人気ブログランキング |
我が家の「お盆」


# by 2neyuki | 2019-08-13 11:54
JAみなみ魚沼第1回通常総代会
●7月31日(水)JAみなみ魚沼第1回通常総代会
 3月1日に新生JAが誕生し、記念すべく第1回の通常総代会(総代500人)が開催される。
 しおざわ農協と魚沼みなみとの合併。平成12年に、六日町と大和が合併し、塩沢と湯沢が合併し郡内2農協であったが、ようやく1農協になる。
 新生JA小倉組合長、農業生産「100億円」(現在約70億円)の産地を目指すと力強い挨拶であった。益々産地間競争が激しくなる中で、合併の強みを活かし、今まで以上にきめ細かく、現場に出向いての活動が求められる。
b0092684_15513754.jpg


●8月1日(木)16:30~

 百姓の堀江と塩沢信用組合の小野沢理事長から組合の事業について話を聞く。
 「魚沼のみらい基金」は日本初だ。その取り組みは、国や全国から注目を浴びており、小野沢理事長の経営手腕がなさるところだ。
 数年前にノルマは廃止し、計画は本部で作ると言う。職員は事業者への経営支援に専念してきたことが組合の業績向上につながっていると思った。
 そして、令和の時代は、スケールメリットではなくスモールメリットだと。

 理事長に就任したのが2008年、2009年の決算は4億5千万円の赤字であったが、10年連続の好決算を達成する。

 魚沼地区を営業エリアとし本部と5店舗を有し、約1万2千名の組合員の小さな小さな組合の活動は、多くの示唆を与えていただいた。「しおしん」から多くのことを学ぶ。



●8月3日(土)10:00~11:40「御前立て本尊開帳護摩法要」

 毎月3日は、毘沙門堂にて毘沙門天のご開帳が行われる。そのお護摩にあたるためにお参りに来る。今年から寺の総代が参拝者の案内等を行うことにする。
b0092684_15514727.jpg

# by 2neyuki | 2019-07-31 15:03
第10回 夕涼み「生ビール&鮎まつり」
        7月28日(日)

 13時30分スタートする。今年で10回目を迎いたまつり、大きな浦佐の夏のイベントとなる。最初の時は寿多屋さんから鮎を焼いてもらった。平成23年の時は豪雨で中止となり、チケット代金を返金した。来場者の方からは「鮎」が美味しい。ビールもうまい。そのことが年々盛大になった。そして、欠かせないのが「ステージ」だ。浦佐の「生ビール・鮎まつり」と言えば、「葉月みなみ」さんのステージだ。商工会、料飲店組合、軽トラ市の皆さん、忘れてならないのが「びしゃもん焼きそば」のびしゃもん市の皆さん。スタッフ総勢100名のみなさんのおかげです。
b0092684_14332502.jpg
b0092684_14333891.jpg
b0092684_14335113.jpg
b0092684_14341058.jpg
b0092684_14342303.jpg
b0092684_14343545.jpg
b0092684_14344554.jpg
b0092684_14345594.jpg

# by 2neyuki | 2019-07-28 14:20
新潟県農業技術学院同窓会
         7月27日(土)

●11:30~12:30「同窓会総会」12:35「懇談交流会」
 母校が閉校し12年。明治29年に県農業試験場内に、農業指導者を養成したことに始まり、この間3700名の農業改良普及員をはじめ農業指導者を輩出してきた。私どもは昭和45年・県農業講習所第50期生。私どもは、新潟県農業を支えてきたという誇りがあり、これからも地域農業の発展に関わって行こうと、毎年同期会を行っている。

 会員は現在も245名おり、現場で頑張っている同窓生も大勢いる。母校は閉校したが、同窓会はまだまだ続けなければならないと思う。県内に15の支部があるが、6の支部が休眠状態で会費納入が怠っている。母校が閉校するとこうなるのだなーと思った。今後に向けて今年が正念場の年とおm乗った総会だった。
b0092684_14125870.jpg
b0092684_14132204.jpg



  

# by 2neyuki | 2019-07-27 13:46
神楽阪「阿波踊り」
          7月26日(金)

 午前中「生ビール&鮎まつり」の準備に参加し、正午の新幹線に飛び乗る。

 東京も暑い、飯田橋に降り神楽阪通りのほぼ中央にある「毘沙門天善國寺」を参拝し、ホテルに荷物を置き一休み。阿波踊り「なにがし連」の連長谷水さんと17時に「毘沙門天」で会う。

 谷水さんは「なにがし連」10周年の記念で、今年の押合大祭に本ローソクを奉納し、裸押合いに参加する。「毘沙門天」の縁で神楽坂の阿波踊りに来た。

 本格的な阿波踊りを観たのは初めてでしたので、皆さんのチームワークと熱さには感動しました。19時から21時まで2時間踊りっぱし、20連くらい出場していたのか。どの連も見事でしたが、「なにがし連」の踊りは頭一つ出ていたように感じました。
 17時から谷水さんが、江戸から引き継ぐ伝統と歴史の街「神楽阪」を案内していただく。18時に津久戸小学校に集合し打ち合わせと踊りの確認。そこで、私の紹介があり「サンヨ節」を歌い紹介としました。
 
 踊りは、赤城神社から神楽坂上、神楽坂下から神楽坂上、最後の輪踊りと三カ所で見学しました。最後のなにがし連、観客と一体となっての阿波踊りで私も輪の中に入りました。
 そして、22時の打ち上げでは、それぞれの班?の代表のコメントと「ヤットサ」で終わる。
本当に阿波踊りに浸りました。
 そして、私が、打ち上げ会場から帰るときに「サンヨ・サンヨ」で送って下さいました。胸がジーときました。
 本当に皆さんご苦労様でした。次の日土曜日は、もっともっと燃えたのでは・・・・・。

         ●今年の裸押し合いに奉納の「なにがし連」のロウソク
b0092684_13242709.jpg
         ●谷水連長の案内で神楽阪を堪能
b0092684_13420634.jpg
b0092684_13371635.jpg
         ●18時津久戸小学校に集合、谷水連長から指示や練習がはじまる。
b0092684_13370180.jpg
b0092684_13374987.jpg
b0092684_13375452.jpg
b0092684_13374016.jpg
         ●阿波踊り「なにがし連」
b0092684_13380638.jpg
b0092684_13381448.jpg
b0092684_13384523.jpg
         ●踊りが終わり「毘沙門天」前で集合写真
b0092684_13390542.jpg
         ●1日目の打ち上げ会場での反省会
b0092684_13392795.jpg
b0092684_13394304.jpg

# by 2neyuki | 2019-07-26 12:52
生ビール&鮎まつり実行委員会
         7月23日(火)19:00~28:00

 まつりを5日後に控えて最後の会議。今年で10回目となる記念のまつり。びしゃもんどおりを活性化させたいと始めた「小さなまつり」(毎月第4日曜日開催)7月はバージョンアップし「生ビール&鮎まつり」毎回大勢の人でにぎわう。昨年は当日売りの鮎が品切れになる。
 前売り券(鮎1匹・生ビール2杯)1700円の販売状況、芸能ステージ関係、軽トラ市コーナー、商工会・飲食店関係、安全対策、駐車場と確認する。
 前々日(金)、前日(土)、当日の午前準備、翌日(月)の後かたずけ、反省会は8月8日と事務局より手際よく資料により説明がある。

 手作りで始めた「生ビール&鮎まつり」浦佐の大きな祭りとなった。1回目の時は、鮎は「寿多屋」さんから焼いていただく……。今は多聞橋クラブ(鮎釣り仲間)のプロ集団が焼くので美味だ。生ビールは地元の酒屋さんが一番おいしいのを提供する。

 事務局に27日(土)の前日準備は上京するために欠と届ける。

     ●昨年のまつりから
b0092684_13324160.jpg
b0092684_13325461.jpg
b0092684_13333191.jpg
b0092684_13330800.jpg
b0092684_13331949.jpg
b0092684_13335153.jpg
b0092684_13352298.jpg

# by 2neyuki | 2019-07-23 13:19
八海山夢展20周年祝賀会
       7月20日(土)17:30~

 第20回を記念して祝賀会がホテルオカベで行われる。
 参議院選挙の最終日で少し躊躇したが出席して良かった。大勢の人が参加していたし、選挙の事で声をかけてくれる人も数人いた。
 記念式典では、実行委委員長の和田良一さん、林市長がお祝いの言葉を、20回連続出店の永井昭司さんに感謝状を、永井さんの謝辞で、小玉屋さんの小島不二夫さんが一回目の実行委員長としての話しや「八海山夢展」の名称のいきさつ等を披露する。
 祝賀会では小澤議長の挨拶に続き、池田記念美術館の高橋館長が皆さんに感謝・感謝の乾杯をする。      
 田村優子さんの「笛の演奏と歌声」に皆さん酔いしれる。
b0092684_17104441.jpg
b0092684_17105330.jpg
b0092684_17110865.jpg
b0092684_17112591.jpg
b0092684_17113561.jpg
b0092684_17114690.jpg

  

# by 2neyuki | 2019-07-20 17:04
ようこそ「エルマイル高校」の皆さん!
         7月19日(金)

 南魚沼市の「中学生海外研修」の一環として、3年に一度研修先のオレゴン州ユージ市の高校生が当市に訪れてくれる。南魚沼市は今回で12年目で今回が最後の派遣となるので、エルマイル高校生が訪れるのもこれが最後。

 昨日の「歓迎会・ホストファミリー対面式」で、エルマイル高校の前先生が、添乗員の赤坂さんがいなくては本交流はないでしょうの話しに、改めて赤坂さんに感謝する。


19日は11:30~14:20大和中学校生徒との交流会。14:40に毘沙門様に参拝に来る。お国じまん会館で「八色スイカ」を食べていただく。

      ●18日午後、市役所での歓迎会
b0092684_16574579.jpg
b0092684_16575603.jpg
      ●毘沙門堂参拝
b0092684_17002961.jpg
b0092684_17003650.jpg
      ●八色スイカを試食~美味しいの連発(赤坂さんのオーダです)
b0092684_17032021.jpg
b0092684_17021839.jpg



# by 2neyuki | 2019-07-19 16:36
浦佐夏まつり   
        7月14日、15日

 14日は早朝5時半から町内のまつりの準備。8時から11時半まで白山神社でまつりの準備。午後4時過ぎに、若い諸のたるみこしが来る。午前中から浦佐中を回っている。我が家が休憩宿となっている。あいにくの雨になったので急きょ「熱いお茶」を準備したら、ビールやスイカよりも喜ばれる。
 18:15神社にて神事が行われる。浦安の舞が奉納される。
 19:30の民謡流し雨のために中止となる。

 15日は神社で9:00から神事(浦安の舞奉納)10:20御神輿渡御。神社を出発し町内一巡。浦佐小学校による「鼓笛隊」や浦佐料飲食店組合の「踊り屋台」町内子供会の「樽神輿」がくりだし、祭り一色となる。20時煙火大会が始まる。

     ●13日町内で祭りの準備(注連縄を編む)
b0092684_16115009.jpg
     ●14日白山神社祭り準備
b0092684_16125886.jpg
     ●若い諸の「たる神輿」雨の中頑張る。盛り上げてくれた。
b0092684_16134439.jpg
     ●「浦安の舞」奉納
b0092684_16150744.jpg
b0092684_16151524.jpg
     ●桜子15日の「稚児」に参加
b0092684_16160605.jpg
     ●新町の「注連」をくぐる「御神輿様」
b0092684_16172271.jpg
     ●「笛」の調子で、山門を目指す。
b0092684_16190183.jpg
b0092684_16192343.jpg
b0092684_16193642.jpg
b0092684_16233626.jpg

 
  
      

# by 2neyuki | 2019-07-15 16:23
大越健介トークショー
          7月5日(金)

 池田記念美術館(ベースボールマガジンの池田記念スポーツ財団)にて、18時より開催。
 大越さんは1961年寺泊町生まれ、新潟高校の出身、東京大学卒業、1985年NHKに入局。2010年「ニュースウオッチ9」のメーンキャスター。2018年からは「サンデースポーツ2020」キャスターに就任。高校では野球部に所属し、2年次は捕手3年は投手で春の県大会では準優勝。大学進学後も野球部に所属。

 「令和元年 日本の未来を語る」
     ・1983年日米大学野球に東大より初出場
     ・自分の戦績は8勝27敗。チームは250勝1400負。私の方が良い。
     ・発信とは何か。~「おもてなし」と言ったことで、日本の文化で無くなる。
     ・あるがままが一番である。~ そこから工夫する。
     ・最大の売りは「ストーリー」だ。一人一人のストーリーが大事。 
     ・ものごとを「記号」として見ると思考が停止する。
     ・一人一人のストーリーを大事にすることが、その地域が良く見える。それが地域おこしになる。回り道の方が良い地域を作る
     ・高齢ドライバー = 自己予備軍 ~「記号」でとらえている。
     ・トランプさんはポミリズム、米と北、米と中国 ~ ものごとを記号で考えない。思考停止はこわい。
     ・アメリカやEUで起きていることは日本でも起きている。
     ・良い地域にしようと思えば、外の事を勉強することが大切。
     ・自分は何を求めているのか
     ・頑張れば頑張るほど良くわからない。知れば知るほど良くわからない。
     ・ものごとを「ます」で見るのでなく「個」で見る。

     ・オリンピック一過性にさせない。
     ・スポーツのルールは言語だ。スポーツの持っている意味は何だろう。
     ・2020年日本はいい機会をもらった。
     ・2020年は私にとって最後の奉公。オリンピックの価値を最大限に活用。
     ・「グローバル化」使いすぎで、いやじゃないですか。
     ・「アイデンティティ」自分の自分であること~意味がよくわからない
     ・「リスペクト」尊敬する。「インクルージョン」な社会。包み込む社会。

     ・マスコミは第4の権力(政治、行政、企業)と言われたが、マスコミが入れない世界がでできた。それがIT,AI。
     ・自分、家族、地域。自分をリスペクトに、人をリスペクトする。
     ・相手の表情が良いのは自分の表情が良い。

  あっと言う間の1時間であった。トークショーの概要を整理しながら、いろいろのことをきずかされた。大変すばらしい機会をつくってくれた関係者の皆さんに感謝します。
b0092684_12474754.jpg
b0092684_12470022.jpg
b0092684_12471655.jpg

       
   
 

# by 2neyuki | 2019-07-05 10:52