フラダンス発表会
         6月21日(日13:30~15:30)

 「ようこそ“さわらび”にお出でくださいました。私がここで挨拶するのが、何故!と不思議がっている人がいると思います。私とフラダンスの引き合わせは、4年前の佐々木先生との出会いから出す。先生は確か上越市の出身の方で、荒川区新潟県人会に加入されており、新潟県がこれだけ廣いのに、毎年十数年も当地にお出でにおなっており、4年前に隣の三兵衛どんのヨッコの縁で私が案内をさせて頂いてからのおつきあいです。佐々木先生がフラダンスの先生であったなんて事は知りませんでした。フラダンスと言えば浦佐でサークルでフラダンスをされている方が、敬老会で発表する時しか見たことがありませんので、こうして、本格的な発表会でフラダンスに接するのは今日が初めてです………」
 
 と、フラスタジオ ホアピリ新潟校 第1回発表会で、来賓として挨拶しました。さわらびの400席がほぼ満席になるほどの盛況にはこれ又ビックリしましたし、挨拶も私だけというのも驚きです。

 フラダンスのフラは、ハワイ語で踊りという意味です。フラダンスというと踊り踊りという意味になりますね。本当はフラというのが正しいようです。
 フラダンスの歴史は、古くからハワイの伝統舞踊として伝わってきたとそうです。ハワイの人達が文字を持っていなかった時代に神様への祈りの表現としてできたものだそうです。同時にフラダンスはその時々の出来事を未来に残していくという役割を持っていたそうです。

 発表会は1部は西野先生の生徒が、11組その成果を舞台で見せて下さいました。最後に西野先生が踊りました。2部は西野先生が師事している佐々木朱鷺子先生、カパフル オ カ プアメリアの皆さんです。最後に全員で踊られました。

 佐々木先生はメリアクムの日本の東京校カパフラ・オ・カ・プアメリアを主催。日本各地で指導なされている。本場ハワイのメリアクムのフラを日本に紹介しており、来月には3週間ほどハワイに行くそうです。また、国際交流協会の理事をなされております。

 それにしても私がフラダンスに接するとは思っていませんでしたが、今、フラダンスは静かなブームだそうです。うちの嫁さんも西野先生のことは知っており、フラダンス習いたいと思っていたそうです。初めて見る方はフラダンスのファンになります。
 ビデオ、カメラ等の撮影は禁止でしたので、写真でお見せできないのが残念です。
[PR]
by 2neyuki | 2009-06-21 15:15
<< 大和中学校評議員会 大五郎&あゆみさんおめでとう! >>