<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
新酒ワインと音楽を楽しむ夕べ      桜子七五三祝い
●11月25日(土)<新酒ワインと音楽の夕べ>
 越後ワイン主催で、いい夫婦(11月22日)の日と称して、新酒のワインをいただくこの会に久ぶりに二人で参加する。家内は音楽を楽しみにしていたが、演奏者がインフルエンザにかかり、急きょ音楽は取りやめとなる。
 2017年はブドウ栽培が難しい年であったそうです。日照量、積算気温も低めで推移し、生育がい一週間程度遅れ、収穫のタイミングを見極めるのに苦労したそうです。収穫量は少なめでしたが、その分、糖度と酸のバランスがよく、品種によっては例年以上の素晴らしい出来となった。
 新酒は越後ワインケルナーとセーベル、畑は、自社管理の黒土新田(ケルナー)と長崎(セーベル)産で私はケルナーが好みであった。
 2013年産の赤・雪季もおいしかった。
b0092684_19251770.jpg

●11月26日<桜子七五三のお祝い>  
 家族写真を撮るために9時過ぎに写真館に行く。桜子はドレスと和装になる。あのおてんば娘の桜子がドレスが素敵であった。いろいろのポーズもバッチリと決まる。家族写真は和装で撮る。着替え等もあり11時半ごろ終わる。桜子たちは、海士ヶ島によりそして大崎神社でお祓いを受ける。
b0092684_19354978.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-11-25 18:51
講習所第50期生同級会    ウラコウ役員会
●11月15日~16日<講習所同級会>
 サンローラ川口温泉にて同級会を行う。幹事長は小千谷の高橋。今日のために高橋宅で幹事会(奥さん手作り料理は最高)を行う。当初は12人くらいの参加と聞いていたが9人の参加であった。久しぶりに星名と茨城の参加で盛り上がる。やはり1年に1回集まり近況報告はいい・・・・・・。老人会に入り町内のリーダーとなっている話を聞き、自分は会費だけ払っているが、今年からは町内の老人会の行事には出席しようと思った。
 次回の幹事は、新潟の星名。今日参加した9名、まだまだ若いし現役だ。酒の量も現役だ・・・・・。
宴会開会時に一人宛にちょうしが5本並ぶ・・・・・。ビールにワインにそして焼酎とくる。
 仲居さんもびっくりしていたようだ。それでも乱れるものいない。二次会で1升瓶が空いた。
 翌朝、雪が降り一面真っ白になる。
b0092684_1316258.jpg

b0092684_13161134.jpg


●11月17日(金)<(有)ウラコウ役員会>
 水田面積57ha。役員4人(常勤2人、非常勤1人、監事1人)、従業員8人(事務員1人)
 29年度の地代、従業員の冬季手当をいくらにするかが主たる議題である。
 今年の作柄は、平年反収(昨年は8表1斗)で7表1斗。昨年は、地代は追加払いで5千円上乗せし3万円。従業員の手当ても日当の4割増しを支払う。
 今年の地代は上乗せ無しで2万5千円。従業員の冬季手当は、反収は平年だが、等級が平年よりも悪いので、平年は3割5分ましだが、3割とすべきところだが、従業員が一人少なくなった分を加味して、3割2分5厘とすべしと意見を言うが、社長は平年通りに出したいの意向がありそれで決まる。

 8月に亡くなられた関さんの退職金は規定通りに支払う。
 来年の作付は今年と同じで行く。
[PR]
by 2neyuki | 2017-11-15 13:03
桜井新葬儀  
            11月15日(金)

<桜井新元代議士葬儀>
 11月9日、85歳にて天国に旅発たれる。桜井先生の葬儀が執り行われる。

 信念を貫いて進んだ政治の道は決して平たんではなかったと思う。その歩みは政治にすべてを捧げた人生であったのだろう

 1971年・39歳で県議会議員に、2期務める。1979年、現職県議会議員、越山会青年部長でありながら、衆議院旧新潟3区に無所属で立候補。田中角栄は立候補反対であったがしかたなく認めたと言う。選挙結果は桜井が僅差で落選。それまで田中角栄が盤石の強さを見せていた魚沼では桜井が2600票も上回る。そして翌1980年、「魚沼から代議士」を合言葉に再度の立候補で初当選し、自民党に入党する。以後連続6期当選。1994年6月、村山内閣で環境庁長官として初めて入閣したが、同年8月失言が理由で辞任した。

 天気予報は決して良い天気で無かったが、11時の出棺時・午前中は雲一つない天気であった。
 12日にの日、先生のお参りに自宅に行き顔を見る。生前と変わらない姿であった。
b0092684_1254313.jpg

b0092684_12544228.jpg

b0092684_125539.jpg

 12日の日には小玉屋さんのおじいちゃんの顔も見に行く。葬儀は14日。





 
[PR]
by 2neyuki | 2017-11-15 12:10
「太陽君」孫祝い
         11月4日(土)

 大五郎とあゆみさんに待望の赤ちゃんが授かる。
 あゆみさんのご両親もおいでいただき浦佐で「孫祝い」をする
 ①柳写真店で集合写真~「太陽君」長旅の新幹線にもかかわらず主役を無事に勤める。
 ②浦佐菊まつりの歓迎アーチをくぐり毘沙門様参拝。
b0092684_17374136.jpg

 ③「太陽君」普光寺住職様から「護摩札」と「ご開帳・お祓い」を受ける。
b0092684_17394537.jpg

 ④常蔵自宅にて「孫祝い」
b0092684_17403632.jpg
b0092684_1741175.jpg

 ⑤夕食は、浦佐温泉「てじまや」旅館。~和幸・里恵さん、美雪・小雪・丈一郎合流
 ⑥翌日は、八海山ロープウエーで「八海山」へ
b0092684_1744843.jpg

 ⑦大崎里宮「宮野屋」で昼食
 15時過ぎの新幹線で太陽君帰る






 
[PR]
by 2neyuki | 2017-11-04 17:31
魚沼菊花展 第32回「浦佐きくまつり」
         10月30日~11月10日

 今年で32回目を迎える「浦佐菊まつり」、今年も見事な大輪を咲かせ大勢の来場者が訪れた。
 
b0092684_17255478.jpg
b0092684_17261112.jpg
b0092684_17262484.jpg
b0092684_17264356.jpg
b0092684_1728574.jpg
b0092684_17291452.jpg
b0092684_17292527.jpg
b0092684_17294527.jpg
b0092684_17295744.jpg
b0092684_1730828.jpg
b0092684_17303870.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-11-04 17:21
「ねこかき」    小さなまつり
           11月3日(金・文化の日)

<毘沙門とおり「小さなまつり」>
 今年度最後の「小さなまつり」が開催される。
 5月3日にスタートし、5・6・7・9・10月の第4日曜日に開催してきた。まつりのメーンは、①びしゃもん市(焼きそば、ビール等の飲食)、②ストリート芸能、③軽トラ市です。
 今日は天気に恵まれ大勢の人でにぎわう。毘沙門様境内では、第32回目の浦佐菊まつりが、そして、多聞青年団による「ねこかき」が行われている。

          ●ストリート芸能
b0092684_1659289.jpg
b0092684_16591539.jpg

          ●軽トラ市
b0092684_1701042.jpg

          ●大人気の「びしゃもん焼きそば」
b0092684_1705349.jpg

          ●会場の一角で基幹病院の職員の皆さんが「収穫祭」を行う
             春に「田植え」、秋に「稲刈り」今日「餅つき、ご飯」で祝う。
b0092684_1741382.jpg


<ねこかき>
 多聞青年団最高幹部は、今朝5時頃より準備し、午前中は最高幹部が「ねこ」を編み、午後には全団員が集合し、指導員(青年団OB)の元、「ねこかき」が始まる。
 全団員が集合した13時30分に挨拶する。
 「ねこ」は毘沙門堂内陣に押し合いの時に敷く「敷物」で、大祭の大事な「祭具」である。毘沙門天の御前に敷く敷物で、毘沙門天に参拝する裸衆はその敷物にひざまずき、毘沙門天に参拝する。
 宮中では、年の初めに行う行事の時に、今年収穫した稲わらで編んだ敷物の上に、奉納する穀物等を置いたと言われいる。その敷物のことを、浦佐毘沙門堂では「ねこ」と言っている。したがって「ねこ」とは神聖な敷物の事を言う。そういう神聖な敷物であるから、青年団は心を込めて丁寧に編んでもらいたいと話す。

b0092684_17202155.jpg
b0092684_17202832.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-11-03 16:49