<   2011年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「びしゃもん市」オープン
       4月29日(昭和の日)

 毘沙門通りの活性化のために一昨年にオープンした「びしゃもん市」。昨年も売り上げで700万円と良い成績でした。今年も同じ売り上げを目標としておる。大雪のためオープンが10日ほど遅れた。昨日は雨が降り天気を心配したが、今日は寒くもなくまあまあの天気となり、大勢の人がびしゃもん市に来てくれた。
 11時からのオープンであるが10時半ころから来場者があり、店の方は野菜の入荷やオープン初日とイベントの準備等で大忙し。

       ●大好評の餅つき大会
b0092684_11474791.jpg
b0092684_11484051.jpg

       ●大人気の焼きそば・・・大区長助っ人に!!
b0092684_11504446.jpg

       ●今年びしゃもん市で購入した「綿あめ器」
b0092684_1152048.jpg

       ●「小雪」も駆けつけてくれる
b0092684_1153154.jpg
b0092684_11532844.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2011-04-29 11:37
「八色の森 浦構」総会
        4月28日(木)18:30~19:15

 農地・水・環境向上対策事業として4年前にスタートする。23年度が5年目で最後の年となるが、この事業は地域(区や学校等)を巻き込み環境問題や有機農業を推進しており、次年度以降も継続していってもらいたい。
 対象農地は60.8ヘクタール、開水路3.4キロメートル、パイプライン5.6キロメートル、農道3.8キロメートル。
 活動組織は、農業者(1団体と11人)と天王町区、浅地町区、浦佐小学校、国際情報高校、むつみグループ、大和郷土地改良区、大和観光協会で構成している。
 予算は、環境保全等の基礎活動に281万円、営農活動に185万円。
 昨年の収支予算、今年の収支計画について原案通り承認いただき今年度の活動がスタートする。

      ●代表である(有)ウラコウの関社長による議長で総会が審議される
b0092684_11355224.jpg

 
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-28 11:06
KJ校長先生歓迎会
       4月27日(水)18:30~20:30

 4月より国際情報高校に校長先生と事務長さんが新任で着任する。
 「大樹の会」(創設時の関係者とpta・育成会会長)で歓迎会を行う。
 今年の10月には創立20周年記念事業を行う。早いもので創設から20年たった。KJで行っている学校運営、PTA活動は県下に広がってきている。
 20年を契機に更なる飛躍を果たしてもらいたいと、今日集まりの皆さんは思っている。
 私も開会のあいさつで、「20年間の実績は白紙にしても更なる挑戦で、更なる飛躍を・・・・」
校長先生は、私たちの期待に応えるような、新たな使命を負ってきた・・・・。それに大いに期待すると同時に、大樹の会はまさにそれを応援する縁の下の力持ちだ。現場の教職員との衝突もあると思うが、高い志を持った生徒が集まり、世界に飛び出せる生徒を育ててもらいたい。

      ●新校長先生に期待するように大勢の会員が集まる
b0092684_1633268.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2011-04-27 16:15
海外研修会「やまと」アメリカ農業事情派遣打ち合わせ
        4月26日(火)19:00~20:30

 キャピトル航空の赤坂社長来てもらい、第2次5回アメリカ農業後継者派遣について農協営農センターにて打ち合わせを行う。
 昨年アメリカに行ったメンバー5人(一人欠)と、今時点で参加したい2名を加えて、赤坂社長の話を伺う。いつも赤坂社長の話は納得するばかりで説得力がある。赤坂社長の人脈は世界に広がっており、今回もアメリカに1年農業実習に行っている高野君が6月に実習が終わり、そのままスペインにキノコの勉強に行きたいからコンタクトを取ってもらいたいという話し。さっそく来週に日本のスペイン大使館に行き希望を実現できるようにしたいと話す。
 今年も9月に10日間くらいで行って帰させたい。募集人員は6名。
 絶対にお金で買えないし、これからの宝になる。
 お問い合わせは、農協営農企画または私まででも結構です。
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-26 15:59
「おせったいの会」総会
       4月24日(日)14:00~15:30

 昨年も5月から10月までの土、日、祝日と56日間、普光寺境内において、毘沙門様に参拝に来られた皆さまにお茶のサービスをおこなった。
 19年は集計なし、20年は2000人、21年(NHK大河ドラマ放映)は30,056人、22年の昨年は8,855人。
 現在会員は60名です。今年から男性からも加わってもらうことにする。

        ●総会前に普光寺樺沢住職よりの法話(左に清水春代会長、右は普光寺総代代表)
b0092684_11572417.jpg

        ●大勢の会員方の参加
b0092684_1158957.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2011-04-24 11:12
トキの会役員会
       4月23日(土)17:00~19:00

 平成14年度に浦佐地区の区長歴任者の会。その年は新幹線開業20年に当たり、JRでは開業20周年記念事業を各駅ごとに開催した。私ども区会に5月ごろに協力要請が来た。全面的に区会で協力することになり、湯沢駅、長岡駅にひけを取らないイベントを行い浦佐駅長さんから感謝される。
 そういうこともあり、区長退任後も年に1回は顔を合わせており、JRの20周年に関係したということで、新幹線の「トキ」にちなんで、「トキの会」と命名した。
 16年の2月と17年の3月にトキに会いに浦佐駅長ともども佐渡にわたる。

 私にとって「トキの会」の皆さんの影響は、市会議員になる大きな要因であった。14年、15年、16年は3町の合併という大きな環境下であり、会合になると合併後の浦佐はどうなるのか、おのずと議員は誰がと言う話になった・・・・・。

 久しぶりの役員会で、今年は放鳥したトキに佐渡に会いに行くことに決定する。総会を6月下旬に開催し、佐渡行きは10月下旬ごろにどうかと協議する。

 
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-23 10:19
びしゃもん市「小さなまつり」打ち合わせ
       4月22日(金)18:00~19:30

 びしゃもん市、今年で3年目。地域に定着するには3年目の今年が正念場と思う。そういう意味では、この小さな祭りが(イベント)が果たす役割は大きいと思う。
 昨年もボランテアで応援してくれた4名の男性陣と会議をする。この皆さんがおられなければ「小さな祭り」の開催は難しい。そして、いつもテント建てを協力してくれる本町商店会のみなさんには感謝です。
 会議の後4名のボランテアの皆さんと、盃で意思固めをし盛り上がる。今年、子供たちに人気の綿あめの機械は購入することとした。毎回借り賃が7千円もかかり、2年で元が取れるので購入することとした。町内や他のイベントで大いに利用してもらえれば・・・・。

●昨年のびしゃもん市「小さな祭り」好評の餅つき大会
b0092684_10162718.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2011-04-22 06:29
八海山尊神社春季大祭
       4月20日(水)11:00~12:00

 春季大祭には初めて参加する。桜井元代議士、田辺元県中会長も出席しており、田辺会長とは久しく話し込む。
 私は八海山の念力をもってして、福島原発と余震を終息させてもらいたいと念じた。いまだ行方不明者が1万数千名おり、福島原発は必至の修復にも関わらず、放射能を封じ込めるにはまだまだ時間がかかりそうだ。
         
       ●社殿にての神事が終わり、外での神事・・・。
b0092684_20295617.jpg
b0092684_2030676.jpg

<毘沙門様講中回り反省会>18:00~20:00 
 毘沙門天を守護神として祀っていられる方もおり、改めて講中の皆様の毘沙門様に寄せる強い思いをそれぞれの報告から聞く。
 講中回りを始めて今年で4年目。講中の講元の方とのコミニュケーションも図られ、講員の減少も収まってきたようだ。これからは、講元さんにお願いして、講員を増やす手立てはないか相談したい。今回初めて講中回りに参加した鈴木さん、外に出て、毘沙門様のすごさを知ったと興奮気味に話してくれました。
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-20 20:14
招魂祭顕彰会役員会開催    大祭役員会開催
       4月14日(金)
<浦佐招魂祭顕彰会役員会>10:00~12:00
  1月12日の発足会を受けての役員会であったが、招魂祭の中心メンバーである大区長さんが、この会そのものに、慎重(各区長さん方がこの会の存立や区会の関わり等々)になり、会長さんから来てもらい改めて、この会の趣旨等を説明することになる。
 規約、招魂祭(総会)等は決定したが、会員の募集、会費徴収については4/18(前段の説明会)以降に再度協議と言うことになる。
 太平洋戦争の悲惨さを子や孫に語り継ぎ、絶対に戦争をしない世の中にするためにも8月16日に「招魂祭顕彰会」を開催することが大切だ。

<押合大祭役員会>18:00~19:00 
第1回大祭役員会を開催する。本来であれば3月中に開催するところであったが、地震のためにここまで伸びた。
<総括>
 ・当日の資材等へのクレームが少なかった。
 ・勧募金は浦佐地区へのシフトと、青年団の勧募先の見直し。
 ・青年団員数が減少し行事に支障あり。青年団員OBへの協力を体系化できないか。
 ・山門の上り下りの表示的確に対応できた。
 ・今年のように降雪があった時の屋根対策(雪)がなく、対策が遅れた。
 ・奉納者札確認しやすく、ローソク写真撮り忘れないように。
 ・木ローソクの設置場所、混雑のためもう一か所必要。
 ・夜の行事の時間が遅れ気味だ。
 ・夜の行事時間、1時間くらい前倒しの方が良いのではないか。
 ・餅まきの回数も5回から4回でも。
 ・御開帳参拝の有料化。
 ・毘沙門堂への参拝が少ない。~餅まき配与・撒与から毘沙門堂への誘導はできないか。
 ・木ロー奉納者以外(一口千円、二千円とか)の、ローソク奉納について
 ・当日奉仕者は大祭の行事(例えば本尊参拝)を熟知して案内に支障を来たさないように。
 ・地元餅会への案内(内心が)や前夜祭への協力(餅を自ら搬入)
 ●その他、行事について具体的な件も報告される。

 6月に役員会を開催するので、各部会で課題や問題点を整理しておく。24年の大祭に向け、青年団と打ち合わせをしなくてはならない。
 
      
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-14 08:36
「毘沙門天」講中お礼まわり
       4月13日(水)

 8時20分普光寺を出発する。坂西謙司さんと二人で。
 講中回りを始めて今年で4年目か5年目になると思う。「浦佐毘沙門天」の講員は、昔一万人はいたみたいだった。年々講元の世話人さんが高齢化し、講員は減少し、講そのものが消滅していく現状であった。
 それらの打開の一つとして、押合大祭が終わったお礼と、5月3日の春の大祭の案内を持参し、こちらから出かけて行こうということで始まった。
 今年も11班体制で県内96の講中を訪問する。
 新発田講中、豆八講中、沼垂講中、新津講中の4講中を訪問する。
 普光寺毘沙門様から来たということで、お茶をだされ丁寧に接待を受けるので恐縮する。
 「毘沙門様」のおかげで、商売繁盛し健康で生活できると言われると、地元としてもっともっと毘沙門様を奉り、地域の活性化に動かなければと思う。
 内にいては見えないことも、外に出るといろいろなことが見えるし、何よりも教えられる。このことは何事にも言われることだ。
[PR]
by 2neyuki | 2011-04-13 06:58