人気ブログランキング | 話題のタグを見る
魚沼コシヒカリ田植え
●5月15日~6月3日
 
 特産八色西瓜の定植が終わり、田んぼは、耕耘・荒掻き・代掻き作業をし田植え。苗は育苗場所で、草丈12~15cm、葉齢2.2葉、第1葉鞘長が4cmの健苗を育てる。農家のたゆまの努力の結果の豊穣の「土」と、天からの恵の雪からの「水」と朝晩の寒暖差の「気候」が、日本一の「魚沼コシヒカリ」を産む。50年くらい前は「コシヒカリ」倒伏して作りにくかったが、農家の日夜の技術革新で今日のコシヒカリになる。田植えの最盛期は5月中旬から下旬です。霊峰八海山と駒ケ岳をバックに魚沼基幹病院を横目に田植機(株・ウラコウ)は走る。
魚沼コシヒカリ田植え_b0092684_09010311.jpg



by 2neyuki | 2021-06-01 08:54
<< 浦佐を走る「聖火」 「欅の木」腐葉土入れ >>