人気ブログランキング |
第3回JA新潟政策提案研究会
        7月31日(火)13:00~17:00
 
 20年度末までに、諮問された3つの課題について答申する。19年度末までに中間報告をする課題が
 3の「他業態との比較においても優位に立てる事業展開を進めるため、事業事に如何に対処すべきか。また、連合会機能は如何にあるべきか。」
  ・事業が低迷を続けるJA事業の問題は
  ・どのようにしてJAへの結集を高めるか
  ・JA事業のメリットを発揮・高めるには
 今このことについて議論しています。   

1.本県における経済事業改革の現状
2.各種調査結果による資料
   ・役職員ヒヤリング  ・営業体制等の現状アンケート  ・準組合員対応先進事例
   ・大口利用者に対する奨励措置
3.委員から要望のあった資料
   ・JA青年部、女性部組織の現状  ・組合員の加入脱退と週資金関係
   ・JAいわみさわにおける事業利用総合ポイント制
 上記の資料について、事務局より説明を受けて協議に入る。

 経済事業改革は確実に進んでいるが、生活事業では利益段階で悪化している。
 取組みの遅れているJAや取組みに消極的なJAがあると聞きあ然とする。
 役員幹部職員のヒヤリングで、ほぼ全員の方がJA事業の発展は難しいと思っているようで、がっかりする……!
 他業態では経営が成り立っているのに、JAでは何故・何故……!!
 このままで行けば、ますます、「いいJAと悪いJA」に2極化する。
  
by 2neyuki | 2007-07-31 13:26
<< 江戸川区立葛西第3中学校農村生... 政五郎そば屋さんで歌手「天領さ... >>