「びしゃもん市」小さなまつり   押合大祭餅会多聞青年団OB会会議
               9月27日(日)

<「びしゃもん市」小さなまつり>
 天気を心配したが、絶好のまつり日和となり、大勢いの町民の皆さんが、毘沙門通りの「小さな祭り」においでいただく。
 毎月第4日曜日を、毘沙門通りを歩行者天国として、「まつり」を開催している。お祭りは大きく3本の柱からなる。①がストリート芸能祭 ②が軽トラ市 ③が商工会を中心とした出店。今回のメーンは「サンマと新米おにぎり」。定番は「びしゃもん焼きそば」
b0092684_7123159.jpg
b0092684_712406.jpg
b0092684_7125769.jpg
b0092684_713585.jpg
b0092684_7132399.jpg
b0092684_7133713.jpg
b0092684_7134773.jpg
b0092684_714392.jpg
b0092684_7142177.jpg
b0092684_714329.jpg


<押合大祭餅会多聞青年団OB会会議>19:00~20:00
 お寺の庫裡に、ほぼ全員の多聞青年団団長OBが集まる。
 今日の会議は、夜の行事時間を一時間を前倒しすると言う、多聞青年団始まって以来の大きな変更だ。
 今年、5月に多聞青年団にその話をし、お盆ごろまでにその結果をと言っており、先般、大祭正副委員長と多聞青年団正副団長会議で合意を得、その後、樺沢住職と井口健一郎氏と協議し、今回の会議となる。
 出席者30人全員からご意見をいただく。ほぼ全員の方から1時間前倒しについて賛同を得る。
 この間、多聞青年団が多聞青年団OB会や顧問の皆さんに相談していたおかげだった。
 今日の結果を受けて、10月中に「押合大祭委員会」を開催し決定を見たい。
[PR]
by 2neyuki | 2015-09-27 07:02
<< 農林年金役員会  南魚版CCR... 八色の森健康ウオーキング大会 >>