子どもたちの学びの中からの発表で良かった。
 3年生の大好き浦佐は興味深かった。1位が裸押合大祭148人、2位がコシヒカリ54人、3位が魚の川36人、4位が八色スイカ26人、5位が八色の森公園25人、6位が浦佐駅24人、7位が八海山12人、8位が八色しいたけ、しんこもち、基幹病院各7人、他に国際大学、浦安の舞、山岳マラソン、雲海、浦佐の人等。
 そして、4年生のステージ、客席を使っての元気いっぱいのダンス「よさこいソーラン」は保護者を圧倒した。
 6年生3人、4年生3人のダンス好きの「ダンスクラブ」は、手拍子で会場が盛り上がった。
b0092684_17393281.jpg
b0092684_17414023.jpg

<元副知事関昭一さん浦佐に>13:00~13:40

 関さんの親戚の皆さん十数人が八海山の火渡りにきて浦佐で一泊。
 浦佐が実家の関さんは昭和50年から58年まで2期8年副知事を務める。昭和59年には新幹線が開業する。浦佐駅や国際大学、北里大学衛生専門学院、国際情報高校の誘致にご尽力された方です。大変元気でした。元大和町長の長男関氏とごあいさつに伺う。
b0092684_17541529.jpg

<県立国際情報高校後援会総会>15:00~17:00
 9月に事故で亡くなった塩谷副会長に黙祷し総会を開催する。
 ●一部 第2回総会
 ●二部 講演会 講師:津南町長 桑原 悠 様(本校11期生31歳)今年7月9日に町長に就任。
         演題:「時代の変動と地域活性化策」
              ~頭はグローバルに 足は大地に~
 ●三部 懇親会会場「レストラン小玉屋」

 総会で校長先生が生徒を引率した「ボストン」でのハーバード大学、マサセッチュ大学、ボストン大学での視察をスライドで紹介する。生徒に一流を見せ触れさせることは大切で、今日の講演会も楽しみと挨拶する。

 大勢のみなさまから参加いただき感謝いたします。後援会は設立し2年目。創立30年の時には、後援会が全県下に広まるようにしたい。今年は魚沼、十日町に広めたい。そして、故塩谷副会長が後援会を作るために数回おじゃました上越地区にも……。
b0092684_17542984.jpg







[PR]
by 2neyuki | 2018-10-17 18:00
鮭のつかみとり    町内集合写真
●10月12日(金)鮭のつかみとり
 今年で3回目を迎える。
 子どもたちから川に親しんでもらおうと言う事で、漁業組合浦佐分会の鮭鱒部が3年前に鮭鱒部の積立金で実施する。昨年からは企業3社(井口建設、島田組、桐生工業)の協力と青少年育成会、地域づくり協議会、漁協組合浦佐分会が経費を分担し実施している。魚沼漁協からは格安で鮭の提供をいただく。今年は、海水温が高く鮭が上ってこないと言う。
 鮭は一千匹離しても2匹しか上がってこないので、5千匹くらいは帰ってきてもらいたいので、30万匹は魚の川に放すと言う。稚魚は一端海に出て、そして魚野川に4年かかって卵を産むために帰ってくる。
 子どもたちには鮭の話しや川の大切さと川は危険でなく親しんでいただきたい、川は生活そのものだよと。
 6年生40数人に、今までで魚野川で遊んだことのある人は手を挙げてと言ったら2人手を挙げる。まさに、学校も親も「川は危険、入ってはいけない」と指導している。
 今後は「魚野川」との向き合い方を、学校、保護者と検討研究しなくてはと思った。
b0092684_16575469.jpg
b0092684_16581159.jpg
b0092684_16582249.jpg
b0092684_16583208.jpg

●10月14日(日)新町町内記念撮影10時30分
 第一回目が平成元年に、第2回目が平成15年に
 今回が3回目で平成30年、平成最後の年に町内総出の記念写真。
 写真はプロの柳屋写真館さん
b0092684_17020196.jpg
b0092684_17020989.jpg
b0092684_12035237.jpg
b0092684_12034001.jpg


[PR]
by 2neyuki | 2018-10-12 16:39