<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
KJROCKYA(6期)の会 
       11月29日(日)10:00~18:30

 昨年の弥彦(幹事長嶋さん佐藤さん)から、直江兼続公生誕の地の六日町が引き継いで、盛会の内に終ることが出来ました。幹事長の川上さん、幹事の三井さん星野さん関さん(自分)ご苦労様でした。
 会員は現在69名です。一部(天地人博・雲洞庵)に15人、二部(総会)に30人、三部(二次会)に11名の皆さんが参加され、一年ぶりの再会に会は盛り上がった。そして、今回初めて参加された人も4人おられました。
 このKJ6期生は、3代目の伊藤校長先生と一緒に入学し卒業しており、保護者会は卒業し4年間は行ないましょうという事で発足し、6年前の長岡での解散式の時に伊藤校長先生が「私は今年県を退職するので、解散するのは寂しいとかとか……」で、幹事長持ち回りで新たにスタートしました。

<1部>10:00~12:30
     ●「天地人博」にて、直江兼続公と記念写真
b0092684_7162862.jpg

b0092684_7172764.jpg

     ●雲洞庵にて
b0092684_655466.jpg

b0092684_6552267.jpg

<二部>13:00~16:00
     ●ホテル「金誠館」にて
b0092684_657817.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-11-29 06:25
白山神社「新嘗祭」    常蔵「秋こと」
       11月23日(月)

<白山神社新嘗祭>

 豊作と秋の実りに感謝をし、新穀を捧げてお祝いをします。秋の豊な実りは、農家の皆さんが一年中愛情込めて育てた証しです。その愛情に、雨・風・晴れ等々の天気(自然)の恵みによるものです。新嘗祭は「感謝のまつり」でもあると思います。
 今、世の中は、いじめや自殺、子が親をを殺害するという事件があとを絶ちません。何がこんな世の中にさせたのでしょうか………。このようになったのは、「感謝の心」を失ったためでないでしょうか!!
 神社の神殿に手を合わせ宮司さんの祝詞で心が洗われる。もっと大勢の人から「新嘗祭」に参加してもらう方法を考えなくてはと思った。
        ●宮司さんと氏子総代の皆さん
b0092684_17591199.jpg

<常蔵秋ごと>
 我家の恒例の「秋ごと」が開催される。秋ごとは母ちゃん達、新年会は父ちゃんとなっているのだが、今年は選挙があり親戚の皆さんには本当にお世話になったので、今年の秋ごとは、男緒からもきてもらう。
 男緒がくると賑やかになり、一年の豊作と秋の実りに感謝し盛会にお祝いした。
b0092684_1855942.jpg
b0092684_1862086.jpg
b0092684_1863230.jpg
b0092684_1864488.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-11-23 14:05
「金子兜太」講演会
        11月22日(日)13:30~15:30

 「金子兜太」先生のことは、今日までほとんど知らなかったが、凄い人が来たんだなと……。
 俳句を読む人や俳句に興味のある方は知らない人はいない大家である。生まれは秩父で医者の家に生まれたが、医者にはならず俳句一筋で生きた人で、医者のお父さんは「赤ひげ」先生のモデルになった医者であるという。2008年に「文化功労賞」を受賞する。
 
 健康を考えたのは60歳の前半という。それまではたばこは吸うし、酒は毎日飲むし、肉は牛とかタンが好きで本当に健康であった。急に痛風に4回なりそれから健康を考えるようになったと。
 矍鑠として俳壇やテレビで活躍しており、演壇で話す先生は、とても90歳を過ぎたとは思えない。
 先生は自然体で楽観的で前向きだ。
 そして先生の養生訓に ・シビンを愛用、みなさんもどうぞ
                ・食事はマイペース
                ・立禅、感謝、排泄 ~ 地産地消
                ・何事もゆっくり、無理はしない怒らない 
                ・行きつけの店と主治医(かかりつけ医)
                ・立禅と深呼吸の威力
      ●兜先生の甥御さんにあたる金子桃刀医師が萌気園二日町診療所にパートで勤めており、
       その縁もあって今回の講演会が実現したと「黒岩院長先生」が話す。
b0092684_13572272.jpg

      ●金子兜太先生の講演
b0092684_13573986.jpg
b0092684_13575472.jpg
  
 
 
[PR]
by 2neyuki | 2009-11-22 12:53
岡村智紀さん結婚おめでとう!
        11月21日(土)

 おめでとうございます。岡村博(清水端~貞夫さんの兄弟)さんの長男の結婚式。お嫁さんは長岡中之島の大竹勝巳さんのお嬢さん。会場は長岡「ル・ヴィラージュ アンシャンテ」お二人の前途に幸多かれと祈る。早くお孫さんをご両親にだっこさせてください。お幸せに。
b0092684_822739.jpg
b0092684_8221986.jpg
b0092684_8223122.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-11-21 07:57
「びしゃもん市」感謝のまつり
       11月15日(日)11:00~14:00

 今年4月19日にオープンした「びしゃもん市」。このびしゃもん市は、NHK大河ドラマ「天地人」で毘沙門様に参拝に来た皆さんだけではなく、毘沙門通り(本町商店街)の活性化につながるようにと毎月一回小さなお祭りとしてイベントを開催してきた。予定では11月末で「びしゃもん市」を閉店するので、今日は感謝を込めてイベントを開いた。
 きのこ汁と餅を無料で食べてもらった。地元の皆さんにも認知されてき、何とか来年も継続するようにしてゆきたい。
b0092684_7464150.jpg
b0092684_7465953.jpg
b0092684_7471261.jpg

 11/19日13時30分より「びしゃもん市」の会議を開く。
 参加者は、市商工観光課、商工会、JA浦佐支店、びしゃもん市役員3名、びしゃもん市販売責任者。
 収支の概要、びしゃもん市反省会の開催、来年の対応等々について
 
[PR]
by 2neyuki | 2009-11-15 07:33
「そば屋」研修会~試食
        11月14日(土)11:00~15:00

 後山の皆さんに、地域の活性化と産業興しのために「そば屋」さんを提案したので、今日はその研修会。「そば屋」を始めるとなると、店作りや台所等の改修に大きなお金がかかると思っているようなので、そうばかりではないという2件を研修する。
<政五郎そば屋>
 六日町の津久野で農業の専業(水田10㌶)をしていた政五郎さん。趣味で打っていたソバを。70歳の古希を契機に、床の間と茶の間を解放してそば屋を始めた。今年で3年目かな……。お母さんと二人で、もちろん米も作りながら、転作にそばを作りその粉を使っている。営業時間は11時から14時まで。政五郎さんの何事にも前向きな姿勢に参加者は意気を感じる。皆さんが始めるとなれば手伝ってやると心強いお声掛けをいただく。
b0092684_6412593.jpg
b0092684_6414974.jpg

<牧之庵> 
 塩沢の17号線と高速道路が交差する交差点を左折し5分と走らない。大木六に店はある。庭も整備されており、玄関は蔵の戸が使われ、石臼が並べてある。中にはいると民具や昔の道具が整然と置かれている。みなさん口々に「これ家にもある。これもこれもと……」古民具を懐かしそうにみていた。主は私の高校の2年先輩、奥さんは私と同じ歳で同じ高校の同学年であった。そば屋さんを始めて8年目になるのかな。
 ここも仏様が目に飛び込み、座敷と茶の間が店になっている民家です。
b0092684_724351.jpg

 将来、後山で数件の「そば屋」さんが開業すれば、場所や環境的にも他の店に負けないと思うが……これからワークショップを開催し進んでみよう。
[PR]
by 2neyuki | 2009-11-14 06:28
荒川区の皆様毘沙門様参拝
        11月8日(日)11:30~13:30

 荒川区県人会長南雲社長さんの計らいで、20人の皆さんが参拝に来る。参拝後、私も一緒に「八色の森公園」レストラン葡萄の花で昼食をいただく。
 荒川区の県人会の皆さんは、南魚沼市管内の観光に来始めて、かれこれ10年くらいになると言う。コーデネーターは浦佐から東京に嫁いだ「三兵衛どん」のヨッコです。南雲社長さんとヨッコには感謝しております。
b0092684_7182493.jpg
b0092684_7195148.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-11-08 07:13
戸だての薬師・浦佐城跡後かたづけ
        11月8日(日)9:00~11:00

 戸たて ~ 戸を閉めると言う意味です。千手院様が祀っている「薬師如来(秘仏)」は5月8日に
         浦佐城(薬師様)に登ります。その日はお釈迦様の誕生(月遅れ)を祝い甘茶が
         振る舞われます。そして、11月8日今日は、薬師如来が山から下りてくる日です。
         これを「戸たて」と言います。
         浦佐城主・清水藤左衛門は領民の安泰を願うために「薬師如来」を信仰し、その守護職に
         千手院の住職が代々当っていたと伝えられている。
         その秘仏「薬師如来像」は、5月7・8日と11月7・8日しか御開帳しない。

 9時千手院に集合し、「戸たてのや薬師様」に合わせ、役員・幹事で浦佐城跡の看板、ロープ類の後かたづけを行なう。
        ●市民の健康と地域の発展を願い「戸たて」の行を行なう
b0092684_751879.jpg
b0092684_753628.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-11-08 06:36
ボランテアガイド
        11月5日(木)14:00~15:00

 東京県人会総務委員のみなさんで、県人会の副会長さんをはじめ14名の方を案内をする。
 ボランテアガイド(語りべの会)のメンバー16名は、11月はふる活動のようだ。私も久しぶりのガイドで11/2に続いての案内です。
 後で名刺交換して分かりましたが、大学の教授の方とか、会社の社長さんとかそうそうたるメンバーでした。東京やまと会の前羽賀会長さんの計らいで、今日の計画が立てられたようです。故郷を思う羽賀さんに感謝です。お昼を浦佐やなで、そして、毘沙門様の参拝です。山門の2階も案内しました。弥彦に次ぐ菊まつりですの説明に納得しておりました。
 これから、JAの「八色しいたけ」のパックセンター、菌床センターの見学と言うことです。コシヒカリ、八色西瓜に次ぐ特産の見学にも羽賀さんのPRをしたいという思いに感謝しました。
b0092684_6205317.jpg

 荒川区東京県人会の会長さん南雲社長さんも見えておりました。又、この8日に荒川区の皆さんを引率して来てくださいます。本当にありがとうございます。
[PR]
by 2neyuki | 2009-11-05 05:59