人気ブログランキング |
東京国立博物館へ
        5月22日(水)

 毘沙門堂山門「天井画・十六羅漢図壁画」(板谷桂舟が描く)を修復することに決定し、昨秋から準備をすすめている。1月に続き東京国立博物館を訪れる。朝日新聞文化財団の助成を得るべく申請書を作成し持参する。
 当日は「東寺展」を開催しており、入場するのに80分待ちという。私ども(二人)は入り口で来意を告げ打ち合わせをする。

 特別展は、空海にまつわる数々の宝物や、東寺の仏像や曼荼羅に目を見張る。東寺が1200年にわたり空海の教えとともに守ってきた仏像は異次元の世界だ。特に空海が作り上げた、曼荼羅の世界を体感できる15体の立像(国宝11体、十分体)は圧巻だ。
b0092684_12002996.jpg
b0092684_12003897.jpg

by 2neyuki | 2019-05-22 11:05
<< 西大寺・宮島・出雲大社の旅 浦佐区会山見(西山巡回) >>