人気ブログランキング | 話題のタグを見る
けやき「保存の会」
●11月22日(日)

 昨日の大根の収穫は雨の降る寒い中であったが、今日は汗が出るような陽気だ。
 毘沙門堂境内に「大欅」(巨木)8本が存在しておる。昔は普光寺の事を「けやき寺」といわれ、本数はもっとあった。
 その「けやき」が8月中旬頃になると落葉し始めたので、樹木医から診断。8本のケヤキのうち「吉祥欅」樹齢約500年(上杉謙信公が手植えした)「長寿欅」700年、「夫婦欅」500年くらいと推定していただく。その年から「根」への週一回の「活性剤」散布が始まる。そして、秋には境内に30個~40個くらいの穴を掘り、たい肥と活性剤の粒を入れる。作業を始めて3年ころから8月頃の落葉が止まり、葉っぱも活き活きしてきた。
 2年くらい休んだが、昨年からまた始める。(穴掘りは春と秋2回する。活性剤の散布は昨年からは月3回)
けやき「保存の会」_b0092684_16253353.jpg
けやき「保存の会」_b0092684_16254006.jpg
 

by 2neyuki | 2020-11-22 15:59
<< 我が家の「秋ごと」 我が家の「大根とり」 >>