人気ブログランキング |
押合大祭「ねこかき」     毘沙門堂山門「天井画修復」講演会
●11月3日(日)「ねこかき」
 
 押合大祭に使用する祭具「ねこ」(ゴザ)を編む。多聞青年団最高幹部は今日は朝5時から準備をする。午前中は最高幹部が編み、午後からは全団員が参加。
 「ねこ」とは、今年収穫した稲わらを使用し「ござ」を編む。年初めに神仏で使用する「ござ」を「ねこ」と言っていた。
b0092684_18134529.jpg
b0092684_18140788.jpg


●11月4日(月)

 
 毘沙門堂山門の板谷桂舟が描いた「天井画および板壁画」来年から3か年を費やして修復をする。どのような手法で修復をするか等の講演会を開催した。
 講師は、修復を行う「仏像文化財修復工房の松岡誠一先生」
 天井画・板壁画は部分的に彩色層が剥離・浮いている箇所が見られることから、補色をしないで現状を維持するように修復する。
 普光寺の本堂を会場に、スクリーン2台を準備する。約80人くらいの皆さんがおいでいただく。
b0092684_18141575.jpg



by 2neyuki | 2019-11-03 18:17
<< 大祭前夜祭について    菊ま... 幸之心お宮参り >>