人気ブログランキング |
<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
南魚沼地域「魚沼コシヒカリ」品質向上技術研修会
        7月16日(月)海の日

 10時13分に発生した地震で、開催が危ぶまれたが13時30分予定どおり開会する。
 会場の市民会館多目的ホールはほぼ満席になる。
 近年は異常気象が当たり前、どんな天気が来ようが、王者「魚沼コシヒカリ」は、品質・食味よくて当たり前。王者は常に王者でなければならない。
 北陸農業試験場の松村研究員の「営農環境からみたコシヒカリの高品質・良食味生産」の講演を興味深く拝聴する。近年「高温登熟」による品質低下の原因・対策について、自身の研究成果から話す。
 改めて感じたことは、難しい栽培でなく、基本的な栽培管理が大切と言うこと。
 ・地力の低下ー作土の浅耕化、・早い田植えー高温登熟障害、・土壌管理ー中干しと品質
 ・早期落水等々

 80歳になる元新潟県農業試験場長の国武先生の話から元気をもらった。
 演題は、魚沼コシヒカリへの応援メッセージ
           「コシヒカリ」の誕生と南魚沼地方の功績とこれから
 昭和31年にコシヒカリが誕生した時は28歳であり、本県で採用したときの情景を話す。
 「栽培法でカバーできる欠陥は致命的にあらず」の当時の杉谷場長の決断で誕生したと。
 国武先生の講義思い出した。話し方、声の張り、当時と全然変わっていない。まだまだ現役という。先生から見れば我々はヒヨコだ!前進あるのみと思った。
南魚沼地域「魚沼コシヒカリ」品質向上技術研修会_b0092684_8195476.jpg

by 2neyuki | 2007-07-16 07:13
中越沖地震発生
        7月16日(月)海の日
 
 午前10時過ぎに、お祭りのスイカを上村スイカ組合長の作業所に買いに行っていたとき、大きな揺れが来る。これは相当大きいと思った。ラジオで震源地が中越地区という。
 大和庁舎には幹部職員が続々集まる。柏崎は震度6強という。当市は5弱。
 10時30分に対策本部が設置される。職員は2人一組で管内の被害調査に飛び出していく。
 消防の幹部職員も庁舎ロビーで、情報収集している。
 次々と入ってくる情報に安堵する。管内の被害はほとんどない事を確認し正午過ぎ家に帰る。
 震度6強の柏崎の被害は大変だろうと思う!!
 当市の対策本部は17時30分に閉じる。
by 2neyuki | 2007-07-16 06:47
第5回「やいろKJ七夕交流会」
         7月14日(土)13:00~17:00

 KJ創設から続いているこの行事、6月に「山菜サミット」、8月に「魚の川サミット」と称して年2回開催してきたが、10周年を契機に7月に「やいろKJ七夕交流会」と銘打って開催することとした。一部がシンポジウムや講演会、二部が交流懇談会という構成になっている。
 ことしは井口市長が一部二部とも参加し、市長からは一部でKJへのメッセージと言うことで話して頂く。都内で開かれたある会合で、国際情報高校が会社のトップの方々に知れ渡っていることに驚くと同時に南魚沼市の誇りですと話す。西山さんからもKJ生の熱き思いを語ってもらう。KJ生の「心の成長」は、KJの各種の行事や交流から育まれたと言う話に感銘する。
 太田校長先生三回連続で雨にたたれ交流会は、今年も室内で行うことになる。
 (有)ウラコウの作業上が交流会場に40数名の参加者で盛り上がる。
第5回「やいろKJ七夕交流会」_b0092684_1664264.jpg
第5回「やいろKJ七夕交流会」_b0092684_1665788.jpg

by 2neyuki | 2007-07-14 15:45
越後浦佐33番観音様巡り
          7月8日(日)9:00~11:30

 公民館主催の33番観音様巡りにお母さんと参加する。柳公民館長さんの挨拶の後、全員元気に出発する。最高齢は85歳の北村さん、最小は4年生の山田さん。一行は昨年より多い20人。
 全長3.2㎞のコースのうち、地震、大雪で1番から4番までの沢のコースが滑落した樹木の流木等で大変荒れている。
 瞑想の森を通り13番から14番までの区間は「カタクリ」の群生があり、保存しようという話が話題になる。
 今、コースの整備について、色々検討中です。
        山菜「ミズナ」がいっぱい採れた。        
越後浦佐33番観音様巡り_b0092684_16314823.jpg
越後浦佐33番観音様巡り_b0092684_70642.jpg

by 2neyuki | 2007-07-08 16:23