イースタンリーグ公式戦ジャイアンツ対ライオンズ観戦
             6月21日(日)

 心配した雨もほとんど降らなく、雨具を準備したが良かった。12時半からの試合開始で球場には11時ころ着く。雨は開会式セレモニーの時に少し降っただけであった。そして、試合が終わり帰りの16時ころには大雨になる。野球音痴の女房だが、面白かった楽しかったと言っていた。
 この新たな野球場の名前は、4月1日からネーミングライツにより「南魚沼市ベーマガ スタジアム」となる。命名権者であるベースボールマガジン社と指定管理者(ベースボールマガジン社、ミズノスポーツ、佐藤スポーツ)とともに、スポーツの振興はもとより地域活性化の拠点施設になるようにしなければならない。

        ●開会式セレモニー
b0092684_1282661.jpg

        ●熱戦が繰り広げられる。
b0092684_1284841.jpg

b0092684_129495.jpg

 随所に好プレーが見られさすがと思わせる場面が多くあった、息詰まる投手戦になり、1対0でジャイアンツが勝つ。少年野球のチームや中学の野球部が観戦に来ていたが、プロの試合を観戦しどのような感想を持っただろうか。
 始球式は、ソチオリンッピック銅メダリストの小野塚彩那選手。見事なストライクを決めて満場の拍手を浴びる。野球選手からも握手を求められていた。
 野球場に隣接の多目的グランドは5月24日にオープンし、多くのサッカー少年がグランド狭しと球を追っていた。既存の20面テニスコートと併せ県内を代表するスポーツ公園だ。これからは筑波大学から取得した6ヘクタールの敷地を開発し更なるスポーツ公園にすることが大切だ。
[PR]
by 2neyuki | 2015-06-21 11:19
<< 大崎地区戦没者招魂慰霊祭 坂大一二を偲ぶ会  冬季オリン... >>