人気ブログランキング |
浦佐認定こども園第3回卒園式
            3月28日(金)9:15

 浦佐の保育園と幼稚園が一緒になりこども園としてスタートし3回目の卒園式。
 そら組54名が卒園する。先日浦佐小学校の卒業式が行われたが卒業生は42名で、こども園の方が人数が多い。浦佐小学校に入学が48名、大和の3小学校に5名が、東京にが1名。少子化が進んでいる中で、卒業生より入学生が多いと言うのはここ浦佐だけだ。
 今後、基幹病院の開院等でこの傾向は続く。今でもこども園は満員状態なので何とか対策を立てなくてはいけない。こども園の中にある「学童保育の教室」を他に移動することで対応できるのだがなかなか進まない。
 大和中学に空き教室があるのだから、充分学校と協議し学童保育の移動をしなくてはいけない。

孫が二人お世話になっており、今年度は年長組と4歳児です。秋には未満児がお世話になるかも!

          ●卒園式の様子です。
浦佐認定こども園第3回卒園式_b0092684_655489.jpg
浦佐認定こども園第3回卒園式_b0092684_656098.jpg


 一人一人卒園証書を園長先生から授与され、回り右をして、その卒園証書をお母さん、お父さんに渡す。その時に大きくなったら〇〇さんになりたいです。と、又は楽しかったことを話しました。
 大きくなったら何になりたいと話した人は41人で、野球選手が5人、サッカー選手が5人、お花屋さんが4人、こども園の先生4人、アイドルにが3人、電車の運転手が3人、医者に2人、バレリーナーが2人、警官にが2人、他にはパイロット、本屋さん、エレクトーンの先生、看護師さん、ガソリンスタンドに、ケーキ屋さん、スケート選手、ピアノのが上手に、学校の先生に、消防士に・・・・・・。
 その子供たちの夢の実現のためには、しっかりとした学力をつけさせてやることが大切だ。現状の小中学の学力では物足りなく、子どもたち一人一人の夢の実現は難しい・・・・。議員として教育環境の整備の充実と、しっかりとした学力が身に付くようにしなくてはと思った。

<新潟わく井の会>17:30~
 幹事は元中央会常務の重野さん。ほぼ毎月、県中央会の近くの「わく井」という居酒屋で会合がある。
 メンバーは、新大の伊藤先生、日報の木村社長さん、元アナウンサーの中山さん、同級生の堀江、米屋さん、普及員、中央会のOB職員、農業新聞の村松さん、そして、ときどきゲストも来る。
 豪華メンバーだから、日程調節がつかなく、今回は私の日程に合わせてくれる。伊藤先生は20時ころになると来ると言うことであったが、帰りの電車の関係で伊藤先生には会えなかった。
 多様なメンバーですので、毎回勉強をさせてもらっています。都合がつけば「わく井の会」はできるだけ出席したいです。そして、ここの料理が美味しい。まさしく、お袋の味とはこのことだと思う。また、必ず誰かが地酒を持ってくる。今回は堀江がブラジルのお土産(バナナを乾燥させたもの)を・・・・。自分は「鶴齢」を持参する。 
by 2neyuki | 2014-03-28 06:39
<< 小雪(外孫)の誕生会 中華人民共和国新潟総領事就任パーテー >>