人気ブログランキング |
水行   青年団OB会・餅会緊急会議
●3月5日(木)

 今日から11日までの一週間が裸押合大祭。
 朝未明(5時)に年男(ささらを擦る井口巻頭主)は「うがい鉢」の水に入り、毘沙門天真言(オン ベイ シュラ マンダヤ ソワカ)を3回唱える。水行の後に毘沙門堂大手門前で言上を述べる。
 大祭委員長になり、大祭の無事故安全を祈り、年男が水行終わってから私も水行を行う。今年で10年目。5時はまだ真っ暗でうがい鉢の水は冷たい。数年前から私一人では、心細いのでささらすりで音頭をとる若手を誘う。

 不動明王前のうがい鉢に入り、真言を唱え、一日でも早い「新型コロナウイルス」の終息を願う。そして、水行後の毘沙門堂の扉が閉まっている大手門入り口前で再度真言を唱え、今年の大祭が無事に終わることと「新型コロナウイルス」の絶滅を祈る。
水行   青年団OB会・餅会緊急会議_b0092684_08391152.jpg
水行   青年団OB会・餅会緊急会議_b0092684_08391859.jpg
水行   青年団OB会・餅会緊急会議_b0092684_08392516.jpg
<青年団OB・餅会緊急会議>
 青年団を卒業した歴代の団長35人ほぼ全員が集まる。通常の会議だと6~7割くらいの出席だが、急な案内にもかかわらずほぼ全学年出席する。
 今日の昼に現団長は「青年団の法被を守るために、明日からの神事は最高幹部だけで行うと発表する」泣いて「我々も参加したい」と、訴えた次期団や団員もいたようだ。私もその話は。17時ころ聞く。いろいろの意見はあるが、一番つらいのは団長であり、団長の意見を尊重し、団員が欠け、手不足になるところはOB会が応援する。そして、大祭が終わった翌日の「多門青年団定例総会」も最高幹部と次期幹部のみで、団長の法被、団旗の引継ぎを行うという。その話を聞き目頭が熱くなる。
 新型コロナウイルスに対して、団長がそこまでするわけだから、我々OB・餅会は「法被は着ない。裸にならない」と発言があり、その方向で一致する。
水行   青年団OB会・餅会緊急会議_b0092684_09445288.jpg

by 2neyuki | 2020-03-05 09:03
<< 前夜祭  大祭当日  定例総会 「れいわ参」餅つくり >>