人気ブログランキング |
白山神社前夜祭  大祭団体長会議    餅会・OB会
●2月14日(金)

 ・15時から寺にて、警察、消防、JR、バス、区会、中学・小学校、商工会、観光協会、市の関係団体が集まり、青年団と大祭委員会から今年の大祭について話し、各団体から大祭について意見をいただく。
  コロナウイルスの件で発言もあるが、現時点では中止や行事内容の変更は無い旨をはなす。


 ・白山神社にて「春祭り」の前夜祭が行われる。祈年祭(としこえのまつり)というが、昔から「子供さんよ」と言っていた。
 今日は、明日の本祭りの前夜祭だが、前夜祭の方がにぎやかだ。18時半の神事が終わると、19時半からもち撒きが4回に分けて撒かれる。最後の2回は子供だけの参加です。
 私ども同級生で作る「撒与講中」は、60歳の還暦の時に白山神社の春祭りにもちを奉納しもち撒きに参加していたが、70歳で撒与講中を解散する。今年は同級生有志で「れいわ参」としてもちを奉納する。餅つくりは2月12日に行う。
 前夜祭(14日)と本祭り(15日)に参加し、五穀豊穣と災害のない一年を祈る。そして、オリンピックが無事に盛大に行われることと、地球上を震撼させている「コロナウイルス」の一日でも早い終息を祈る。
白山神社前夜祭  大祭団体長会議          餅会・OB会_b0092684_17163561.jpg
白山神社前夜祭  大祭団体長会議          餅会・OB会_b0092684_17170749.jpg

●2月15日(土)19時より「多門青年団OB・餅会会議」
 
 多門青年団を卒業すると2年間は、青年団の顧問、最高顧問として勤め、多門青年団卒業後10年間はOB会として青年団の行事に全面的に応援する。多門青年団を卒業すると、ほぼ全学年が「餅会」を組織し、大祭の一週間前ころに同級生で「もち」を搗き毘沙門天に奉納する。大祭当日は、その餅を参拝者に撒与する。現在「餅会」は40団体ある。
 参加者は、ほぼ団長経験者で、挨拶する団長、副団長緊張しているようだった。先輩諸氏に今年の大祭への協力要請をする。

 私ども同級生で組織する「撒与講中」は70歳を区切りとして昨秋解散した。解散したが有志で「餅」を奉納する。
白山神社前夜祭  大祭団体長会議          餅会・OB会_b0092684_14054033.jpg


by 2neyuki | 2020-02-14 16:58
<< びしゃもん市新年会    大祭... 講中訪問 >>