三条市合併10周年記念式典
           5月10日(日)10:00~

 三条市、下田村、栄町の三市町村による「新三条市」が誕生する。新潟県のほぼ中央に位置する三条市は「ものづくり」まちである。先人たちが築いてきた「ものづくり」の歴史は古い。燕市は金属洋食器、三条市は作業工具から生活にマッチした製品や各種の部品を作り出している。世界有数の高度の技術の集積地として進化し続けている。
 ものづくりの「技」「デザイン」はどこから生まれるのか、三条に学ぶべきところが一杯ある。
 こんな話がある。石を投げると社長さんにあたる。まさに社長さんが職人のまちだ。

 4.29に上越市と妙高市、5.2に米沢市、5.5~6とプライベートで粟島浦村に、5.8は松之山、5.10は三条市。どこの自治体も、それぞれに歴史があり物語がある。少子高齢・人口減少を抑制させる、絶対的な施策や手法は無いが、夢を持ちアクティブに挑戦するところに未来はあると確信する。

[PR]
by 2neyuki | 2015-05-10 08:51
<< NPO湯沢砂防総会 松之山地すべり防災50周年講演会 >>