人気ブログランキング | 話題のタグを見る
第4回JA新潟政策提案研究会
        8月29日(水)13:00~17:00

 今月下旬に、19年産米の仮渡し金が8月20日示された。
 コシヒカリは昨年より5千円安い1万円。魚沼は2千円ダウンの18,000円。
 コシヒカリは数年前の半値である。このことが、米の販売環境の悪さを物語っている。
 販売環境が悪かったら、こうならないうちに何故、対策や戦略を打たなかったのか!数年前からこうなることは解っていたのだろうが……。
 この米の問題が、そっくりJAの問題に当てはまる……!!

 今回で4回目の研究会となり、課題や問題点が浮かび上がり、論点の整理をする。
 現状の評価と問題を、事務局は組織、事業、経営ごとに整理した、まさにそう思う!
 <概括>として
  組合員の多様化+競争等によるJA事業の縮小・経営悪化 → JAの合併・支店等の合理化+従来型事業展開 → JAと組合員の関係希薄化進行+組合員の多様化深化+事業競争力の劣化 → JAの事業基盤縮小・事業縮小・経営悪化 → 不採算部門の縮小・廃止+要員削減→ JAと組合員の関係希薄化 → JAの事業基盤の縮小・経営悪化→JAの体制・事業・要員の合理化 → JAと組合員の関係希薄化 → JAの事業基盤縮小・経営悪化→JA体制・事業・要員の合理化 →→→ 縮小スパイラルに入る可能性

 1県1JAなどは、縮小スパイラルの到達点と思う。キーワードは「農業協同組合の理念」理念、無きところにJAは育たない。
by 2neyuki | 2007-08-29 11:27
<< 第21回浦佐温泉山岳マラソン健... 海外研修会「やまと」市長訪問、... >>