<   2015年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
忘年会
             11月30日(月)18:00~20:00

 久しぶりに三夫婦で一杯やる。4月の県議会選挙が終わり当選祝をかねてと思っていたが、今日の日になる。会場は浦佐温泉「てじま屋」。松原県議お祝いの会が、ここまで来たから、議長退任ご苦労さん会も合わせて行うことになる。
 花束が二つあるので、松原県議と奥さんにと思っていたが、一つは私がもらうことになる。
 
 県議会の様子や、12月議会で先生は教育問題を取り上げて一般質問する等々の話題で、アットと言う間に時間が過ぎたようだ。松原県議、酒の量が多くなったような気がした・・・・・。
[PR]
by 2neyuki | 2015-11-30 12:46
びしゃもん市「感謝のまつり」
            11月28日(土)10:30~13:00

 11月30日、明後日で今年度の「びしゃもん市」を閉じるので、4月からの利用に対して、感謝の意味で、小さな小さな祭りを開催する。テントは一つ張る。商工会、ストリート芸能、軽トラ市は無し。私どもびしゃもん市だけのまつり。
 朝から雨が降っており、人が来るのか心配したが、焼きそば(100食)、おかこ餅(3升)は完売する。無料の「トン汁」は大鍋が2つ。
 冬期間も店を開いてもらいたいとの要望があり、うれしい話だが、今の店構えでは少し無理のような気がする。浦佐駅西に食料品店が1軒も無く、特に高齢者のみなさんの声が大きい。来年度関係者と相談しアンケート調査をしてみるかな・・・・・。
b0092684_1244933.jpg



<大介君一家浦佐に>
 小山の大介君米をとりに来る。じいちゃんが作った、大根、ネギ、白菜等も車に積む。
 
[PR]
by 2neyuki | 2015-11-28 12:30
白山神社「新嘗祭」    常蔵「秋ごと」
            11月23日(月・勤労感謝の日)

 勤労感謝の日は、1948年に制定され公布された「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。
 日本は、古くから、五穀豊穣の収穫を祝う風習があった。収穫物に感謝する大事な行事として、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日を、「勤労感謝の日」と定めた。

<白山神社「新嘗祭」>10:00~11:00
 皇室の行事として行われており、白山神社の大きな祭りだ。和久井宮司の祝詞、新嘗祭に参加し、今年の豊作に感謝し、地球上での争いが無くなることをもお願いする。
b0092684_17592472.jpg

b0092684_17593226.jpg
b0092684_1759398.jpg



<常蔵「秋ごと」>16:00~18:00

  我が家の昔からの行事で、常蔵から嫁いだ嫁と、親戚のお母さん方の1年の労をねぎらう会。
  子供ながらにも、この秋ごとは覚えている。
  昔のお母さん方は、男社会の中で、こま鼠のように本当に働いたと思う。家事、子育て、農作業と休む暇も無かったと思う。この時期は、稲の始末、晩蚕、味噌玉作りもおわり、冬を迎える準備の真っ最中であるが、みんな、着物を着て集まっていたようだ・・・・・・。
  お母さん、一昨日から準備し、すべて手料理でもてなす。
  昔ながらの、風習を大事にし、できるうちはしていこうと思う。
b0092684_18102651.jpg

 
b0092684_1810346.jpg

       ●孫「蓮太郎」(3人兄弟)2歳の誕生日も行う。(11月15日産れ)
        ママ手作りのケーキに皆さん拍手
b0092684_1813296.jpg

b0092684_18141687.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-11-23 17:45
新酒ワインと音楽を楽しむ夕べ
              11月22日(日)17:00~

  11月22日は「いい夫婦の日」、奥さんと二人で参加するのが原則で、うちの家内はいつも楽しみにしている行事だ。ところが、23日勤労感謝の日は我が家は「秋ごと」でその準備のために欠席する。松島やまと病院長を誘う。
  松島先生も初の参加であったが、乾杯の挨拶をする。
  会場の越後ワイン「葡萄の花」は、80人の紳士淑女で満席だ。
b0092684_17413533.jpg

        ●二次会に~浦佐にすばらしいところが。昼はコーヒーを。
b0092684_1742921.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-11-22 17:29
島田繁富氏受勲の祝い相談   JA大和OB会役員会
                 11月17日(火)

<島田繁富氏受勲の祝い相談会>17:00~
  秋の受勲で、島田氏が「旭日双光章」を受賞されました。大和町議会議員として5期・20年、その間議長も行い、地域の発展と町政に大きく貢献いたしました。その功績に対し受賞されました。本当におめでとうございます。
  島田氏の同級生も素晴らしい人がおりますが体調を崩しておったり、議員の先輩も多くおられますが、浦佐の地域で現職と言うこともあり、私が僭越ながら、発起人代表を務めることになる。
      ●日時は、平成28年1月24日(日)11時半から
      ●場所は、ホテルオカベ
  来賓として、長島代議士、井口市長、桜井元衆議院議員、種村元県議会議長、松原県議、斉藤県議の皆さんには、電話で連絡する。
  島田さんは80歳。まだまだ現役で仕事もこなしております。
  年配の方にも配慮し、島田さんにとって心に残る祝賀会になるようにしなければと思った。


<JA大和OB会役員会>18:30~
 先日行われた、日帰り旅行の反省会。前記の会議が入ったので欠席の通知を出したら、遅くなっても来るようにとの幹事長の名で行く。ところが、その幹事長2日前に足をねんざし欠席だった。
 集合写真を写したのは、私のカメラだけと言うことで、写真をみんなに配布するようにと指示される。
        ●その集合写真です
b0092684_17263078.jpg














     
[PR]
by 2neyuki | 2015-11-17 16:58
独立国「童夢」設立30周年記念祝賀会
               11月15日(日)正午~

 童夢設立30周年記念祝賀会が、ホテルオカベにて井口市長を来賓に盛大に30年を祝う。市長「市の12の地域づくり協議会も「童夢」を模範にしている・・・・・。独立国「童夢」他の地域を侵略しないように・・・・・」とユーモアを交えて、活動をたたえお祝いの言葉をのべる。
 童夢元首・井上智明さん、第18代童夢大統領・小幡勝幸さんのあいさつがあり祝賀会に。

          ●山田議長の乾杯で祝宴に
b0092684_8351335.jpg

          ●会員の奥様によるアトラクション
b0092684_8354876.jpg

b0092684_8425071.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-11-15 08:23
普光寺総代・世話人、大祭役員合同会議   議長退任の会
            11月14日(土)10:00~11:30

<普光寺総代・世話人、大祭役員合同会議>10:00~11:30 
 本堂・庫裡等の屋根の舗装等の会議に、押合大祭(正副部長)の役員(7人)が招集されたので、エッ!と思った。会議に参加し、寺の財政や運営の考え方等が分かって良かった。
 最後に、大祭委員長として、大祭夜の行事「1時間前倒し」になったことの報告と、10日に終了した菊まつり栽培者が高齢になり、このままでは数年後に菊まつりが開けないと訴える。

 そして何よりもうれしかったのは、寺の一番の収入は「賽銭」ですと言われことです。平成21年のNHK大河ドラマ「天地人」の放映以来参拝客が多い。「おせったいの会」(お茶で接待ボランテア60人~土日祝日)と無料ボランテアガイド「語り部の会」(予約が必要)そして、青年団OB・餅会による、毎月日曜日に境内清掃等が参拝の皆さんに好評で、口コミで広がっている。
 これらの活動も、「毘沙門様千年のまちづくり」として、平成19年から開催した「ワークショップ」から生まれた活動だ。
    (注:おせったいの会は5月から10月まで、ガイドは通年で普光寺に連絡する)

         ●普光寺境内「毘沙門堂と吉祥欅(上杉謙信公手植え)」
b0092684_7262278.jpg

<議長退任の会>16:00~20:00
 我が家を会場に同級生を中心に「議長退任」をさかなに一杯やる。私からもお礼の言葉をのべる。議長の2年間は合併10年目で目でもあり、多くの記念事業を通じ、20年に向けて新たなまちづくり~魚沼の中核~のスタートと思った。そして、新潟県に南魚沼市議会ここにあり、と言う気概で取り組んだ・・・・・。
2年間、多くの皆さんに支えられ重責を果たすことができました。改めて皆様に感謝申し上げます。
 ありがとうございます。任期(4年)も折り返し。議長経験を活かし、今まで以上に汗をかきますので、更なるご支援をお願いいたします。
b0092684_821654.jpg

b0092684_8211881.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-11-14 06:45
南魚沼農林年金受給者連盟総会
           11月11日(水)15:00~

 ここに一つの歴史が終わる。
 <私の挨拶>
 八海山や巻機に冠雪があり、雪囲い等、冬を迎える準備でせわしい中、大勢の皆さまからご出席いただきありがとうございます。
 そして、魚沼みなみ、塩沢両組合長様からは、大変お忙しい中ご出席たまわり厚くお礼申し上げます。
 昭和43年に農林年金受給者連盟南魚沼支部が設立されました。新潟県は42年に、全国の組織は2年遅れの45年に発足でありました。
 農林年金受給者連盟・会員一人一人の皆さまの足跡が、日本一のコシヒカリを育みました。改めて先輩の皆さまの活躍に感謝申し上げます。   
 その一つの歴史が、閉じることに、寂しさを感じるのは、私ばかりでないと思います。本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

 戦後70年、時代は大きく変わりました。経済も環境、教育、医療、福祉、エネルギー等々、そして家庭、地域と・・・・・・・。日本は、人口が減少し、半数の都市が消滅すると言いいます・・・・。
 そのような中で、今年、8月28日に改正農協法が成立しました。農地法、農業委員会法も改正されました。そして、TPPが10月5日に大筋合意いたしました。しかし、南魚沼市の農業は、揺らぐことは無いと確信しております。それは両JAが健在だからです。益々のJAの発展を期待しております。
 最後に、さらなる組合員の所得向上と、市民の幸せのために、JA魚沼みなみとJA塩沢の合併は不可欠と思います。両JAの合併をお願いして挨拶とさせていただきます。      ありがとうございます。

     ●来賓のJA魚沼みなみ小倉組合長より乾杯の発声
b0092684_1643040.jpg

 懇親会で、これからも有志の会を開催しようと言うことになる。事務局長を私がすることになる。
 早速、忘年会を開催しよう。
[PR]
by 2neyuki | 2015-11-11 15:59
第30回 魚沼菊花展「浦佐菊まつり」表彰式
              11月9日(月)13:30~

 30回を迎える菊まつり。
 30年前、新潟に浦佐の菊まつりありと言われるくらいにしようと、高い目標を持って始めた。弥彦神社の宮司さんに通うこと2~3回。宮司さんから苦労話(弥彦駅からリヤカーで菊を運んだと)
や、毘沙門様の会場は、弥彦の第2会場にどうですかとも言われた。(第2会場と言うことは、弥彦をおえ越せない・・・・・)
 最初数年間の菊まつりの事務所は、駒形俊二さん(天王町)の家だった。初代の実行委員長は川島一郎左衛門氏。最初、専門の展示小屋でなくテントですればと言う声が多かったが、テントであればいつでも止められるので、やめられない専門の展示小屋を作る。確か、初年度300万円位集め小屋を作りスタートする。
 良く人から言われた。「関は菊を作っているのか」とか、「農協の職員が何で菊まつりに一生懸命なんだ」と・・・・・。
 田邉組合長が、農業協同組合であると同時に、これからは「地域協同組合」だ。地域行事に積極的に参加することが大切だとの声を後ろに、当時、裸押し合い大祭の最高幹部(30歳)を終えて、一日だけの祭りでなく、夏場も多くの参拝客が来るには、毘沙門堂と菊はマッチする。
 そして、農家の皆さんは、スイカや作物を作る傍ら、どこの家にも菊を作って楽しんでいた。特に東地区は菊つくりが盛んで、地区の文化祭では菊花展が中心であった。その菊花展を毘沙門堂でするのはどうかと言うことでスタートしたことを覚えている。その時は、浦佐で菊を作っていた人は、湯谷のじいちゃんと床屋さんであった・・・・・・。

 菊を作る人が高齢のため、だんだんと少なくなり数年後には、菊まつりが開催されなくなる。会員は最盛期の三分の一くらいか!
 俺たちの年代が、菊つくりに挑戦し、この菊花展を継続させなくては・・・・・・・!!!!!
           
b0092684_1544887.jpg

b0092684_15444552.jpg

b0092684_15463917.jpg
b0092684_15464822.jpg

          ●表彰式で井口市長あいさつ
b0092684_155399.jpg

          ●浦佐小学生が素晴らしい菊を作る、教育長賞と浦佐小学校長賞が
b0092684_15532060.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-11-09 13:35
ラグビー観戦に
            11月7日
[PR]
by 2neyuki | 2015-11-07 13:06