大祭「講中」訪問
     2月11日(月)

 普光寺を8時半に出発し、越路インターで方丈様と合流し新潟市に向かう。
●沼垂講中(10時~12時)
 五十嵐講元、竹中さん吉岡さんをはじめ4人のかた(7人)が我々を迎える。仏様で住職がお経を、そして団長挨拶や青年団から3月3日のお願いや連絡(餅まきの時間、ローソク講中水行時間等)をする。そして、大祭の成功を祈り乾杯する。
 2月23日には普光寺に「講金」を持参し、お昼に撒与講中と合流する。
b0092684_11241650.jpg
b0092684_11242685.jpg
●豆八講中(13時~14時)
 歴史ある講中で、家の2階8畳間に毘沙門天が祀られている。2階に上がった青年団はビックリする。
b0092684_11243674.jpg
●見附講中(14時45分~16時30分)
 4本柱の一つに奉納する見附講中も多くの講員を有している。私の同級生がおり、同級生の案内(私が催促する)、地ビール工場を併設したレストランで、講中訪問の打ち上げをする。4種類のビール美味しかった。浦佐のイベントに出店できればと思った。





by 2neyuki | 2019-02-11 11:07
<< 山門天井画「板谷桂舟」 大祭餅会・多聞青年団OB合同会... >>