2018年 10月 12日 ( 1 )
鮭のつかみとり    町内集合写真
●10月12日(金)鮭のつかみとり
 今年で3回目を迎える。
 子どもたちから川に親しんでもらおうと言う事で、漁業組合浦佐分会の鮭鱒部が3年前に鮭鱒部の積立金で実施する。昨年からは企業3社(井口建設、島田組、桐生工業)の協力と青少年育成会、地域づくり協議会、漁協組合浦佐分会が経費を分担し実施している。魚沼漁協からは格安で鮭の提供をいただく。今年は、海水温が高く鮭が上ってこないと言う。
 鮭は一千匹離しても2匹しか上がってこないので、5千匹くらいは帰ってきてもらいたいので、30万匹は魚の川に放すと言う。稚魚は一端海に出て、そして魚野川に4年かかって卵を産むために帰ってくる。
 子どもたちには鮭の話しや川の大切さと川は危険でなく親しんでいただきたい、川は生活そのものだよと。
 6年生40数人に、今までで魚野川で遊んだことのある人は手を挙げてと言ったら2人手を挙げる。まさに、学校も親も「川は危険、入ってはいけない」と指導している。
 今後は「魚野川」との向き合い方を、学校、保護者と検討研究しなくてはと思った。
b0092684_16575469.jpg
b0092684_16581159.jpg
b0092684_16582249.jpg
b0092684_16583208.jpg

●10月14日(日)新町町内記念撮影10時30分
 第一回目が平成元年に、第2回目が平成15年に
 今回が3回目で平成30年、平成最後の年に町内総出の記念写真。
 写真はプロの柳屋写真館さん
b0092684_17020196.jpg
b0092684_17020989.jpg
b0092684_12035237.jpg
b0092684_12034001.jpg


[PR]
by 2neyuki | 2018-10-12 16:39