<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
新町農家組合総会
          3月29日(土)19:00~21:00

 19年度の決算、20年度の予算総会に、大勢の組合員の参加を得て開かれる。
 昔は種籾の塩水選、苗代消毒にはじまり、農業に関する資材の注文や、農作業所(縄なえ、脱穀、籾すり調整等)の管理運営と行政に匹敵する活動を行っていた。
 今の農区の活動は、JAからの月1回の便りの配布の他に、4月の花見、7月の祭りの〆作り、8月の生ビール大会、12月に正月用〆作りと町内の行事が中心。唯一歴史ある農作業所(精米機、資源ゴミ置き等)を管理している。
 今年の農区長は牛木清さん。今年から清水行雄さんは役員を引退し顧問に!そして、結婚する和幸は見習い役員にと話がある。
 今は農業で生計を立てる人がほとんどいないし、時代も変わり、浦佐の町内で農家組合の活動はほとんど行われていないのが現状ですが、当町内では役員12名を選任し活動している。活動と言っても農業分野ではなく、町内の睦み合い的な行事を行っている。
 町内で、結婚したりすると、農区の役員にと声がかかるのがうちの町内です。
今年の花見は4月29日に開催。
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-29 09:09
裸押合い記録保存実行委員会幹事会
         3月27日(木)19:00~21:00

 平成20年度総会について相談する。
   ○日時 4月27日(日)午後2時より
   ○場所 普光寺
        ・講演会 「民俗学からみた浦佐多聞青年団と押合い大祭」
                      講師:中野泰(筑波大学)
        ・総会
        ・懇親会

 20年度は事業の最終年度となり、記録保存のための学術的な報告書は執筆委員の皆さんから素晴らしい報告書ができあがると思いますが、市民向けに記録集を発行しようと前回の幹事会で決定を見、その内容、編集委員の立上げについて協議する。   
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-27 11:43
農業技術学院同窓会南魚沼支部総会
           3月26日(水)18:00~20:30

 19年度の総会を六日町「あさひ食堂」で行う。
 昨年の3月17日に母校の閉校式が行われ、一抹の寂しさが残るが、多くの同窓生が県農業の牽引役として活躍しており、一層の交流親睦を確認する。
 忙しい中、JA魚沼みなみの山田組合長も出席してくれる。今年普及センターの田中課長は糸魚川へ所長として、河村さんは本庁へとそれぞれ栄転される。事務局は今年から、市役所の片桐さんにお願いすることにする。
 今年役員の改選であったが全員留任。
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-26 11:25
東京へ
         3月25日~26日

 仁志がお世話になった方々にお礼にと言うことで計画し、お母さんは夜行で出発し、私と合流し「魚屋の台所」におじゃまし、大五郎の所に泊まり、翌日彰さんの顔を見て帰ろうかと予定を立てたが、お母さんとは合流できず、魚屋も行けず、大五郎の所も行けず、でも、彰さんの所には行ってきた。元気な様子で一安心する。
 泊まりは、小林さん宅におじゃまする。朝は桜が咲く「光ヶ丘公園」を走りいい汗をかく。
b0092684_11235866.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2008-03-26 11:13
結婚式の打ち合わせ
         3月24日(月)16:00~17:30

 樺沢住職様、副住職立ち会いの元、仏前結婚式について打ち合わせをする。
 当初、住職様からお父さんが無理矢理仏前結婚式と言ったのではないですかと、同じ事をお寺の奥様からも言われました。
 長男の時は、普光寺(仏前)で式を上げたいと思っており、その事を本人に話したら、一発で断られました。普通どうりにやりたいと、お父さんがするのではないろと……。ある時嫁さんになる里恵さんに話したら、二つ返事でOKでした。その日の内に和幸も渋々了解しました。10月頃だったと思います。
 並木さんご両親、本人達、清水端のお父さんからも来て頂き、椅子を並べたりする。
 柳写真屋さんも来る。集合写真は70人からになり天気が悪い時、中での写真は相当厳しいと話す。
 いよいよ後二週間かと思った。今週からは準備を第一にするぞ。
 昨日は午前中ガラスふきをする。
b0092684_1855246.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2008-03-24 18:34
新町区常会
         3月22日(土)19:00~21:00

 町内19年度決算常会が行われる。
 次年度の区長さんに井口俊郎さんが、我が班は一兵衛の番で来年は家か。
 常会終了後、市政報告をする。
  ・市の台所状況
  ・20年度主要施策および主たる投資(建設)事業
  ・最近の話題
  ・19年度の一般質問
           等々について報告する。
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-22 16:58
(有)ウラコウ役員会
          3月21日(金)9:00~11:30

 今年度最初の役員会が開催される。
 従業員給与と今年の作業について
 今年は6ヘクタールからの基盤整備が行われ、金額ベースにして約1千万円からの収入減になる。その収入減を何でカバーするのか、社長と取締役とで意見の食い違いがあった。
 これからは、会社として存続して行くには、事業の縮小があってはならないと思うし、
米のみでなく、他部門、例えば畑作の積極的な導入や米の販売や公園に隣接する強みを生かしての販売等々を考えて行かなくてはいけないと思った。
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-21 11:38
JAグループ新潟政策提案研究会
          3月18日(火)11:00~17:00

 「多様な組合員の声をどのように反映させるのか」そのための業務執行体制は
どうあるべきかが今問われておる。
 執行体制の強化については、金融情勢を背景として、平成4年、平成8年、平成13年に農協
法が改正される。経営管理委員会の導入について、8年に選択制で明記され、13年には委員へに正組合員以外1/4以内や権限強化が盛り込まれる。

 今日は、3~4年前に県内JAで不祥事が多発したことを受けて発足した、新潟県JA経営改革委員会答申(17年9月29日)内容の説明を最初に受ける。
 事前に配布された資料を読み、これからは、経営管理委員会の導入が不可欠と強く思った。
 それにしては、導入について各県の中央会の考え方に格差があるのに驚く。
 本県では26JA中4JAで導入されているが、まだ充分機能されているとは言い難いと報告あり。
 次回は全中と農水省からお出でいただき「JAのガバナンス」について勉強会をする。
 本格的な意見交換はそれからになるのかな!!
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-18 10:59
だんご撒き  甲府旬一郎さん  KJ南北OB会
         3月15日(土)

●普光寺において「団子撒き」
   お釈迦様の命日は2月15日で涅槃図の絵をかかげて、お釈迦さまを偲び、感謝をし
  法要をする。普光寺では一月遅れの3月に行う。
   何年ぶりかで、法要・団子撒きに参加する。高崎から毘沙門堂に参拝に来た方も、
  いいところに来た、これも毘沙門天のおかげと喜んでいた。
   なぜ?団子撒きか…お釈迦様の舎利(遺骨)にみたてたもので、身につけていると
  ご利益があると言われています。
   団子撒きに参加し、改めてお釈迦様の徳を学ぶ。
          法要が終り、方丈様の挨拶のあと団子撒きがはじまる。右側の絵が涅槃図。 
b0092684_10241345.jpg

●甲府より旬一郎さん来る。
   4月6日の和幸の結婚式に来れないと言うことで、わざわざ甲府よりお祝いに来てくれる。
   旬一郎さんが初めて奥さんと来たときは、陽歌ちゃんが1歳くらいだったから、3~4年
  前くらいかな!!!
              毘沙門堂「不動明王」まえにて
b0092684_10362451.jpg

              毘沙門堂境内の雪におおはしゃぎの陽歌ちゃんと憂奈ちゃん
b0092684_10364127.jpg

              じいちゃん、ばあちゃん、お母さんと一緒に
b0092684_10365493.jpg

●KJ南北OB会世話人会
  昨年、KJ保護者OB会が設立し、今年の開催についての話合いが開催される。
  今年の幹事は11期生の保護者が担当で、開催日は5月25日(日)に決定する。
  KJの大田校長先生栄転されるので、送別会も行う。
  今年の14期生は創設以来の成績をあげ卒業した。前期の合格者が107名(162人)
 で、東大6、京大6、東北大14、北大2、東工大2、筑波8、横浜6と生徒の夢を叶える
 ために日夜奮闘した先生方に感謝します。
  これからも生徒の夢の実現のために頑張ってもらいたい。私たち保護者OB会は
 先生方を支援する会です。大いに盛り上がりました。
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-15 09:44
十二講(十二山大神)
          3月12日(水)6:00~7:00

 昨日から今日の準備で親戚の皆さんが集まり、堂作り・弓矢作り・的を作る。そして、恒例になった繁さん手作りの手打ちソバで一杯やる。
 私は議会真っ只中で、昨日は私の一般質問。家に帰ったらもう準備が出来ており、手打ちソバで一杯やっている最中であった。

 朝6時、佐太郎、清水端、茂三郎、小太郎、昌美屋、繁さんと集合する。洞(十二山大神)の前に、魚(めざし)赤飯、御酒神、弓矢を奉納し「山の神」に安全と山の幸の恵みにお参りする。
 昔は、一年で朝酒を頂けるのは今日だけだと、小太郎のじいちゃんが美味しそうに飲んでいるのが目に浮かぶ。そして忠一郎じいちゃんが、一年の作付けの段取りを話し、確か苗代の種まきの日を決めていた。
 昔から今日は、裸押合い大祭も終わり、一年の百姓の打ち合わせを親類でしたのだと思う。
b0092684_9362728.jpg

b0092684_9352385.jpg
b0092684_9353614.jpg
 
        
[PR]
by 2neyuki | 2008-03-12 04:49