<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
農林年金役員会  南魚版CCRC推進協議会  浦佐菊まつり実行委員会 
               9月29日(火)

<農林年金受給者連盟役員会>9:00~10:00
 JA魚沼みなみ本店において役員会が開催される。
 農林年の一時金選択推進運動を受けて、全国連盟は退職者組織として再生を図る方針であったが、その内容は課題が多く。そして、農林年金受給者が激減する中で、新潟県連盟は、平成27年3月24日の臨時総会で、26年度末をもって解散を決定する。
  今日の役員会は、①退職者組織として連盟を存続するか!
             ②県連盟組織解散に沿い連盟を解散するか!の会議。
  協議の結果「解散」することで決定する。財産が120万円ほどありますので、現金で会員に返すことに、その按分は会員の種別割りごととする。詳細は会長と地区役員に一任。
  
  臨時総会を11月11日(水)に開催し、解散を決定することにする。

<南魚版CCRC推進協議会>13:00~15:30
  大和庁舎において第3回の推進協議会が開催される。
  協議会は「南魚沼版CCRC構想」をとりまとめる会で、多くの傍聴者も参加している。
  南魚沼市がCCRCに取り組む意義、南魚沼版CCRCのすがた、推進体制を明記した「構想」が議論され、ほぼ構想がとりまとめられる。

  多くの自治体がCCRCを研究しておるが、当市は26年から検討や数回の勉強会をしており、これからは、具体的な市としての受け入れ体制の明確や、新規事業として企業が南魚沼市に進出するのか、雪が降る南魚沼市に移住者が実際におるのか等とのニーズ調査の段階に入ってきたと思う。ステップ2だ。
  議員有志で11月中旬ごろに、米国オレゴン州のユージーン市にCCRCの視察に行く動きもある。
 
日本で初めての試みを、他自治体に一歩先駆け、南魚沼市が取り組もうとしているので、議員の一般質問や日頃の会話では、心配の発言が多い。何もしなくては何も生まれない。困難は当たり前だ。前に進むこと、新たな事業に挑戦することで、未来は切り開かれる。議会も両輪としてすすむことが花開く道だ。
b0092684_1548263.jpg


<第30回 浦佐菊まつり実行委員会>19:00~20:00
 今年30回記念の菊まつり開催の最後の実行委員会が開催される。
 今年は、30回記念で11月3日の日に、元横綱北の富士関と井口市長のトークショーそして、宝井琴梅師匠の講談を計画する。11月3日は「びしゃもん市」小さなまつりと、多聞青年団による「ねこかき」が行われるのでそれらを効果的に演出し30回を盛り上げるようにする。

           ●昨年の菊まつり
b0092684_15564974.jpg

b0092684_15571658.jpg

b0092684_15574132.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-29 12:07
「びしゃもん市」小さなまつり   押合大祭餅会多聞青年団OB会会議
               9月27日(日)

<「びしゃもん市」小さなまつり>
 天気を心配したが、絶好のまつり日和となり、大勢いの町民の皆さんが、毘沙門通りの「小さな祭り」においでいただく。
 毎月第4日曜日を、毘沙門通りを歩行者天国として、「まつり」を開催している。お祭りは大きく3本の柱からなる。①がストリート芸能祭 ②が軽トラ市 ③が商工会を中心とした出店。今回のメーンは「サンマと新米おにぎり」。定番は「びしゃもん焼きそば」
b0092684_7123159.jpg
b0092684_712406.jpg
b0092684_7125769.jpg
b0092684_713585.jpg
b0092684_7132399.jpg
b0092684_7133713.jpg
b0092684_7134773.jpg
b0092684_714392.jpg
b0092684_7142177.jpg
b0092684_714329.jpg


<押合大祭餅会多聞青年団OB会会議>19:00~20:00
 お寺の庫裡に、ほぼ全員の多聞青年団団長OBが集まる。
 今日の会議は、夜の行事時間を一時間を前倒しすると言う、多聞青年団始まって以来の大きな変更だ。
 今年、5月に多聞青年団にその話をし、お盆ごろまでにその結果をと言っており、先般、大祭正副委員長と多聞青年団正副団長会議で合意を得、その後、樺沢住職と井口健一郎氏と協議し、今回の会議となる。
 出席者30人全員からご意見をいただく。ほぼ全員の方から1時間前倒しについて賛同を得る。
 この間、多聞青年団が多聞青年団OB会や顧問の皆さんに相談していたおかげだった。
 今日の結果を受けて、10月中に「押合大祭委員会」を開催し決定を見たい。
[PR]
by 2neyuki | 2015-09-27 07:02
八色の森健康ウオーキング大会
               9月23日(秋分の日)

 今年で8回目を数える八色の森公園のイベント。大会参加者が今一大勢にならないが、今回の参加者は150人。ウォーキングには絶好の天気。歩くと心地よい汗が出る。
 横断係りの役員として参加する。
 コースは10キロと5.5キロ。10キロは、公園を出発し、浦佐17号バイバス~水無川病院裏の土手~浅地町の土手~魚の川の土手~多聞橋~魚野川西側の土手~大和庁舎裏土手~旧農免道路を左折~旧農免道路クランクで回る~国道17号をくぐる~上越線踏切~昌美屋右折~田町⑫(横断係りで)~にっきょう様(寺)~白山神社~毘沙門堂長廊下~びしゃもん市(給水所)~上越線・17号線陸橋~ホテルオカベ~浦佐大橋~公園ゴール。
b0092684_12325947.jpg

b0092684_12321217.jpg

b0092684_1233971.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-23 12:04
「心葉ちゃん」毘沙門様&お宮参り
               9月22日(火)

 ●昨日 ~ 谷川永一郎さん、美雪、小雪来る
 ●10:40分新幹線で今日の主役来る
b0092684_11372423.jpg

 ●駅から柳写真館に
b0092684_11382313.jpg
b0092684_11383993.jpg

 ●写真館から普光寺毘沙門堂でお護摩を焚き、毘沙門様にお参り
b0092684_11543376.jpg
 
b0092684_1154581.jpg
b0092684_11553867.jpg

●白山神社にお宮参り
b0092684_1158505.jpg

 ●14時常蔵着。じいちゃんばんちゃん首を長くし待つ。仏さまにお参り
b0092684_11595487.jpg

 ●乾杯(慎一・隼人夫婦も来てくれる)
b0092684_1205062.jpg
b0092684_121299.jpg

 ●18時ころの新幹線で大宮に帰る。
 
[PR]
by 2neyuki | 2015-09-22 11:32
八海山石水石展
              9月20日(日)

 第37回を数える「八海山石水石展」20日、21日の両日、お国じまん会館で開催される。初日は開館の9時前から愛好家が並び、2階の即売会場、3階の展示会場は押すな押すなの混雑であった。遠くは福岡、大阪からの愛好家が・・・・・・。多くの名石の中でも「八海山石」は貴重で、全国の愛好家の中でも引っ張りだこと言う。29点が展示される。
b0092684_12414341.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-20 12:33
達郎君&美希子さん結婚おめでとう
           9月19日(土)14:30~17:30

  魚沼市の「うおしん」が会場。盛会に和やかに開催される。お客さんは130人。小島巻の本家さんで親戚も多く、大勢の友達もお祝いに来ていた。
  最初のあいさつ。裸押合大祭委員長の法被をきてお祝いを述べる。
    ・ここに小市どんのじいちゃんがおれば
    ・私が三代続いてお世話になっている
    ・26年度の大祭の多聞青年団第62代団長、お父さん・康義さん浦佐大区長に
    ・26年度の大祭は、小千谷講中の解散!、中学生水行の中止
    ・今後は毘沙門様を核とした浦佐の発展と南魚沼市のリーダーに
    ・花嫁さんは見附・・・あい工房・・・赤い糸で結ばれていた
    ・人口減少問題は大変・・・・赤ちゃんは3人を
    ・食事の時間を大切に、「食べる」と言う字は「人を良くすると書く・・・
    ・お二人の前途に幸多かれと祈る
 花嫁さんの笑顔がすごく良かったですし、縫製会社「あい工房」の社長さんが、挨拶でも述べていました。山田社長さんとは高校からの悪友で、久しぶりにご一緒する。新婦の美希子さんを仕事もできるし、すごくいい子ですと褒めていました。
b0092684_11203155.jpg
b0092684_1120473.jpg
b0092684_11205866.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-19 11:00
浦佐敬老会
           9月13日(日)10:45~

 浦佐地区敬老会に、井口市長久しぶりに出席する。毎年この時期は敬老会が各地で開催されており、市長代理が多かった。
 戦後70年、青春を大戦の中で過ごし、今の平和と繁栄を築いてくださいました。本当にありがとうございます。この平和の日本を次の世代にしっかりと繋ぐのが私どもの責務です。
 77歳以上が541名、今日の出席者が200名。88歳が30人、100歳が1人、100歳以上が3人。これからも元気で長寿でいてください。
 我が家の両親は90歳と88歳で、親父はグランドゴルフ、お袋はゲートボールと現役です。お袋は数年前から耳が遠くなる。親父は旅行は年に十数回。そして、免許証返上で悩んでいる・・・・・。

             ●井口市長より88歳・米寿のお祝いを受ける
b0092684_1028967.jpg

             ●新町踊り「ちゃんちきおけさ」
b0092684_10285959.jpg

             ●境川踊り「大江戸喧嘩花」
b0092684_10295573.jpg

             ●浅地町合唱「ふるさと 虫の声」
b0092684_10312280.jpg

             ●市長飛び入りで一曲生オケで
b0092684_10334790.jpg

             ●鰕島踊り「河内おとこ節」
b0092684_10345898.jpg

             ●富町踊り「ドンパン節」
b0092684_10372947.jpg

             ●川原町踊り「オールアバウトザットバス」
b0092684_10383395.jpg

             ●会場は「浦佐認定こども園」
b0092684_10392616.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-13 10:16
ぶどう&ワインまつり    若宮八幡宮十五夜大祭
             9月12日(土)

<ぶどう&ワインまつり>
  天気に望まれ大勢の市民の皆さんが足を運ぶ。10時ごろから会場は、葡萄の無料収穫等で公園の駐車場は満杯。多くの家族連れでにぎわう。テントも昨年より1.5倍の広さだ。第1回お昼のお楽しみ抽選会の時は立錐の余地が無いほど・・・・・。
 種村元県議会議長の挨拶、続いて井口市長。長島代議士も毎年見えられ挨拶、その後親しく会場を回る。今年は、魚沼市長、湯沢町長も見えられ会場は一層盛り上がる。
b0092684_945092.jpg

b0092684_9451271.jpg


< 若宮八幡宮十五夜大祭>
 本祭りは13日、20時30分からの舞を鑑賞する。
 江戸時代宝暦年間の頃と言われ、古くは7~8座のお神楽であったが、現在は26座の神楽舞が奉納される。昔は14日、15日に奉納していたが、現在は9月中旬に。
お神楽で使用される32面のうち27面は、日本初の人体解剖模型を制作した船ヶ沢出身の工匠・北川岸次(1836~1882)の作です。(北川岸二の銅像は浦佐毘沙門堂後ろ白山神社境内に~浦佐駅より徒歩5分)
b0092684_9594811.jpg

b0092684_100255.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-12 09:31
 石田勇三さん葬儀    片貝花火
          9月10日(木)

 石田さん葬儀。あれほど元気であったのに不慮の事故に会う。自宅葬で9時からのお経、津山の社長さんが弔辞を・・・・・。本当に誰もが信じられないと言った感じだ。石田さんは、特養「みなみ園」の理事長で、南魚福祉会の会長を歴任しておりまさに現役。北海道を始め全国の福祉関係者から弔電が届き、改めてその活動と行動に敬意を表す。魚沼みなみ農協がデーサービスを開設する時本当にお世話になる。
 4日の19時からお寺で、多聞青年団正副団長と大祭正副委員長の会議(大祭夜の行事を全て1時間前倒しについて)を行い数年前からの懸案が解決し、寿多家さんで一杯飲んでいるときに、悲報が飛び込む。
 1日から議会が始まり、1日と今日も朝方元気の姿で、一声二声あいさつ交わしたのだったが・・・・・。
 生涯現役を貫き南魚沼郡に福祉の先人であり、大きな足跡を残す。85歳で現役、石田さんの姿に学ぶところが多い。石田さんに言わせれば60歳代は青年だ・・・・・・。
 長い間本当にご苦労さまでした。  合掌

<片貝花火>
 石田さんの葬儀があり、小千谷市久保田議長さんからの招待は遠慮しようかとも思ったが、石田さんの魂が花火とともに天国に行く・・・・・・。
 あいにくの雨となったが、大勢の観光客・バスツアーで桟敷席は満杯。桟敷席までの通りは、夜店や人通りで歩くのもやっとの込みようだ。4尺玉は22時に打ち上げだが、それは来年の楽しみと言うことで、車が混雑しないうちにということで、21時半ころに会場を後にする。
 片貝花火・ほとんど地元のみなさんの奉納で昨日と今日の2日間打ち上げられる。地元の熱気はすごい。
b0092684_9255570.jpg

b0092684_926350.jpg

b0092684_9262197.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-09-10 08:06
第29回 耐久山岳マラソン大会
              9月6日(日)

 昨年からオートバイでの選手先導を交替したので、当日はある程度フリーで参加・応援した。開会式終了後の多聞青年団最高幹部による裸押合大祭PR。スイカのコンテナをJAに返し、スタート1時間後の9時半にコースを歩き、青の同門まで行ってみようかと思い歩き出す。右ひざの痛みが半年くらいとれなく今日も痛みがあったが一周歩いた。

           ●松原県議会議員あいさつ。選手宣誓
b0092684_8194563.jpg
b0092684_8195930.jpg

           ●多聞青年団堂々入場
b0092684_8203929.jpg
b0092684_8205390.jpg

           ●スタート
b0092684_8212917.jpg
b0092684_8213949.jpg

           ●二周のトップを先導するバイク(二周目の4キロ地点)
b0092684_8241732.jpg

           ●青の同門、第2給水所
b0092684_8245540.jpg
b0092684_825756.jpg

           ●第3給水所(後山峠)
b0092684_82624.jpg

           ●第4給水所にて、親戚の森山選手にエールを送る
b0092684_8283424.jpg
b0092684_8285033.jpg

           ●やご平最後の上り(一番つらいところ)ボランテアでの給水所に感謝
b0092684_8323879.jpg

           ●山最後の給水所、第6給水所
b0092684_8341163.jpg

 29回目の大会にして、大会中に自分の足でコースを歩き・走ったのは初めてだ。29年前、コースを設定するに何回も走った。コースは山のコースは4回、平場も3回変わっている。
 スタートから1位の選手が何分でゴールするかと言うことがゴールの準備等で大切であり、私の一周のタイムが1時間45分なので1位の選手は1時間15分くらいで入ると予想したりしたことを歩きながら思い出す。
 私も河口湖マラソン、筑波マラソン、新潟マラソン、東京マラソン等を走っていたので、このコースは練習で良く走った。
 膝の痛みが無くなればもう一度フルマラソンを走りたいのだが・・・・・。
[PR]
by 2neyuki | 2015-09-06 08:06