坂大一二を偲ぶ会  冬季オリンピック招致の会  県立KJ高校歴代PTA・育成会長懇談会
           6月20日(土)

<坂大一二さんを偲ぶ会>11:30~14:00
 坂大トキエさんのあのパワー(東京やまと会の役員、ヒマラヤトレッキングへ14回)はどこから来るのかと思っておりましたが、今回の偲ぶ会に出席し素晴らしい旦那さんがいたからなんだと思った。旦那さんとは面識はありませんが、八色の森公園の「むかしや」に多くの貴重なわら細工の教本と作品が寄贈されている。わら細工をとおして民俗学的な研究もなされていたと言う。
 川崎市の「民族製作技術保存会」の中島氏の話を伺い、すばらしい作品と書籍が寄贈されたのだと改めて思った。わら細工は日本の伝統文化そのものだと思う。昔はどこの家でも冬になれば、藁で縄やみの、むしろ、草鞋等々を作っていた。当たり前の仕事であった。
 今は、正月用の〆飾り程度で、南魚沼市からわら細工を製作する人がいなくなり、このままでは自然に無くなってしまう。南魚沼市も民族学的な見地からわら細工を見直ししっかりと後世に残していくことが重要と思った。特に日本一のコシヒカリの産地であらからこそ・・・・・・。
b0092684_10411711.jpg

<冬季オリンッピックを誘致するシンポジウム>15:00~
 雪国青年会議所主催で2回目のシンポジウムが開催される。
 「オリンピックの風景」と題して、皆川健太郎氏(4度のオリンピック出場)と土屋龍一郎氏(長野オリンピック長野市青年会議所理事長として運営に携わる)より講演があり、その後、お二人によるトークセッションがある。
 私は、16時からの会議があるためにお二人の話は聞けれなく残念であった。井口市長と湯沢田村町長も
挨拶する。塚田参議院議員も提唱しており、急きょ駆け付けるそうだ。
 冬季オリンピック招致をマジメに考えてみよう会議~できない理由をできる理由に~
 この、題目を掲げ活動している。各種の団体に呼び掛けて、秋ごろには県知事に提言書を出したいとしている。私も来賓紹介で「南魚沼市議会も、応援します」と話す。

<県立国際情報高校歴代PTA会長・育成会長懇談会>16:00~19:30

 来年KJは、創立25年を迎える。PTAでは、数年前から後援会設立の声が上がっては消えていた。創立4半世紀のこの時に後援会を誕生しようと機運が高まり今回の会になる。
 歴代のPTA会長12人中8人と歴代育成会長7人と現役の会長が集まる。
 自己紹介で設立については全員異議なし。後援会に入らなければならないような又は、入りたくなる目的を明示しようと。例えばと提案する。創立50周年で「PTA会館(仮称)」を作るために後援会を立ち上る」とかはどうだろうかと・・・・・・・今後趣意書等は内容を詰めることにする。
 会議はちょうど1時間、その後懇親会に移る。
[PR]
by 2neyuki | 2015-06-20 09:56
<< イースタンリーグ公式戦ジャイア... 南魚沼市「中国訪問団」結団式 >>