<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
第17回 JA魚沼みなみ通常総代会
              5月30日(火)

 市民会館で第17回の通常総代会が開催される。
 剰余金は計画を上回る2億8千7百万円を出し、出資配当2.5%、利用高配当米1表に300円は県内でも当JAだけと思う。
 組合員からの質疑は、もっと利用高配当すべしという意見と塩沢農協との合併は反対との意見があったが、原案通り全て可決する。
 JA魚沼みなみの経営は営農を中心としており財務内容も良く県内でもトップクラスのJAだ。JAのOBとしてもうれしく思う。これからも組合員のため地域のために頑張ってもらいたい。そのことが南魚沼市の発展につながる。
b0092684_21272297.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-30 21:11
びしゃもん通り「小さなまつり」     でんでらでん総会
             5月28日(日)

<びしゃもん通り小さなまつり>
 今年度の「小さなまつり」がスタートする。今年は5月、6月、7月(生ビール&鮎まつり)、8月は休みで9月、10月、11月3日の6回計画。

               ●びしゃもん通り「軽トラ市」
b0092684_20414364.jpg

b0092684_204774.jpg

               ●ストリート「芸能」
b0092684_204225100.jpg
b0092684_2042396.jpg
b0092684_20425123.jpg

               ●よさこい「舞毘」
b0092684_20435459.jpg
b0092684_20441790.jpg

               ●「びしゃもん焼きそば」も売り切れる
b0092684_2048849.jpg

               ●初登場の「子どもの家」が大人気
b0092684_20492030.jpg
b0092684_20493623.jpg

 6月の小さなまつりに、「びしゃもんカレー」を売り出そうと計画中・・・・ご期待ください!!
 「子どもの家」将来は、十数戸建てればいいなと思った。

<でんでらでん総会>17:30~20:00
 塩沢の元店の高橋会長が数年前に盆踊り(でんでらでん)とか昔の文化芸能を次世代に継承しなくてはと立ち上げる。これに係る経費はほとんど高橋会長がもっているようだ・・・・・。
 会場は、六日町の坂戸城。会の終わりには、参加者全員で「でんでらでん」を踊る。

           ●今年の総会に浦佐の「サンヨ」が招待され、「サンヨ節」と「浦佐石ばかち」を踊る
b0092684_2104786.jpg

b0092684_2105959.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-28 20:35
親子田んぼ教室      魚沼基幹病院田植え
           5月27日(土)

<親子たんぼ教室>8:30~10:00
 7時より田んぼ教室の「ビビラ」(苗を植える場所の線引き)を引き準備する。
 今年で7年目くらいになると思うが、浦佐小学校より案内をしていただき、参加者は親子で20人くらい。毎年参加する家族もおる。
 田んぼは「米」の生産だけでなく、大雨の時、ダムの機能を有したり、環境にも重要な役割を果たしている。そして、地球上では10億人もと言われており、食糧が充分でない子供たちが大勢いることも知ってもらいたい。田植えを通じ、米(田んぼ)の大切さを知ってもらえたい・・・・・・。
b0092684_205276.jpg

b0092684_2053920.jpg
b0092684_2054859.jpg


<魚沼基幹病院(UKB)田植え>13:00~15:00
 40人の病院のスタッフ(医師、看護師等々)が20アールの田植えに挑戦する。昨年開院1年記念イベントとして実施し今年も行う。
 県内外の皆さんで、田植え初めての方、小学生以来だと・・・・・これが「魚沼コシヒカリ」と2時間の田植えに挑戦する。開会式で田植えの目的について「内山院長先生」が、圃場提供者「ウラコウの坂西社長」の話しの後、恐るおそる田んぼに足を入れる。
b0092684_20192885.jpg

b0092684_20194378.jpg

b0092684_20195351.jpg

                  ●内山院長先生、一本一本「元気に美味しく育て」と丁寧に植える
b0092684_20215579.jpg

                  ●最後は腰が痛くなったりしたが「どろんこ集合記念写真」
b0092684_20221692.jpg

b0092684_20344648.jpg

市民の命をつなぐ魚沼基幹病院。開院して2年、軌道に乗るにはまだ数年かかると思うが、我々地域のみんなも応援しているので頑張ってもらいたい。内山院長先生の地域との密着が大切の声に、裸押合大祭、夏祭り民謡流し、グルメマラソン等にも大勢参加している。
[PR]
by 2neyuki | 2017-05-27 19:53
大祭会議      田植え打ち合わせ
●5月21日(日)17:00より普光寺にて
 若いものから「裸押合大祭」このままでは10年先か20年先に先細りし、その時になってあわてても取り返しがつかないからと言う事で今日の話し合いになる。7人(青年団OB30代2人、餅会50代2人、60代2人、70代1人)
 現状は、押合の参加者が少ない。来場者も減少。スタッフが少ない。青年団の減少。勧簿が増えない。
 昨年夜の行事1時間繰り上げたことは良かった。
 押合参加者や参拝者が参加しやすい、青年団員が参加しやすい日にちは・・・・・・

 今後井口巻、坂西家、鈴木巻と大祭について意見交換する。
 青年団OB会、餅会の会議を9月に行う。それまでに青年団OB会の会議をする。
 商工会等の関係団体との会議も必要だ。

●5月22日(月)18:00より常蔵にて
 魚沼基幹病院(UKB)田植えの打ち合わせをする。(病院から4名、ウラコウから社長と私)
 田植え参加者は40名。面積は約20アール。時間は13:00~15:00で開会式には内山院長先生と坂西社長が挨拶する。田植え指導は私。田植え終了後のさなぶりは、17時より「えづみや」で開催。
[PR]
by 2neyuki | 2017-05-21 15:49
浦佐小学校運動会
            5月20日(日)9:00~14:30

 家中(9人)で運動会(孫2人)の応援に行く。お母さん(婦人会長)と自分は来賓席。じいちゃんとばあちゃんは、特別席で応援していた。
 1年の桜子と3年の翔乃介は赤組で、1~6年の選抜リレー選手に選ばれ、応援していても力が入る。選抜リレーは最後の種目。
 午前中は、白組が断然優位で、このまま白組の勝利かなと思ったが、午後からの団体3種目が赤が優勢で、勝敗は最後の選抜リレーに持ち込まれた。紅組2チーム白組2チームの4チームが走る。桜子と翔乃介は同じチームで桜子は2走で一人追い越して2位に翔乃介のところにバトンが渡った時は1位でそまま4年、5年6年生のアンカーが一位でテープを切る。
 リレーで赤が1位と3位で赤組が逆転優勝する。パネルは白組、応援は赤組が優勝。

          ●選手入場
b0092684_15422066.jpg

          ●翔乃介80m走、桜子50メートル走
b0092684_15432582.jpg
b0092684_15434172.jpg

          ●最後の種目、桜子2位でバトンを渡す。将之介1位でバトンを受ける。
b0092684_154501.jpg
b0092684_15451652.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-20 15:22
(有)ウラコウ田植え始まる    
            
 田植えは「猫の手」も借りたいほどの忙しさだ。耕耘に1人、代掻きに2人、田植機2台に3人、苗代管理に1人、水番に2人、事務員1人、社長(総括、スイカ等々)この陣容が会社のスタッフ。田植え時は人足が足りなくて、4名をシルバー人材センターにお願いしたが3にんしか対応できなかった。不足の1人分を私と社長で対応することとする。
 17日、18日、19日PM、22日、23日、24日AMと苗運びに出勤する。私は会社の非常勤取締役であるので、この田植え時の時は公務が無いときは会社の田植えに行くようにした。
 いい汗を掻いたし、体重も3~4キロ減ったようだ。

             ●県振興局・普及センターの「水稲移植省力化技術」実証圃(5月17日)
b0092684_14364465.jpg
b0092684_14365730.jpg

             ●ウラコウ田植え酒米「五百万石」~鶴齢で清酒となる(限定販売)
                  ~魚沼基幹病院、八海山をバックに
b0092684_14392659.jpg

b0092684_14394158.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-17 14:20
KJ大樹の会「歓迎会」       KJ・国際情報高校「田植え」
●5月15日(月)18:00~
  佐藤校長先生の歓迎会を浦佐やなで開催する。佐藤校長先生は、15年くらい前に教諭でKJにおられたし、子供さんも入学しており保護者でもある。創立25年を終え新たなスタートにふさわしい校長先生がおいで下さった。
そして、初代校長の宮沢先生も駆けつけてくださり感謝です。
 
          ●挨拶する宮沢先生
b0092684_13411856.jpg

          ●乾杯の音頭をとる創設時(平成4年)の大和町議長島田さんの乾杯
b0092684_1343619.jpg


●5月16日(火)13:00~
 KJは創設以来「勤労体験学習」を行っており、関係方面からも高い評価を得ているという。
 田植えを通じ「勤労」の尊さを学んでほしい。そして、地球上に飢餓人口が10億万人とも言われており、田植えを通じ「環境・食糧」問題等を学んでほしい。
 昨年から2年生が田植え、1年生が稲刈りとなる。体験学習の時間も13時から15時と今までの倍の時間をとっている。
       
             ●開会式~校長先生よりの話しとJAより田植え指導
b0092684_14145141.jpg

             ●国際大学生も参加する。
b0092684_14154491.jpg

b0092684_14162347.jpg
b0092684_14155763.jpg

             ●クラスごとに集合記念写真
b0092684_1417793.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-15 13:32
つくしんぼ田舎体験(田植え)    浦佐区会山見
●5月13日(土)<田舎体験・田植え>
  昔は小学校で「田植え休み」と言うものがあって、子どもは大切な労働力であった。今は、農家であっても田植えをしたことのある人は皆無だ。昨年「つくしんぼ」で田舎体験をやろうと声が上がり、田植えと稲刈りをする。今年は昨年に続いて2回目。

         ●型を押す大介さん(今はほとんど見られない)
b0092684_12524513.jpg

         ●みんながんばりました。上手にできました。
b0092684_12531282.jpg

b0092684_12533171.jpg
b0092684_12534269.jpg

●田んぼに入らない応援団も来る
b0092684_12555533.jpg

b0092684_1256734.jpg

         ●田植え機に乗り緊張している子供たち
b0092684_12571040.jpg

b0092684_12572999.jpg

b0092684_12574063.jpg

 雨が心配で、昼食&バーベキューは和幸宅車庫で、そして、浦佐温泉で汗を流す。夜は花火大会。夕食は常蔵に昌美屋一族も来大盛況の田舎体験の夕食となる。
b0092684_1322435.jpg
b0092684_1323643.jpg


●5月14日(日)<浦佐区会山見>
 ご飯や風呂を沸かす時に、今のようにガスや電気でなく「マキ」であった。そして、農家の家には、牛がいた。牛の餌は「草」(山に行って刈る)このように昔「西山」は生活そのものであった。
 西山には三か所に「十二様」が祀られている。雪が消えた春に、十二様にお神酒と灯を供え、山の幸に感謝しつつ安全をもお願いする。そして、雪で山道が荒れていないかも確認する。
 今は、山菜取りに山に入る人も少なく、山が本当に荒れてきた。「山が荒れれば里が荒れる」と言われるように、山の荒廃は大きな政治課題だ。新たに「森林環境税」が早く導入されることを願っている。その目的税で山の保全管理をしていく必要があるからだ。
b0092684_13173065.jpg

b0092684_131818.jpg

b0092684_13182292.jpg

b0092684_13183880.jpg

         ●高山にて
b0092684_13193758.jpg

b0092684_1320199.jpg

         ●沢には「雪渓」が残っていた。
b0092684_13204520.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-13 12:40
常蔵(私)の連休後半(4日~7日)
●5月4日(木・みどりの日)
孫の桜子(長女)7歳の誕生日。誕生祝に村上から小雪来る。
  里恵ママの手つくりケーキは、愛情いっぱい。
b0092684_1441384.jpg

b0092684_14412297.jpg


●5月5日(木・こどもの日)
  子供の日のプレゼントで、桜子と小雪と三人で長岡に映画を見に行く。
  ・一本目は「くれよんしんちゃん」
    泥棒、戦争、だまし合いや詐欺等等悪いことは大人が行い、このままでは地球が絶滅すると危惧した宇宙人が大人を全て子供にしてしまうというストーリーで、それを阻止したのがクレヨンしんちゃん・・・・・。
  ・二本目は「ヒミツのここたま」
    ゴミを捨てたり、物を大切にしないと悪いキノコが増えて、悪いキノコが増えた家庭や街は人間が意地悪になる。ここたま界のハッピーツリーのカギが盗まれ、ハッピーツリーに穴が開き「ハッピースター」(人間界を明るく幸せにする)が流れてしまった。

    子供の映画と思ったが、内容のある映画で大人にも推奨できる。

    ●長岡(映画)から帰ったらビックリ!!
     子供の家が建っている。子供の日に隣の石田大工さんが町内の子供たちにプレゼント。
     大勢の子供が遊んでいた。
b0092684_16404360.jpg
b0092684_1641017.jpg


●5月6日(土)
 健太郎一家お墓参りに来る。
 この4月から愛知県の豊橋から筑波に転勤。
 小学校1年の隆太君の学校(公立)は成績表は無いのだと・・・・・・。
 筑波に来たから泊まるのかと思ったら今回も日帰り。

       ●お昼から宴会となる
b0092684_927196.jpg


●5月7日(日)
 「フットパス」の道(旧三国街道)整備。
 浦佐と五箇を結ぶ道で3年前から有志と始める。

 ※フットパスとは、[foot=歩く、path=小路]のこと。イギリスが発祥で、森林や田園地帯、街並みなど昔から、その地域に残るありのままの風景の中を歩く。ありのままの地域を歩く。日本では20年前に北海道で、平成21年に日本フットパス協会が設立され60団体が加入。

             ●道整備に汗をかく
b0092684_9363599.jpg

b0092684_9365581.jpg

b0092684_9371115.jpg

b0092684_9373673.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-05-04 17:39
毘沙門天「春の例大祭」    小さなまつり
            5月3日(水・憲法記念日)

 毘沙門天「春の例大祭」とは
 10時から「大般若転読会」 11時から「大護摩法要」 12時から本堂にて「直会」が行われる。
 講中のみなさまの参加が年々多くなる。多聞青年団最高幹部の初お披露目だ。そして、新成人も毘沙門天に20歳になった報告をし、それぞれの願い事をしたためる。住職から新成人へメッセージが送られる。
 押合大祭委員長として、直会の時に「今年の大祭が盛大に事故無く終わったことと講中のみなさまのご支援ご協力に」感謝のあいさつをする。

     ●大般若転読会は三蔵法師がインドから中国へ持ち帰った経典600巻のうち300巻を読む法要。来年300巻を読む。
      この法要は年一回で、この法要に当たると、大変ご加護があり、3月3日の押合大祭に匹敵する行事と言われる所以である。
b0092684_17213866.jpg

b0092684_17222778.jpg

     ●多聞青年団と新成人も参拝
b0092684_17233665.jpg

b0092684_17235575.jpg

b0092684_1724596.jpg

     ●正午から本堂にて「直会」が、多聞青年団最高幹部の自己紹介の後「さんよ節」が披露される。
b0092684_17282151.jpg

     ●「おせったいの会」のよるお接待が5月からスタートする。(土、日と祝日、時間は10時ごろから15時ごろまで)
b0092684_17262120.jpg

     ●びしゃもん通りでは「小さなまつり」が行われている。「よさこい・舞毘」が舞う。
b0092684_17293826.jpg

 春季例大祭(転読会)に毎年県外から参加する人がおり、毘沙門天のおかげで一年健康で元気にすごせると。そして、新潟市の沼垂講中と豆八講中さんも元気な顔を見せる。
[PR]
by 2neyuki | 2017-05-03 16:55