子ども園入園式   KJ高校入学式  浦佐小・大和中学入学式
●4月4日(木)第7回浦佐認定子ども園入園式
 0歳児から5歳児まで213名(定員230名)の園児が入園した。
 28日に卒園した「そら組」とホカホカの5歳児の「そら組」。一年であんなに成長するものかと驚く。就学前教育の大切さが言われて久しい。「しつけ」とか「善悪」は小さいときに身に着けることが大事だ。
 浦佐こども園の特徴は、外国籍の園児が多くいることだ。4月現在27名。多様性を日常で学べられることは貴重だ。
 わが孫・蓮太郎(3歳児・うみ組)は休みだ。何でと聞いたら、子ども園で胃腸炎が流行っており、蓮太郎が移されて、家で桜子に移ると大変だから休ませたと言う・・・・・・!!!
            ●先生方の紹介
b0092684_14171193.jpg


●4月6日(木) 県立国際情報高校第26回入学式
 ここ数年大きく生徒の定員割れがあり心配していた。
 3年前に県のある教育関係者に、KJ(国際情報高校)の定員割れについて聞いたところ、KJの定員割れは、もうう少し経つと落ち着く(中高一貫高校)から、あまり心配しないでと言われていたが・・・・・。今年は後援会も発足し、今までのように数十人も定員割れだとまずいなと正直思っていた。3月の高校受験の応募状況を見てホッと胸をなでおろした。特にKJに創設時関わった校長先生をはじめ関係者の皆さんも安堵したことでしょう。
 玉木校長先生は栄転し、前KJの教諭であった佐藤校長先生が来られる。KJの教諭が校長として赴任されるのは初めてだ。そして、KJの保護者でもある。確か7期から13期の6年間おられた。新校長先生の元、四半世紀を一つの区切りとして、新たなスタートと位置付けてもらいたい。今一度創設のKJスピリッツを確かめ子供の夢の実現にまい進してもらいたい。ハードルは高く・チャレンジ精神で。
        
         ●学校長に新入生代表が入学の宣誓を
b0092684_14342150.jpg


●4月7日(金)午前~浦佐小学校第50回入学式

  平成25年に、創立140周年記念事業を行っており50回とは?
  昭和42年4月1日に五箇小学校と一緒になり、その年から数えて50回と言う事です。

  今年の一年生は43名。全児童は258名。児童数が減少している中で、浦佐小学校は、魚沼基幹病院や国際大学等があり減少は少ない。
  孫の桜子が一年生で入学した。親は二人とも出席している。来賓席に、自分とお母さんも婦人会長で参加。家中で入学式に参加だ。

                ●名前を呼ばれ元気に返事する新一年生
b0092684_1524978.jpg


●4月7日(金)午後~大和中学校第49回入学式
 男子58名がつめ入りの学生服に、女子64名はセーラー服に身を包む。122名全員が大きめの服を着、緊張しての入場だ。
 小学校の卒業式の時は、中学の制服を着ていたので大人っぽく見えたが、入学式では同じ制服だが子供っぽく見える。
 中学の3年間で、ぐんと成長する。学力、知力、体力の面で、一番の成長期間だ。又、思春期真っ只中で心も大きく成長してほしい。
 大和中学の教育目標「自主独立」「敬愛互譲」のもと未来に向かう基を作ってもらいたい。

            ●担任自己紹介および全教職員紹介
b0092684_1525129.jpg





   
[PR]
by 2neyuki | 2017-04-06 18:05
<< 東京に 子ども園卒園式    大祭反省... >>