<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
浦佐西山踏査で汗をかく
        10月31日(土)8:00~15:00

 朝8時に集合し3コースを歩く。道無し道を稜線をたよりに、雑木を切りながら進む。
 本事業は、中越大震災復興事業として里山の資源を活用し、ふもと地域に暮らす人々の精神的な活力と交流を通して経済を活性化させようとする取組みです。
①白山様コース(整備延長約800㍍)
 33番観音様道路16番から高山(白山様奥の院)へ、更に尾根沿いに黒沢山道に接続する山岳コース
②薬師様コース(整備延長約1000㍍)
 浦佐城址の西端から西へと延びる尾根を進み、林道ヤゴ平線に接続する眺望に優れるコース。
③秋葉様コース(整備延長約600㍍)
 上山城址から稜線尾根の旧道(赤線)を西進し、林道ヤゴ平線(つつじ公園)に接続するコース。
④語らいの森、かたくり広場、春池広場等の整備

 1期事業として、昨年と今年「浦佐城・薬師様」と「33番観音様道路の沢道」を主体に整備した。併せて33番観音様道路の野草、野鳥の調査を行なった。野草は500種類、野鳥は150種存在していることが分かり貴重な自然の宝庫です。この活用と保存に向けて多くの市民の参加が不可欠だ。
b0092684_1643782.jpg
b0092684_1645888.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-10-31 15:55
第24回魚沼菊花展 浦佐菊まつり
    10月31日(土)

 第24回魚沼菊花展 浦佐菊まつりが今日から15日までの期間で、スタートする。菊まつりの事務局をしておるが、今年は選挙の年で準備等はほとんど出来なかったが、寄付金集めとチラシ作成を担う。後は町内の賛助会費を集めること。
 今年で24回を迎えたが、浦佐菊まつりの合い言葉は「弥彦に追いつき追い越せ!」だ。鉢の数では弥彦に劣るが、菊の質、内容では弥彦を上回ると言われております。栽培者の皆さんが丹誠込めて作りあげた作品をどうぞご鑑賞下さい。
b0092684_12365135.jpg
b0092684_1237660.jpg
b0092684_12373442.jpg
b0092684_12375220.jpg
b0092684_1238781.jpg
b0092684_12382420.jpg
b0092684_12383879.jpg
b0092684_123939.jpg
b0092684_12391947.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-10-31 12:25
第5回南魚沼縦断駅伝大会
       10月25日(日)

 絶好の秋びよりの中で、駅伝競走大会が開催された。三町が一つになった事を記念し、親睦と融和の大会も今年で5回目を迎えた。
 コースは塩沢の大原運動公園をスタートし、8区間、ゴールは浦佐の八色の森公園、全長32.5㎞。
 94チームが参加し、全チームがたすきをつなぎ完走する。男子の優勝は1時間47分38秒で市消防本部。女子は2時間10分56秒の塩中駅伝レデースが優勝する。
     ●優勝の「市消防本部、アンカーの力走」
b0092684_12201177.jpg

     ●次々ゴールする選手に大きな声援が飛ぶ
b0092684_12202423.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-10-25 12:04
津山商店25周年記念式典
        10月22日(木)10:00~13:00

 昭和45年に津山社長さん個人で給食業務を開始し57年の三国川ダム工事現場の給食で基礎を確立し、59年に資本金300万円で「(有)津山商店設立」。
 現在では県内の66施設(福祉、医療、学校、事業所等)で給食の受託を行なっており、今年の8月に開催された、第9回治療食等献立・調理技術コンテスト、災害時対応食部門において、日本医療法人協会会長賞を受章する。
 津山社長さんの「食」に対する熱き思いは学ぶところが多い。特に私はKJ開校以来のお付き合いで、血気盛りの高校生に3食提供することは並大抵でない。食事に対する要望は、生徒はもとより保護者からも多い。その要望に一つ一つ対応し今日を迎えている。
 25年おめでとうございます。代表で鏡割をさせていただく。益々の発展をねがっております。
      ●津山政昭社長さん挨拶
b0092684_11535236.jpg

      ●ケーシ高峯氏の「医事漫談」に会場は笑いの渦
b0092684_1154594.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-10-22 11:28
八海山火渡大祭
       10月20日(火)曇り

 朝がた雨が降り心配したが、どんよりとした空模様だったが、どうにか一日雨が落ちなかった。
 八海山火渡りの神事は、5月最終日曜日に行なわれる大倉(坂本神社)と、7月1日に八海神社(城内)でも行なわれる。当大崎口で行なわれる八海山尊神社の火渡り大祭が歴史も古く多くの信者で賑わう。
 11時から始まった神事は厳かな中に、神秘さが漂い、白装束の信者の動きに集中し、燃えさかる「火」に国家安泰と家内安全を祈る。
 
b0092684_1121188.jpg
b0092684_11212073.jpg
b0092684_11213111.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2009-10-20 10:54