大泉「風のがっこう」~白石農園視察
           5月17日(木)

 練馬区農業体験農園、白石農園を視察する。
 体験農園は、練馬区に16戸あり、農家が開設運営している。栽培する作物の選定、作付計画は園主が行い、種、苗、肥料、資材、農具なども用意する。園主が野菜作りの講習会を開き、利用者は、作付から管理収穫を行う。1区画の面積は30平方メートル。
 白石さんの言葉を借りれば「私の代わりに農業をしてもらっている」という。
 
<白石農園の概要>
    経営面積 130アール(内ハウス10アール)労働力2名+精神障がい者4名
      ・農業体験農園「大泉風のがっこう」   55アール    
      ・約40種類の野菜生産           60アール   
          出荷先~庭先販売、JA直売所、学校給食4校
      ・ブルーベリー摘み取り園         20アール  
                            
    ●現在50アールの農地で125組の利用者。
    ●一人当たり30平方メートル、年間43,000円の利用料。
    ●種、肥料、農機具等の資材はすべて準備する。
    ●年度の初めに1年分の収入が先に入る。労力が半分以下に軽減されたことから、
     他の畑に労力を費やされ他の畑の売り上げ増になった。そして、直販のお客様にもなっている。

 16件で練馬区農業体験農園園主会を組織している。練馬区は500戸位の農業者がおり、100戸くらいが専業。練馬には東京の農業の4割がある。東京に体験農園は70件、所沢に2件ある。
 
 園主白石さんが中心となり現在のシステムを構築したようだ。大都会の混雑の中で、農園は一種のオアシスのようだ。私どもが視察しているときでも、数人の方が管理や収穫に来ていた。農業は消費者とともに歩むことが、日本農業の再構築と思った。都会だけでなく、私どもの地域でも内容ややり方を検討し、「体験農園」は必要と思った。
b0092684_1731295.jpg
b0092684_1732297.jpg
b0092684_1733084.jpg
b0092684_173399.jpg
b0092684_1734687.jpg



   
[PR]
by 2neyuki | 2012-05-17 17:31
<< 第3回「生ビール&鮎まつり」準備会  黒沢山見&道整備    新町花見 >>