人気ブログランキング |
樺澤住職様より感謝状を
●5月3日(日・憲法記念日)

 毘沙門堂「春季例大祭」は中止で、毎月3日の「毘沙門天御開帳護摩法要」が10時より毘沙門堂本堂で行われる。法要が行われる直前に、方丈様より「法要終了後に、大祭委員長退任の表彰状授与式を行いましょう」と話される。
 突然でとまどいがありましたが、毘沙門天を前に方丈様から表彰状の授与を受けたことは身に余る光栄でした。
 大祭委員長としての思い出は、平成16年に押合大祭が国の「無形民俗文化財に選択」され、浦佐地域民をあげての活動が始まる。毘沙門様に似合ったまちづくりをと「毘沙門様千年のまちづくり」がスタートしたこと。学術的な報告書の作成、映像(DVD)の作成とその活動が認められ、平成30年3月8日に宮田文化庁長官(佐渡出身)から「重要無形民俗文化財」に指定を受けたこと。そして、3月3日から3月第1土曜日(7日)に変更した初めての大祭が新型コロナウイルスで中止になったこと。少雪、大雪、講中等々の思い出とつきない。
 そして、10年間大祭委員長の任を務められたのも、大祭副委員長、勧募・奉仕・企画各部長と同級生(撒与講中)がいたればこそと思った。
樺澤住職様より感謝状を_b0092684_10584480.jpg
樺澤住職様より感謝状を_b0092684_10585162.jpg
樺澤住職様より感謝状を_b0092684_10590414.jpg
樺澤住職様より感謝状を_b0092684_10591012.jpg

by 2neyuki | 2020-05-03 10:14
<< 「幸之心」初節句 山門2階「天井画・壁画」修復前... >>