関新一元大和町長葬儀
             4月25日(月)9:30~15:00

 20日この日、午前中ウラコウに行く。種村元県議会議長より11時頃携帯に電話が入る。「関新一さんの家に電話するが要領を得ない。どうも大和病院にいるらしい。何か知っていないか!・・・・・」「今出ているのでお昼に大和病院に行ってみます」と話す。12時半ごろ大和病院に行こうとしたが、状況を少し知っていて行った方がいいと思い、山崎さん宅に電話する。詳しい話は言わなかったが、「行かない方が良い、今、身内の全員が集まっている」と言う話・・・・・・・。
 その話から、これは大変なんだなと感じる。それから。十数分後、北村洋成から「関新一さん」亡くなったとの連絡が入る。早速種村先生に電話する。井口市長、松原県議等に連絡する。
 15時ころ自宅に行ったら、種村先生が来ていた。田邉会長もいられた。元大和町長だから、私どもは元町と呼んでいた。家のおやじとは同級生。5月には、元町が幹事で花見をすることになっていたと言う。

 今日は大変良い天気で、大勢の人が最後の見送りに来た。
 私には、お斎の時に、元町の話をしてと言われる。種村先生の弔辞に胸が熱くなる。私は、保物毘沙門天のご開帳の実行委委員長、その後のまちづくりと、国際情報高校は県立高校だが、創設当時(関さんが町長)、大和町立高校のようだと言われた等々の話をする。
 今の大和地域(新幹線、基幹病院、国際大学、北里、国際情報高校)があるのも、元町のおかげと言っても過言でありません。本当にご苦労さまでした。そして、ありがとうございます。安らかにお眠りください。合掌。
b0092684_12193391.jpg

b0092684_12194467.jpg


 
[PR]
by 2neyuki | 2016-04-25 11:50
<< 新潟県農業技術学院同窓会南魚支部総会 春季消防演習 >>