新嘗祭    常蔵「秋こと」    新酒ワインと音楽の夕べ
               11月23日(水・勤労感謝の日)

<白山神社新嘗祭>10:00~11:00
「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。
 全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝する祭りで、2月14日に五穀の豊穣を祈願した「祈年祭」と相対する関係にあるお祭りです。
  今では「動労感謝の日」として、国民の祝日で、命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれている。

          ●白山神社新嘗祭神事が厳かに行われる
b0092684_16534870.jpg

          ●「秋こと」に来た宇都宮の大介も神事「玉串奉天」に参加
b0092684_16563410.jpg

b0092684_1656389.jpg


<常蔵「秋こと>12:30~15:00
  我が家・常蔵では、昔からこの祭日(勤労感謝の日に)に、常蔵から嫁に行った女しょを家に呼び、一年間、家事、育児、農作業と頑張ったので一日(昔は三日くらい泊まったようだ)ゆっくりしてもらうことから始まったようだ。今は、親戚のお母さんがたを呼びます。その時の料理は手作りでもてなすことが習わしとなっている。ここ3年くらい前から仕出しをとるようにしたが、今年はお母さん頑張って全て手作り料理。
  つくしんぼの会長六郎さんと大介君が新米コシヒカリをとりに来るので、「秋こと」に参加をと声をかける。
b0092684_179296.jpg

b0092684_1791699.jpg

<新酒ワインと音楽の夕べ>17:00~20:00
  いつもは11月22日・いい夫婦の日に開催するのだが、今回は23日になる。いい夫婦の日だから参加者のほとんどは夫婦での参加。
  今回初めて林新市長が夫婦で参加する。松原県議、黒滝議長、小沢議員、清塚議員も夫婦で参加。種村会長、松原県議も開会の挨拶で先の市長選挙に触れ、和気あいあいのうちに盛会の会となる。

              ●林新市長感謝とあいさつを
b0092684_1717525.jpg










 
[PR]
by 2neyuki | 2016-11-23 16:38
<< 「びしゃもん市」感謝のまつり 講演会(江戸幕府御用絵師「板谷... >>