浦佐白山神社夏まつり    兼続公まつり
             7月19日(日)

<浦佐夏まつり>
 神社神殿にて行われる3回の神事に参加する。7月18日(土)18時30分より前夜祭神事、7月19日(日)9時より神幸祭神事、7月20日10時より報賽祭神事。18日と19日には「浦安の舞」が奉納される。今年は、兼続公まつりと重なったために、神輿渡御について行けなかった。
          ●7月18日浦安の舞
b0092684_16154072.jpg

          ●19日神輿出発
b0092684_16162665.jpg
b0092684_16163380.jpg
b0092684_16164681.jpg


<兼続公まつり>
兼続公時代行列に「上杉景勝公」役で参加する。雨の心配もなく行列の先頭で歩く。
 この「兼続公まつり」市の一大エベントだから、スケールを大きく開催する必要がある。「義と愛」のまちづくり、「義と愛」の精神を教育にと・・・・・・数年前に掲げたが・・・・。その実現に向けて、時代行列に各小学校から参加するようにし、各学校で「兼続公」の義と愛の精神を学ばせる。米沢市の兼続公の義と愛の精神が生活に息づいている。100年、200年かかって今があると思う。南魚沼市は、NHK大河ドラマからまだ5年しかたっていない。その時にほとんどの市民が「直江兼続公」の事を知り「義と愛」を学ぶ。今では、ほとんど兼続公の「義と愛」に触れることが無いので、祭りに参加することで、義と愛を学ぶようにする。そして、一般市民も兼続公まつりに参加する工夫が必要だ。
             ●いざ出陣!
b0092684_1640362.jpg

b0092684_16402021.jpg

 友好都市米沢市の歓迎会に出席する。
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-19 16:03
<<  講習所50期同級会 中越地区長岡農業高校OB議員の会 >>