<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「翔乃介」5歳誕生日
            7月28日(日)18:30~

 一昨年3歳の誕生日の最中に父ちゃんは消防で出動する。大雨で魚野川が警戒水域を超え、小河川は氾濫しあちこちで道路に浸水している。黒沢も土砂が流れ氾濫し床下浸水が始まる。翔乃介の誕生日になると、福島新潟豪雨災害を思い出す。

 「翔乃介」5歳の誕生会を久しぶりに我が家で行う。来年は年長組で再来年は一年生だ。早いものだ。この秋には兄弟が一人増える。元気なお兄ちゃんになってもらいたい。

                ●海士ヶ島のじいちゃんばあちゃんも呼んでカンパーイ
b0092684_10182896.jpg

                ●里恵ママ手作りのケーキです。
b0092684_101955.jpg

                ●翔乃介が書きました。
b0092684_1020965.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-28 16:03
第4回 生ビール&鮎まつり
            7月27日(土)

 午前8時毘沙門通りは交通止めでまつり準備に入る。昨日運んだテント、机等を手際よく建てる。メーンステージも建てる。
 天気は県内や魚沼地域にも大雨警報や洪水警報が出されており、雷を伴うゲリラ豪雨が各地で発生している。昨日も午前は良かったが午後より雨が降る。今日も夜中から朝方にかけて大雨が降る。
 今日も午前は太陽が出たが、午後1時ころに一雨あり、そして5時ころに一雨ある。6時に井口市長の挨拶からは終わるまで雨が降らなかった。塩沢と魚沼市は大雨で大変なようであった。前売り券を購入いただいた塩沢の皆さんが来れなかったのも大雨のせいだった。
 雨の中でしたが、昨年より人出も多く、1000匹の鮎も完売、雨で生ビールは昨年より少し少なかったが、その分酒が出たようだ。子供が少なく、金魚すくいは収支トントン。暖かいもつ煮は品切れになる。
 まつりは14時にオープンする。天気がはっきりしないために、晴れ間を見てお客様は動いているので、14時オープン時から鮎を求める人がいる。

    ●ステージは15時からスタートは「ハーモニカ演奏」
b0092684_103547.jpg

    ●ステージに手品も登場する。巧みな話術と技にステージの前は人だかり。
b0092684_104599.jpg

    ●キッズコーナーでは「輪投げ」「射的」~雨のため子供の出が今いちだった。
b0092684_1055497.jpg
b0092684_106188.jpg

    ●金魚すくいも子供たちに大人気
b0092684_1019344.jpg

    ●新潟県では初になるB-1グランプリ全国大会に出場がきっまた南魚沼市「きりざい丼」チームも応援に。~300食無料試食で。
b0092684_1094896.jpg

    ●生きている鮎を串に刺し、汗だくで焼く漁業組合員。
b0092684_10125075.jpg
b0092684_1013655.jpg

    ●16時・私(実行委員長)の挨拶のあと、相撲甚句で芸能祭が本格スタート
b0092684_10171265.jpg

    ●18時から1時間「葉月みなみ」ショーでまつりも最高潮に
b0092684_10145852.jpg
b0092684_10151058.jpg

b0092684_10173666.jpg
b0092684_10174596.jpg

    ●昔懐かしの唄が「エレキバンド演奏」
b0092684_10184121.jpg

    ●魚沼八色連の「阿波踊りで」会場は一層盛り上がる。
b0092684_10211242.jpg
b0092684_10212165.jpg

    ●フェナーレは「さんよ節」会場の皆さん飛び入りでおどる。
b0092684_10223186.jpg

 何人かの方が、この雨でもやっていますかと携帯に電話が入るほど、所によってはゲリラ豪雨的な雨が降る。朝の役員打ち合わせで、今日は雨が降る覚悟でやろうと。今日の雨は午後早い段階であり、夕方からは上がると話したが、本当に18時の井口市長の挨拶から、雨ががピタッと止んで、ステージ前にゴザを敷くことができた。
 役員の皆さんご苦労さまでした。テントの撤収は明日午前11時です。 









 
[PR]
by 2neyuki | 2013-07-27 08:14
 毘沙門天十月会「暑気払い」
             7月25日(木)18:30~20:30

 十月会、6月1日の境内の清掃以来で、今日は暑気払いだが、十月会のメーン事業である「一日一休さん」今年は、8月の3日(土)~4日(日)で実施する。現時点で申し込みが35人をうわまっていると言う。いつも20人くらいであるが今年は参加者が多いので、手伝いも含めて会員に協力をお願いする。青年団からは、33番観音様引率、スイカ割、餅つきを。3日の夜は私どもで対応。4日の朝と昼は寺で精進料理を準備。
 法話、お勤め、掃除、座禅と方丈様の指導の下子供たちは2日間毘沙門堂・普光寺で過ごす。

             ●打ち合わせをする、十月会と多聞青年団
b0092684_763521.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-25 06:56
生ビール&鮎まつり第3回実行委員会
               7月22日(月)19:00~20:00

 まだ外は明るく19時開会は早いかなと思ったが全員集合する。
 漁業組合からは、鮎は900匹準備している。鮎を焼く炉も万端で、昨年より広い場所に移動する。生ビールは今年販売場所を2か所で考えている。商工会と料飲店組合は同じ場所で、料飲組合は今年初めての出店。睦グループからは「キッズ」コーナを。射的と輪投げをそれにスイカ割をお願いする。
 メーンのステージは、羽賀不二夫が司会を行う。
  15:00 手品
  16:00 相撲甚句、カラオケタイム
  18:00~19:00 葉月みなみショー
  19:30~20:30 エレキバンド
  20:30  越後八色連
         さんよ節でフェナーレ

 前売り券も800枚になるようだ。後は天気しだい。天気祭りで「寿多家」に行く。
 今日は各部署の準備状況と前日準備(テント22張り、机90、いす100)の確認と、まつり会場の配置図の確認。そして、役員の役割分担を協議する。
[PR]
by 2neyuki | 2013-07-22 06:37
講習所50期生同級会
           7月19日(金)

 今年は上越が当番(磯貝、間宮)。
 15時に道の駅「あらい」に集合する。
 小林綱栄のお墓参りをする。小林が亡くなり14年たつ。小林とは寮で同じ部屋であったし、新井市農協に勤め、新井は「種場」(種もみ)を持っていたので、種もみが不足すると融通してもらう。その時は小林の家に泊まり酒を飲んだものだ。
 そんなこともあり。小林が亡くなった時代表で弔辞を述べる。急に弔辞をと言われ今でも覚えているが、悠雪寮の寮歌を読み上げた。
 90歳になるお袋さんも私のことは良く覚えていた。
 小林のところには6人が、会場の「鵜の浜ニューホテル」には8人が集まる。
 来年は佐野のお墓参りをと言うことで、堀江と八代が幹事。

         ●小林綱栄には14年ぶりだ。
b0092684_17312134.jpg
b0092684_17313220.jpg

         ●亡くなった3人に黙とうをしみんなの健康に乾杯する。
b0092684_17323182.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-19 17:12
  白山神社「浦佐夏祭り」
            7月15日(月・海の日)

 昨夜は前夜祭。雨のために民謡流しが中止となる。雨は6時ごろに激しく中止の伝令が飛んだが、民謡流しのスタート時間となったら雨は止む。みんなは空を見上げた・・・・・・・!!

 午前9時に神社で例大祭神事が行われる。浦安の舞が奉納され、10時30分御神輿様が出発する。

              ●14日には神輿青年若者連中会が浦佐中をまわる。
b0092684_20414579.jpg

              ●浦安の舞が奉納される。(浦佐小学校5年生)
b0092684_20403418.jpg

              ●神輿が新町(我が町内)の〆をくぐり町内安全・区民健康を祈願。
b0092684_2043483.jpg
b0092684_2043556.jpg

              ●午後3時山門を上がる神輿。
b0092684_2045531.jpg
b0092684_2046648.jpg

 夜は8時から花火が上がる。

 翌16日は、神社にて10時から「報実祭(お礼の祭り)」が厳粛の中行われる。
 直会で、宮司さまが「まつり」について話す。
 まつりの根源は「待つ」で、何を待つか。神を待つのだ・・・・。近年自己主張が強くなり、他人の話を聞かない。結果争い事が絶えない。国も隣近所も家庭内もそうだ。「待つ」ことにより相手の意見や主張を聴くことができる。「待つ」ことによって、相手の話を理解する。
 このように、「まつり」とは、平和の象徴であると思う。
[PR]
by 2neyuki | 2013-07-15 20:29
農業技術学院同窓会総会
            7月13日(土)11:00~15:00

 平成19年に学院が閉院して7回目の同窓会。10年を一つの区切りとして活動行うと言う申し合わせで今日まで来た。10年まで残すところあと3年。
 いままでの総会は、各支部長と事務局が出席するくらいで20人くらい。今年の総会は例年より1っカ月遅れだが、100人規模の総会を行うと役員会で決定し、各支部にある程度割り当てをして計画する。
 当日は73名が出席し、盛大に総会を行う。
 会長は挨拶で「10年10年」と言うが、どういう意味だとの質問も出る・・・・。
 新潟県農業の技術者を輩出してきた講習所。私は第50期生で同級生は26人。ほとんどが県の農業改良普及員やJAの営農指導員。
 今後3年間で10年以降の同窓会の方向を出すことになる。

              ●大勢の参加をえた総会
b0092684_2025023.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-13 20:09
鮎小屋掛け・小屋開き   天王様おまつり
             7月6日(土)

<鮎小屋掛け・小屋開き>
 ・朝5時多聞橋クラブの皆さんが鮎の小屋掛けに集まる。メンバーは30人くらいいるようだ。この小屋が鮎釣りの拠点で、冷蔵庫、テレビ、ガス等々が整備されておる。メンバーは大工さん、電気屋さん、配管屋さんとおり、2時間も経たないうちに1軒の家ができた。
 先日、試し釣りがあり、21匹あがり生育もまあまあだと・・・・・。解禁日が待たれる。

         ●朝もやの魚野川と八海山
b0092684_618469.jpg
 
         ●鮎釣りの拠点「多聞橋クラブ」の小屋です    
b0092684_6115470.jpg

 ・夕方5時から年会費5,000円をもって、小屋開きに集まる。その道のベテラン・太公望の面々であるから、アルコールが入るに、鮎釣り談議に花が咲く。まだ、一回も鮎釣りをしていないが、皆さんの熱い雰囲気でビールのせいもあり、太公望になったみいたいだ。
         ●今年の豊魚と川の安全を願い乾杯する。
b0092684_6263542.jpg

 当たり前にある川(魚野川)だが、こうして魚釣りをする人が川の保全や管理をも担っているんだなとおもった。趣味の魚釣りの皆さんが、川の安全パトロールをも兼ねている。そういうことからも、竿をもたない、会費漁業組合員も必要なんだ。

<天王様おまつり>
 夕方7時ごろに、天王様にお参りに行く。
 家の本家である「佐太郎」の鎮守様。魚野川の河川改修で今の場所に移転したが、前は「建安建築」さんの敷地内にあり、祭りになると、天王町の町内中がお参りに来て、子ども相撲が奉納された。
b0092684_6393719.jpg

         ●孫も一緒にお参りに、近所の皆さんが大勢来る
b0092684_6403282.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-06 06:06
 こども園七夕敬老お楽しみ会
             7月5日(金)9:30~11:00

 浦佐子ども園「で敬老お楽しみ会」があり、ママから写真を撮ってねと言われカメラマンとなる。
b0092684_17322130.jpg
b0092684_17322997.jpg
b0092684_17323878.jpg
b0092684_17325066.jpg
b0092684_17325995.jpg
b0092684_1733832.jpg
b0092684_17331389.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-05 07:40
 小野塚彩那選手報告会
         7月4日(木)17:30~20:00

 小野塚選手は、石打の出身でアルペン選手。高校、大学を通じインターハイ、国体、日本選手権と優勝を飾り日本を代表する方で、2年前ハーフスキーに転向すると言うことで、2年前に湯沢で壮行会をする。2年間一人でアメリカにわたり今回の帰国となった。
 昨年のワールドカップでは、5回滑り3回表彰台に上がり、今年3月に行われた世界選手権で3位に入り、ソチオリンピックでメダルを狙える候補と一躍なる。
  <ワールドカップ成績>
   昨年8月 ①ニュージランド 3位
          ②アメリカ     6位
          ③アメリカ     2位
          ④ロシア      7位
          ⑤スペイン     3位
   今年の3月に行われた世界選手権で3位。世界ランキング3位。

 今年は8月と1月に行われるワールドカップでオリンピック代表が決まると言うが、今、日本の特A(メダルを獲得できる選手)選手なのでほぼ確実と言っているが決定ではない。
 市長も挨拶で、市を挙げて支援すると挨拶する。オリンピックに出場すれば南魚沼市では初めだし、何よりも子供たちに夢を与えるので、お金のことが心配だなんて言わせないように支援する必要がある。
今回の6度の海外遠征でも350万円かかっており,多くの支援者のおかげと感謝していました。

       ●県スキー連盟副会長で片山後援会長挨拶
b0092684_7352598.jpg

       ●小野塚選手挨拶
b0092684_7355850.jpg

       ●井口市長花束贈呈
b0092684_7363162.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-07-04 07:09