人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 原子力発電所「講演会」
              4月20日(土)14:00~16:30

 講師は小出裕章氏。氏は京都大学原子炉実験所の助教授。専門は原子力安全。常に被害を受ける人々の立場に立ち、原子力の専門家として、そのリスクや問題点の研究に取り組み、住民の原子力反対運動と共に歩んできた。
 
 講演では、福島第一原発はいま、どうなっているのか?危険は去ったのか?除染はできるのか?瓦礫をどこで受け入れるのか?海の汚染は?子どもの命を守るために何をすべきか?

 会場からの質問も多く出る。上越から来たお母さんが「子どもを屋外プールに入れたいが放射能が怖くてどうすればいいか?」先生は「プールには放射能がある。しかし、プールに入ることは子供の成長に大切だ。」どちらを選択するかは親の責任ですと。ただし、プールの清掃はきちんとすることが大前提と言う。

   ●講師の小出先生。1000人から入る市民会館は全県から来られた方でほぼ満席となる。
 原子力発電所「講演会」_b0092684_20533960.jpg
 原子力発電所「講演会」_b0092684_20534712.jpg


 
by 2neyuki | 2013-04-20 20:28
<<  裸押合大祭委員長お引き受けする 大和地域行政区長会 >>