けやき保存の会
             6月13日(土)13:00~16:30

女子ワールドカップ、なでしこジャパンカメールーンに2対1の勝利を見届けて、普光寺境内に行く。
 毘沙門堂境内には7本の「けやきの巨木が」ある。
 6年前(天地人・NHK大河ドラマ)境内で群馬県からの参拝客に「上杉謙信公お手植えの”けやき”はと問われ、とっさに「吉祥欅」と命名された欅があるのでこれですと教える。毘沙門堂別当普光寺は「吉祥山」と言われており、その名前がついている欅ですから。その他に「長寿欅」と「夫婦欅」と3本に名まえがついている。
 そういうこともあり、県からの紹介による「樹木医」から、診断してもらう。樹木医曰く「一か所に7本もの欅の巨木があるのは県内でここだけですねと・・・・」と言われ「相当弱っています」の診断・・・・・・。

 それから、早速有志を募り週に一回活性剤の散布が始まる。春と秋に境内に数十か所穴を掘り、たい肥と活性剤を入れる。
 数年前から、夏ごろになると欅の葉が落ちてきたが、2,3年前からそういう兆候は無くなってきた。

      ●「毘沙門堂山門」。山門には毘沙門天に仕える28使者が安置。 
b0092684_6265111.jpg

      ●上杉謙信公が手植えされたと言い伝えれれている「吉祥欅」
b0092684_6321553.jpg

      ●樹齢700年の「長寿欅」
b0092684_633730.jpg

      ●毘沙門堂と吉祥欅~作業を終えて
b0092684_634928.jpg

      ●住職様を囲み寺庫裡にて慰労会
b0092684_635689.jpg














 
[PR]
by 2neyuki | 2015-06-13 17:24
<< 第6回南魚沼グルメマラソン  ...  浦佐「ゴルフコンペ」 >>