西山「フットパス」勉強会
         6月21日(木)

千手院の住職様の葬儀が行われる。行年76歳。多くの皆さんが送りに来た。

「フットパス」とは、イギリスを発祥とする、森林や田園、街並みなど昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと(foot)ができる小道(path)のこと。

 普光寺を起点に、旧三国街道、新町を通り黒沢から新幹線を真下に町屋に抜けて岩山境川まで4キロのコースを歩く。
 九州や北海道では数年前から定着しており、林市長が議員時代に九州の美咲町のフットパスを歩いており、ぜひわが市に定着をと試みがスタートする。

          ●県、市の担当者と出発前のミーテング
b0092684_16031390.jpg
 毘沙門様を起点に、このコースと、西山に3コース(秋葉様、薬師様・浦佐城、観音様・白山、浦佐スキー場)と魚の川、八色の森コースがとれる。今後案内板やマップを整備し誰でも安全に気軽に歩けれようにしたい。


          



        
 

[PR]
by 2neyuki | 2018-06-21 15:38
<< 第2回南魚沼市中国訪問団 KJ後援会理事会     寺総代会 >>