<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
 大祭映像記録作成委員会   浦佐多聞青年団臨時総会
      1月29日(日)

<第5回押合大祭映像記録作成委員会>13:00~16:00 
 公民館にて開催する。
 桜映画社が作成した「記録編120分・普及版30分」のシナリオを検討する。記録編を重点に検討する。内容は10のカテゴリーに分かれておる。大祭を経験していないが良くここまで調査して整理したものだと感心するが、時間配分や内容についてほとんどのところで修正が入る。普及版の30分は長いので15分か20分にということになる。
 委員は全員参加。(飯島先生、中野先生、原田先生、滝沢、坂西、関)桜映画社(村山監督、山本プロデーサー他)

<浦佐多聞青年団臨時総会>19:00~19:30
 多門青年団は今日普光寺内に青年団事務所を開く。青年団事務所が設置されると、大祭モードも一気に盛り上がり準備も佳境に入る。

        ●多門青年団臨時総会
b0092684_782854.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-01-29 06:47
TPP徹底討論
       1月28日(土)~29日(日)

 堀江修主催の「TPP研究会」に参加する。会場は月岡温泉泉慶。
 大雪のため新幹線で行くが新潟は太陽が顔を出していた。新潟から白新線で新発田まで行き、娘から月岡まで送ってもらう。
 15時から翌日の11時までだが、私は29日は9時半まで。県下から35名が集まる。
 
  最初に3名の識者から30分から40分TPPについて話してもらう。
  ①重野徳夫~農政ジャーナリスト、前JA新潟中央会専務
        TPPについてJAの専属講師
  ②金哲洙~農業新聞記者
       中国・韓国を担当し、韓米FTAは金さんの記事が主体。各マスメデアで最も韓国通  ③伊藤亮司~新潟大学准教授
        TPPについて新潟でもっとも多く講演している先生。
  参加者の顔ぶれも多様だ。本県を代表する農家や県の職員、団体職員、農政記者。
  私は初めて会う方が多かったが、塩沢から消費者協会の方が、魚沼市からも参加していた。
 
  「本当にTPPは阻止できるのか」という投げかけに議論が白熱する。
    私は
    ・マスコミ(新聞各社)がTPPの真実を公開しない。   
    ・政府は国民的議論にならないように主導しているようだ。
    ・韓国のように国内のあらゆる団体が連携する必要がある。

       ●新発田駅に小雪が迎えに来てくれる。
b0092684_11575523.jpg

       ●TPPについて報告をする3氏。右端が同級生堀江です。
b0092684_11592787.jpg

b0092684_11594812.jpg

    
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-28 06:52
 賽の神まつり   寺尾観音堂裸押合いまつり
        1月15日(日)

 <賽の神まつり> 
 昨日の午前中に準備をし、今日は9時に集合。
 テント建て、机、いすの搬入。女性陣はトン汁と甘酒の準備。私は綿あめ機械を持ってくる。
 今年で3回目であるが、いままでは大雪の中大変であったが、今年は時々薄日が差す中・天気は最高だ。
 11時火入れ式を行う。私も火入れ式に参加の予定であったが、綿あめ係りとしては、子供が並んでおり、持ち場を離れなく点火式は欠席。でも写真撮影だけはしようと、5分くらい持ち場を離れる。天気も良く大勢の人が来てくれた。各町内でも行われているが、それはそれとして、この「賽の神」行事、浦佐の冬のイベントに育ってくれればと思う。

           ●役員の面々
b0092684_14363788.jpg

           ●燃え上がる賽の神
b0092684_14375751.jpg
b0092684_14381275.jpg

           ●町内の賽の神行事を終わし、会場に来た孫たち
b0092684_1439487.jpg

<寺尾観音堂裸押合いまつり>
 午後7時二人の大祭副委員長と酒3本もて出かける。
 観音堂につくと押し合いはじまっていた。
 この寺尾の裸押し合いも、浦佐からの流れだとするのが一般的であり、県内には多くの裸押し合いが行われていたが、いまでは5,6か所を数えるだけになった。ここ寺尾も昔は毎年行われていたが戦後とだえ、20年くらい前に復活しそれもオリンピックの年に開催すると言うことにした。今年は4年ぶりの押し合いだ。歌や踊りも浦佐に似ている箇所が随所に見られる。
 私は初めての見学であったが、浦佐の多門青年団は毎回参加しており、今日も4名ほど参加していた。熱気あふれるエネルギッシュな押し合いだ。子供が参加しているのはいいと思った。
           ●熱気あふれる押し合い
b0092684_14541964.jpg

           ●中央で二人が田打ちの踊りを、男衆が手をつないだ様は田んぼを表す。
b0092684_14562570.jpg

           ●2時間の押し合いも終わり観音様にお参りし20時45分終了する。
b0092684_14571982.jpg

 記録映画の撮影班がカメラを回していた。記録映画作成委員長の飯島先生、滝沢先生も来ていた。
 カメラを回すのは、3月4日がスタートだが、寺尾の押し合いは4年に一回だから今日映すことになる。
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-15 14:25
 裸押合大祭奉仕部会
         1月14日(土)18:30~20:00

 寺にて奉仕部会が開催される、小島部会長の招集で役員5人と関副委員長の8人。
 昨年の当日奉仕の問題点がいくつか出される。
   ・庫裡2階の接待における奉仕人数は、女性の対応は。
   ・庫裡下足番の対応は重要。
   ・第2テントの記帳所のあり方と区長さんの居場所
   ・総合案内所の設置と天地人ガイドの応援は可能か
   ・御本尊参拝の手順と対応
   ・道路等の消雪パイプ問題
   ・奉仕者の募集や人選
 部署ごとの係長を人選し、係長会議を2月7日に開催することを決定し散会する。
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-14 11:15
「つくしんぼ」新年会
       1月8日(日)

 つくしんぼ新年会(親父の兄弟の集まり)が東京健康ランドで開催される。浦佐からは、親父、昌夫、慎一、美雪と小雪そして自分が参加する。
 東京健康ランドは今年の3月で閉店するからこれが最後になる。もうここでの開催は二十数年になるのではないか。親父の兄弟も高齢になったし、集まるメンバーもその子供が多くなったので、来年からは大宮あたりで開催しようという話がでる。
 今年度の会長は親父の兄弟の8番目、宮城の勲さんであり、今年度の会長は親父の兄弟から初めて外れて自分がやることになる。これもしかたがないことだが、しかし、会の中心は親父の兄弟だ。

           ●勲会長の進行で親父が新年の挨拶をする。
b0092684_1152421.jpg

           ●新会員枝さん挨拶。12/3に結婚したお二人です。
b0092684_1171319.jpg

           ●東京健康ランド最後になる「つくしんぼ新年会」集合写真。
b0092684_1184393.jpg

 親父と昌夫は小林さん宅に、美雪と自分は16時ごろの新幹線で帰る。小林さん宅には六さん勝男さん英子さんが集まって賑やかのようだった。
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-08 10:52
 大祭委員会・勧募委員会合同会議
        1月7日(土)17:00~19:30

  いよいよ今年度の大祭がスタートする。浦佐の街が本格的に3月3日に向けて始動する。
  私からは、今年の大祭(3日)は土曜日で例年にもまして人出が出ることが予想されますので準 備に万難を配するようにお願いする。そして、大祭をささえる勧募金1300万円も勧簿委員の皆様 にお願いする。また、今年は辰年ですので、山門の「龍」にあやかろうと年間を通して多くの参拝 客が来ることが予想されますので、おもてなしの心で対応しましょうと話す。
  今年度の予算、決算1,680万円を承認してもらう。合同会議終了後は大祭の無事故と盛会を祈り 新年会を開催する。多門青年団は学年代表者会議があるということで新年会は欠。
  桜映画社3名の方も出席し、いろいろと大祭の情報をもらっていたようだ。

          ●多門青年団湯本団長の挨拶
b0092684_13311036.jpg

<桜映画所に対応>13:00~16:00
  監督と川崎さんと山本さんの3名を案内する。
  ・「ふるさと講中」からは。俵と餅づくりを担ってもらう。
  ・講中宿では沼垂講中が泊まる「山城屋旅館」を。
  ・北村ローソク店の作業場の見学を。
 それぞれ、記録映像では大切な、餅と講中とローソクの情報を得てもらう。
 桜映画社の窓口を大祭副委員長の関健一郎氏から担当してもらうことにする。
[PR]
by 2neyuki | 2012-01-07 12:58
「常蔵親戚」新年会
       1月6日(金)18:00~20:00

 恒例の新年会を我が家で行う。
 昔は1月1日に行っていたそうだが、浦佐スキー場ができてから正月は休めないので、正月が過ぎて、みなさんの都合のいい日に行ったそうです。
 こんな話があります。親戚の貞夫さんは郵便局の配達をしており、新年会を行うまでは他人行儀で郵便物を配達して行き、新年会が終わると、お茶を飲んだり、話をするのだそうです。いつの年か1月中旬まで新年会を開催できないことがあった時は閉口したそうです。
 今年から浦佐スキー場は営業を止めたが、もう50年以上も続いている会なのだ。

 新年会で一つだけ報告する。3月3日の裸押合大祭に佐太郎・本家の親戚である六日町の加賀屋さんが120年続いていた奉納(御簾のひも、木盃)の返上があり、それを我が家で引き受けることになったと話す。

           ●お母さん手作りの料理に酒も進む!
b0092684_12575282.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-01-06 12:30
  今年こそは!!!
         1月2日(月)
b0092684_654334.jpg

 2012年 明けましておめでとうございます。
           今年もよろしくお願いいたします。
 

 今年は辰年です。辰(龍)は架空の動物。中国では皇帝のシンボルで天と地の守り神であり、農業に恵みの雨をもたらす。そして、強気をくじき、弱者を助ける。
 浦佐毘沙門堂山門の「双龍」図は、浦佐の街の大火の時に毘沙門堂が焼けるのを「龍」が水をはいて延焼を防いだと言われている。そして、この山門を通るだけで身体健康・頑強になると言われ、毎年多くの参拝客が山門を通り毘沙門様の参拝に訪れている。
 辰年は辰のイメージから波乱の年を思わせるが、同じ壬(みずのえ)辰の1952年、60年前はサンフランシスコ平和条約が結ばれ、日本は主権を回復した。その12年後1964年は東京オリンピック、日本が昇り竜のごとく勢いを得る年となった。
 昨年はおとなしくやさしい印象のウサギ年だったが、未曽有の災害年になった。龍にあやかるとしたら、困難を克服する力強さと天と地を守るやさしさであろう……。

 <今年の目標>
   ①ひざの痛みが取れたので、雪消えからジョッキング開始。
   ②自給畑づくり。
   ③月に2冊本を読む。
   ④孫の子守の手伝い。
   ⑤月に一回はお母さんと出かける。
   ⑥私の部屋の掃除。

<五十沢温泉に行く> 
 今年の目標の一つが幸先よくクリアーされるかなと思ったが、自分は五十沢温泉、お母さんはてじまや旅館の浦佐温泉に行くこととなった。
 五十沢温泉は毎年の正月の楽しみとなる。荒川区の東京県人会の南雲社長さんは数人で毎年正月に五十沢温泉に来る。そこに私も招待される。
 南雲社長さんは年に数回となく南魚沼市を中心に訪れてくれる。今年は荒川区の商工会議所の会長になられたという。ますます忙しくなるがご健康でご活躍を祈る。
b0092684_734430.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2012-01-02 06:02