毘沙門通り「小さなまつり」   300名山登頂祝賀会
              9月25日(日)10:00~14:00

 5月3日、5月6月7月の第4日曜日、8月は休んで、小さなまつり後半スタート。
 小さなまつりは、「びしゃもん市」「軽トラ市」「ストリート芸能」の3本で成り立っておる。久しぶりの好天で多くの皆さんが会場に足を運ぶ。
  私は、来場者が少ないかなと心配で、9時ごろから宣伝カーで町内を回る。
               
                ●商工会のサンマ焼きが大好評
b0092684_15243275.jpg

                ●ストリート芸能「一坊」の熱唱に会場は拍手
b0092684_15244596.jpg

                ●お目当ての軽トラ市は人だかり
b0092684_1525195.jpg


<日本三百名山登覇を祝う会>16:00~
  家のおじさんが百名山を挑戦し終えたとき、大したものだ、すごーいと思った。羽吹さんはその三倍300名山、とても私には考えられない。すごいことだ。何よりも、家族と奥様の理解、そして友人と会社の応援があったればこそ成し遂げた。それができたのは、羽吹さんの人柄につきると思います。そして、人の面倒見がいいのではないかと思う。私は前から知ってはおりましたが、昨年中国訪中団として同行してから盃を重ねる機会が増えてその人柄に魅了された一人です。
  登山は、ほとんど一人で行くと言う。そうだよな二人三人の場合、日程調整だけでも大変になる。それにしても山です。一人は危ないと思うが・・・・・・・・。
  今後は「花の白名山」を目指すと言う。そのあくなき挑戦が若さとエネルギーの源と知る。羽吹さんから、人生常に挑戦する姿勢が大切と学ぶ。
  宴は山仲間、近隣首長、警察、県、役所とその顔触れは多彩だ。100人からの宴は時間の経つのも忘れて遅くまで続いたように思う。

                 ●挨拶する羽吹さんご夫婦
b0092684_1611988.jpg

b0092684_1613722.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2016-09-25 15:17
<< 池田記念美術館ゴルフコンペに ... 親子田んぼ教室   基幹病院稲... >>