<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
浦佐城跡整備に汗!
       4月30日(月)昭和の日振替休日

 整備を始めて5年。毎年少しづづつだが確実に保全され浦佐城として整備されてきた。

     ●午前8時集合しいざ頂上へ
b0092684_8342079.jpg

     ●まだ早い「カタクリ」見ごろは5月5日ごろか
b0092684_8361052.jpg

     ●珍しい「コシノアオイ」(めったに見れない)丸く咲いているのが花
b0092684_8375219.jpg

     ●今が見ごろ「シュンラン」
b0092684_8385762.jpg
b0092684_839746.jpg

     ●浦佐城の山頂は「オオイワカガミ」畑に。見ごろは5月連休明けごろか
b0092684_841136.jpg

     ●可憐な「オオバスミレ」
b0092684_842415.jpg

     ●春遅しと「山桜」
b0092684_843881.jpg

     ●普通は見れないし見つけられないな、と案内されて残雪が残る山肌に咲く
     「コバイモ」と「エンレイソウ」
b0092684_8463632.jpg
b0092684_8464894.jpg

     ●ロープを張ったり、階段を直したり3時間の作業を終わり下山
b0092684_8513621.jpg

     ●浦佐城からの眺めは最高。正面に八海山、魚野川、新幹線浦佐駅、八色原・・・・。
b0092684_8561982.jpg

 浦佐城や33番観音様の西山一帯は草花の宝庫だ。心無い登山者の採掘が後を絶たない。
 全ての草花に看板を立ててオープンにし、地元からPRして守るようにしたらどうか。
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-30 21:19
柴田さくらマラソン  石巻市へ
       4月20日~22日

 宮城県の柴田町と東松島市に叔父さんがおり、昨年の3.11の時は5日間位連絡が取れず本当に心配をした。今回自宅を訪れるのは7~8年ぶりくらいだろうか。
 今回は、住民の手で6年ぶりに開催したマラソンに参加するためと、東松島市と石巻市の被災地を見てくることが目的で出かける。
 マラソンは叔父さんが発起人で昨年再開する予定であったが、震災のために一年遅れる。柴田町マラソン実行委員会の皆さんは、浦佐の山岳マラソンとグルメマラソンに視察に来ていたこともあり、柴田マラソン(愛称・一目千本桜マラソン)に参加する。

<柴田さくらマラソン>     
       ●塚田さん一家が来ており、明日の成功と復活をを記念し前祝を行う。
b0092684_16273412.jpg

b0092684_1628016.jpg

       ●会場は陸上自衛隊船岡駐屯地
b0092684_16291567.jpg

       ●お母さんは5キロ・ウォークに参加11時げんきに出発
b0092684_16324073.jpg

       ●奈々ちゃん5キロ完走。後ろに明ちゃんがお母さんの応援で走る(12時20分頃ゴール)
b0092684_1635684.jpg

       ●12時40分10キロの部がスタートする。
b0092684_16361532.jpg
b0092684_16362218.jpg

 膝の半月板をを痛め、大会に参加するのは3年ぶり。3年間ジョッキングもされなかった。
 昨年の秋ごろから痛みも無くなり、4月から今日のために、7回・4キロくらいのジョッキングを行い今日に備えた。3年ぶりにジョッキングを再開したから、股関節、腰、背中、筋肉痛と痛みが発生し少しづづ慣らしながらだったが、18日、19日と背中一帯が痛くなったときは、走れないかなとも思ったが今日を迎えた。
  タイムは、1時間2分49秒~10キロ60歳以上の部110名中77位。 
               10キロ総合順位724位(1,185名参加)
  タイムは予想より10分くらい早かった。

<東松島市 石巻市>
 叔父さん、叔母さん、昨年の3.11、石巻市のいつものスーパーでなく、別のスーパーに買い物に行っていて、津波の難を逃れたという、人間の運命などは分からぬものだ・・・・。
     ●自宅の庭にて
b0092684_17152664.jpg

     ●ほとんど復興が進んでいない。カメラを向けられなかった。
b0092684_17165750.jpg

     ●鯉のぼりが上がっていたが、青い色ばかり。3.11が無ければ子供さんの声が聞こえてくるようだ。
b0092684_1719371.jpg

     ●石巻市病院も廃墟同然だ。そのまま・・・。
b0092684_17205036.jpg

     ●石巻市中心街、時々車が通るのみ閑散としている。いつ賑わいが戻るのかと、叔母さん涙ぐむ。
b0092684_17245456.jpg

 約1時間半被災地を案内してもらったが、叔母さんは、そのたびに目を真っ赤にし泣いていた。この場所に来ると心臓がドキドキすると当時の話をしてくれる。

     ●叔父さんが仕事をしている植木屋さんの社長さんと。ここで別れ浦佐に帰る。
b0092684_1730239.jpg

 地震はいつ来るかわからないし、日本列島は地震国だから、そう思って生活し対応するしかない。津波の被害は地震のそれとは違う災害をもたらす。地震の後に発生する災害だから、今回の津波を教訓に街づくりをするしかない。
 それにしても福島は大変だ。放射能災害は人災だ。日本のエネルギー政策を180度見直す必要がある。原子力発電所から徐々に自然エネルギーに転換することが大切だ。
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-30 16:06
秋山前町長葬儀
       4月17日(火)

 13日朝、秋山さんの突然の悲報にびっくりする。今年の春には、退院できそうだと聞いていたから。
 その日の午後に自宅に伺う。 
 秋山さんんの実家から、倅にお嫁さんをもらっており特に懇意にしてもらっていた。
 倅が誰と付き合っているかわからない時に、秋山さんから「今度親戚になるようだから宜しく・・・・・」と言われてびっくりした事を思い出す。

 大勢の人が送りに来ていた。井口市長の弔辞も涙声でよく聞き取れなかった。
 当時農協に在職していた私は、秋山町長は、3町の合併に関わる多くの行政難題を抱えていたにもかかわらず、いつも柔和の印象を受けた。

    ●大勢の人に見送られて天国に行く。
b0092684_771877.jpg


<4月13日塩沢 角谷前議員葬儀>
b0092684_719598.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-04-17 06:35
「おせったいの会」総会     裸押合大祭委員会役員会
       4月14日(土)

<おせったいの会総会>13:00~16:00 
 昨年から、清水会長は会長は交代するからと言われており、いろいろありましたが、うちのお母さんが引き受けることになる。5年間会長として、本当にご苦労さまでした。
 当初、毘沙門様のお茶出しに、ボランテアが集まるだろうかと皆さん半信半疑でありましたが、会員が70名集まり手探りでスタートする。最初の時は、参拝者のみなさんに毘沙門堂や普光寺のことを聞かれても説明できないから等々の話もあり、湯本高夫さんからは勉強会を小林さんからは「おせったい」の対応について勉強する。
 今では、参拝客の皆様にお茶を出したり、説明したり本当に喜ばれています。会員がもっともっと増えて、平日でも対応できれば最高なのだが・・・・・。

        ●総会で挨拶する清水会長
b0092684_13373963.jpg

        ●牧之通り「射干の会」中島会長より講話。
笑顔で接する。自分たちも楽しむ。いい景色やお土産よりも、そこに住んでいる人たちとの会話が思い出になる。下の名前で呼び合っている。ダメもとでいいからチャレンジ。
b0092684_13453982.jpg

        ●終了後お楽しみ「演芸会」を開催
b0092684_13463827.jpg
b0092684_13465099.jpg
b0092684_13465785.jpg
b0092684_1347952.jpg

<押合大祭委員会役員会>17:00~18:30 
 平成24年の大祭の総括を行う。
 今年の大祭は、天気に恵まれ土曜日と言うこともあり、例年になく大勢の参拝客や押合の参加者が多かった。参拝者は誰もが、今年は災害のないことと福島原発の終息と被災地の復興を願う。福島から避難している皆さんを招待し、餅まきに参加してもらう。
 出席者全員から、行事、勧募、奉仕等々について意見を求める。
  ・参拝者が大勢にもかかわらず、夜の行事が予定通り行われたことはすごい。
  ・「弓張」の撒与が違った。
  ・勧募の目標を達成できたが、より地元の協力が必要。
  ・お札の取り扱いは丁寧に、間違わないように。
  ・山門参道の上り下りの安全確保。
  ・事前準備等のマニュアル化が必要か。
  ・大型テントのごみの分別。
 まだまだ多くの意見が出る。これらの意見を整理し、次年度につなげる。

 今後の予定としては、5月3日の「毘沙門堂」春季例大祭が終わったら、青年団最高幹部と第1回目の会議を行う。
    
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-14 13:06
管理職退職者送別会
        4月13日(金)18:00~20:00

 3月末で退職された管理職3名の送別会を開催する。清塚さんと荒井さんは昭和45年に当時の大和町役場に入り42年間、荒川さんは塩沢役場に39年間、市民のために奉仕者として勤務されました。長い間本当にご苦労さまでした。
 管理職の皆さんのご苦労に感謝し、議員3会派で送別の宴を開催。
 特に大和地区のお二人には、農協職員時代から仕事の面でいろいろとかかわりをもちお世話になった。これからも健康に留意され、市の発展のためにご指導いただくことをお願いする。
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-13 12:54
びしゃもん市「総会」
        4月11日(水)13:30~15:00

 お国じまん会館にて、第4回目の総会が開催される。浦佐駅西ゆい一のスーパ(ほていや商店)が3月末で店を閉じたことから、びしゃもん市に対する期待が大きくなってきた。販売の中心は直売所として野菜だが、食料品も品数を置かなくては・・・・。それには、売り場面積が狭いので拡大の要望が出てきた。
 今年は4月22日が開店日。将来、道の駅「びしゃもん」を開設できるようにする。

      ●大勢の生産者や関係者が集まる。
b0092684_12461425.jpg


 
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-11 12:23
 浦佐小入学式  大和中学入学式
         4月9日(月)

 午前に浦佐小学校、午後から大和中学校の入学式に出席する。
 ・52名のピカピカの1年生は6年生と手をつないで一緒に入場する。私どもの時は、町内から同級生が10数名もおり、同級生は120人はいた。
 私の町内から1年生は二人ですが、一人の方は盲目です。お父さんもお母さんも、普通学校に入学させるか本当に悩み普通学校が子供の将来になると選択した。その子は、盲目と言うハンデーを背負っているが、本当に元気で明るい。夏休みのラジオ体操には毎日出てきて、私とわかると「常幸さん」と呼ぶ。
 入学式で名前を呼ばれたときも、一番大きい声で返事した。行政もしっかり対応してくれているが、これからも多くの支援が必要と思うので、しっかりと支えて行きたい。
 
       ●花に迎えられて入場した1年生
b0092684_22484713.jpg

 ・真新しい制服に身を包み、緊張一杯で入場して来る新入生だが、小学生の面影はもうない。数日前までは、小学生であったが、今日からは立派な大和中学生だ。
 部活と同じくらいに勉強に燃えるといいのだが、何故か、そうならない。スタートが大切ですので、中学生の本分は、部活でなく、勉強が第1で、次いで部活がある。そういう校風にしなくてはならないと入学式に参加して思った。何か今年の1年生はそうなるように感じる。

       ●大和中学校教職員の紹介
b0092684_2334047.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-04-09 22:24
 堀井修「人生はじけて」出版を祝う会
       4月7日(土)16:00~18:30

 発起人会を2回開催し、いよいよ本日を迎えた。会場は、ホテル イタリア軒。新潟市内でもトップに位置する老舗のホテルです。堀井を知る人は、みんなが「エッ!!」イタリア軒で開催するのいいます。発起人会でも、4・7の日は、ネクタイを締めて、スーツで来いよと念を押す有様です。
 本当に堀井は、人生はじけていて、良く農業改良普及員として、県はまともに給料を払っていたもんだと思っていた・・・・・。
 しかし、今思うに、県や市の職員に堀井のような人材が求められる。現場が求めている職員は、現場目線でなくてはいけない。堀井までにならなくてもいいが、職員らしくない職員が必要だ。上司の言いなりでは、いい仕事はできないし、村や町・市、新潟の発展も無い。

        ●受付に講習所の同級生大杉と渡辺が応援に!
b0092684_18252834.jpg

        ●発起人代表、新潟名誉教授 伊藤忠雄先生の挨拶は、重厚で含蓄があり、
         そして、ユーモアに堀井を紹介したので、会場は和やかに、
        堀井らしい祝う会がスタート する。
b0092684_18321252.jpg

        ●前小千谷市長関広一様、元NHK新潟放送局アナウンサー大橋修一様に
         次いで同級生と言うことで、私からもお祝いの挨拶をする。
         あいさつの一部を最後に載せましたのでご一読を!
b0092684_18383975.jpg

        ●堀井、謝辞の挨拶が謝辞でなーい・・・・!
b0092684_18394790.jpg

●娘さんと堀井に花束を贈呈
b0092684_18424384.jpg

        ●閉会の挨拶を発起人、前新潟中央会専務重野徳夫様より
b0092684_18441674.jpg

        ●司会を担当した発起人、元BSNアナウンサー山中景子さんと
b0092684_18464535.jpg


 発起人の要で、出版元の新潟日報事業社社長の木村哲郎さんありがとうございました。
 そして、新潟総合生協参与長谷川均さん、三条農業改良普及員堀保夫さんご苦労さまでした。
 <私の挨拶です>
 ごめんください。おいしい料理がいっぱい出ますので早く乾杯いたしましょう。この後、本人からの挨拶がありますが、短くするように話しておきましたので、今しばらくお待ちください。

85歳のおふくろが、突然、堀井さんはすごい人だねと言い、人をめったに褒めない87歳になる親父も言うものだから、なんで、と聞きました。

二人とも堀井の本を読んでいたんです。
コメ問題をはじめ、堀井さんが新潟県の農業をリードしてきた、みたいなことを言うんですね。

当然、私は面白くありませんでした。そうですので、まだ、この本は読んでいません。そしたら女房も読んでいて、堀江の事を称賛していました。ますます面白くありませんでした。

昭和45年3月に、講習所の第50期生として卒業し、2年間同じ釜の飯を食べた仲間です。26人の同級生ですが、学生の時の堀江の事は全然印象にありません。普及員になったのは、私はいつも3人と思っていました。今日、来ています、山岸喜久男と高橋茂、それに小林正です。
 え、堀井は農業改良普及員なの、よくまあ、県は仕事しない人間に給料は払っているもんだと思っていました。
 卒業して2年に1回は集まって飲もうという事で、県内あちこちで開催すると、いつも真ん中に堀井がいるんです。そういう人間なんです。

 本当に、今回も、勝手に本をだし、新年度の一番忙しい第1土曜日に、大枚1万円の会費で、さぞかし、みなさんはご迷惑であったと思いますが、それでも、大勢のみなさまからお出でいただき、同級生として感謝いたします。

 こんな話がありました。
カナダのシアトルでのはなし、・・・・・・・と続く。
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-08 18:07
 県立国際情報高校第21回入学式
         4月6日(金)13:00~14:30

 昨年創立20周年を迎い、KJは今年新たなスタートを!
 来賓控室で校長先生が、KJで取り組み(KJから直接海外の大学に進学できるコース)を始めた事が、10日のNHK朝7時からの「おはよう日本」で放送されますと紹介する。

 来賓のお祝いの言葉で「努力」とは、眠いときに眠らないで1時間でも2時間でも勉強すること。遊びたいときに遊ばないで勉強する。そういう「努力」をしないと、難関大学は入学できないと言明する。
 あれも、これも、いろんなことを「やりたい」という願望は誰もがもてるが、それを「できる」ようにするには、勉強しかないと話す。

 この二つの言葉は、KJの校訓「学ぶ青春 意気高く」そのものだと思った。

         ●第21回入学式
b0092684_22213280.jpg

 
 
[PR]
by 2neyuki | 2012-04-06 21:59
 岡村さんの「退職を祝う会」
        4月5日(木)18:00~20:00

 私が議員になった時6年前から、年に2回くらい3夫婦での飲み会です。この3夫婦がなぜと思いますが、それは・・・・・・・です。
 酒も飲まない亭主でしたが、光枝さん長い間本当にご苦労さまでした。

b0092684_1865060.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-04-05 17:58