<   2017年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
裸押合大祭「福餅つくり」
            2月25日(土)

 今日は撒与講中(同級生)恒例の福餅つくり。朝8時から準備する。今日と明日は、浦佐のあっちこっちで「餅つくり」・・・・・。おおよそ30か所くらいで餅つきをしている。私どもは、最高幹部を終えた年(30歳)から餅を搗き、福もちを奉納して来たから今年で37年目になる。節目の年には1表(60キロ)搗いたが、今年は30キロで10臼撞く。
b0092684_2126241.jpg

       ●多門青年団最高幹部が餅つくりの応援に来る
b0092684_2128371.jpg

●沼垂講中(新潟市)の皆さんと最高幹部
b0092684_21283425.jpg

b0092684_21285154.jpg

       ●撒与講中も福餅つくり
b0092684_21293275.jpg

b0092684_21295293.jpg


       ●26日(日)ささら(倅たちの同級生)に最高幹部餅つくりの手伝い
b0092684_21311758.jpg
b0092684_21313047.jpg
b0092684_21314697.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-02-25 21:20
「地下水の採取に関する条例」の改正に関する勉強会
                 2月24日(金)9:30~11:20

 業者が参加しての。今日の勉強会は良かった。現在は地盤沈下地域は新規に地下水の掘削や地下水ポンプの修理もできなく、六日町市街地が空洞化しておる。この現状を打開しようと、10月には地下水の規制を緩めようと、市も議会も検討している中での勉強会であった。
 市からは、改めて資料により「地下水利用状況と対策」について説明
 これまでの経過と対策の現状、そして今後の方向性を話す。
 業者(南魚沼市融雪協会」からの資料による説明は、数千本の井戸掘削をしている現場の声として大変参考になった。
 今後は、市と業者と充分研究検討して、条例改正案を出してきてもらいたいと思った。


<(有)ウラコウ 第11期株主総会>17:30~
 てじまや旅館にて第11期株主総会が開催される。
 坂西社長初めての総会だ。天候に望まれたこともあり、平均反収8.36表の収穫があり、地代に10アール当たり5千円の追加払いを行う。56.5haの作付で4729.5表の収穫。経営面積は64ha。地権者は189名。
 無借金で内部留保も厚く、財務内容は県内で上位ではないか。
 経営上の課題はある。若手の育成と、稲作営農からの脱却と通年を通しての農業の実践。
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-24 12:32
津山商店グループ六次産業化設備工事完成記念祝賀会
            2月22日(水)

 津山商店は、設立30周年を祝う会を平成26年10月に行い、津山さんが夢としていた設備群がこれで揃う。
 昭和45年に個人で給食業務を開始し、昭和57年に三国川ダム工事の給食業務を受託。昭和59年に(有)津山商店を設立する。平成24年に本社を浦佐に移転する。平成26年に社長に津山由香氏が就任。

          ●新装なった「雪室貯蔵庫・精米工場」前でテープカット(市長も出席)
b0092684_12292039.jpg

b0092684_12293484.jpg

          ●越路荘にて正午より祝賀会
b0092684_12303753.jpg

b0092684_12304811.jpg






 
 
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-22 12:08
押合大祭福俵つくり   魚沼漁協浦佐分会総会
              2月19日(日)

 福俵を「撒与講中」は、昨日と今日で13個作る。餅は次の週の25日に30キロを撞く。その餅を入れる俵。
b0092684_2005990.jpg
b0092684_201991.jpg
b0092684_201232.jpg

 一年ぶりで悪戦苦闘しながら作る。講元の賢三はお寺から依頼されて20個を作ったので賢三の指導の下、お神酒をいただきながら作成する。良い出来ばいだ。


<魚沼業協浦佐分会総会>14:30~16:00
 最盛期に比べ組合員が半減し将来が大変だと言う中で、昨年浦佐小学校6年生46人全員参加の、鮭のつかみ取りを実施する。鮭鱒部長が生徒の作文を紹介し、ぜひとも子供が川と親しむ計画を分会として実施することが大切でないか。そのことが将来魚釣りをすることになると・・・・・・。本当に私もそう思った。
 漁業組合長の皆川県議も出席して、竿を持っていない人が魚釣りをできるようにしたり、子どもたちが川で遊べるようにしたいと話す。
 川を守り管理しているのは、釣り人だと思う。釣り人が減少している中で、子どもが川に親しめるように、そして、誰でもが気軽に魚釣り(リースとか無料で竿が借りられる等)ができるようにしなくてはならないと思った。

         ●鵜粗さやなにて懇親会
b0092684_20162627.jpg





 
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-19 19:56
新潟県コミュニティづくり協議会・浦佐地域づくり協議会合同研修会
            2月18日(土)13:30~19:00

<一部 合同研修会>13:30~17:00
 基調講演 1 「人口減少問題の現状と対応」
             井上智明 様(あしたの新潟県を創る運動協会副会長)
 基調講演 2 「人口増加に向けた南魚沼市の取組」~南魚沼版CCRC~
             清水明 様(南魚沼市地方創生推進室部長)

 事業計画説明
   ●フットパスとは  日本フットパス協会理事(アドバイザー)尾留川朗 様
   ●農村ミュージアム化と事業の概要について
               浦佐地域づくり協議会事務長 関文治

 四年前に美里町の「フットパス」を行政視察しており、商工観光課に新たに交流人口を増やす事業だし、ぜひ南魚沼市でも実施しようと資料を渡す。そしたら観光協会に丸投げして、観光協会が動いたようだが形にはならなかった。それではと言う事で、事務長が一生懸命になり、今日講師の尾留川さん・日本フットパス協会からきてもらい現地を歩いていただく。そのために昔の旧三国海道の迂回道・山の道を切り開いたりした。
 「フットパス」で地域に活力をと今日の発表になる。

●大竹靖彦会長(浦佐地域づくり協議会)
b0092684_19514012.jpg

             ●林市長歓迎のあいさつ(私も美里町のフットパスを歩いたと話す)
b0092684_19475622.jpg

             ●第二部で歓迎の挨拶と乾杯を
b0092684_19524574.jpg








             
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-18 19:21
ウラコウ役員会   大祭団体長会議   白山神社前夜祭
           2月14日(火)

<(有)ウラコウ取締役会>9:00~10:30
 坂西社長になり初めての株主総会の開催場所、日時を決める。
 総会は、2月24日、会場は浦佐温泉「てじまや」で。
 今年度は反収が良く、販売高を含め当期純利益も昨年を上回る。
 株主配当も1割配当で決定する。

      ●冬期間栽培している「ふきのとう」収穫最盛期
b0092684_1064447.jpg
    
b0092684_1065053.jpg


<大祭各管団体長会議>15:00~16:00
 参加者は、警察署、浦佐派出所、消防署、消防団、浦佐駅、南越後観光バス、中学校長、小学校長、商工観光課、観光協会、商工会浦佐支部長、交通指導隊、浦佐各区長、青年団、大祭委員、住職。
 大祭委員長、住職、大区長あいさつの後、青年団より大祭の概要について、すべての団体より持ち場について話していただく。
 警察からは、①雑踏事故防止②盗難被害防止③飲酒による事故防止、大和中学校長からは、市内の卒業式は3日だが、大和中は3日の大祭に参加するから、卒業式2日にしたと。
 すべての関係者の協力により大祭が行われます。改めて、事故無く無事に終わることを祈る。


<白山神社祈年祭(春祭り)>18:30~
 浦佐では、こどもサンヨと言って春祭りの前夜祭。本祭りは明日だが、明日は関係者のみでの神事で今日が実質的の本番だ。
 18:30から神事で19:30から4回に分けて餅が撒かれる。3回目は私ども同級生が奉納した餅を撒く。一回目は神社の関係者、2回目は大和モータークラブが3回目が、私ども(撒与講中)と八毘会、4回目が44歳の厄年と60歳の還暦の皆さんが福餅を撒く。
b0092684_10435223.jpg

b0092684_1057854.jpg

  ●2月15日の神事です
b0092684_10451290.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-02-14 09:52
知事と昼食会     白山神社奉納餅つくり
           2月12日(日)

<米山県知事と昼食会>12:00~13:30
 県スキー観光産業振興協議会(会長種村芳正)主催で「米山知事を囲むスキー関係者の集い」が、石打ユングパルナスにて開催される。
 午前中、丸山、ガーラスキー場を、林市長・田村町長と滑る。スキー場は吹雪いていたが、さすが魚沼出身でシュプールを描いて滑ったと一緒に滑った皆さんは話す。

 雪はここ魚沼にとっては、天からの恵みで雪なしでは経済は回らない。冬のスキー場はもとより、日本一の魚沼コシヒカリも雪なしでは産れなかった。そして、銘酒「八海山」や「緑川」に代表され酒。そして、昨今は「雪室」を利用しての米、大根、ニンジン等の保存。その先達は「越後ワイン」だ。雪室で保存されたワインは別格だ。

 昼食会の席上で、先日知事室におじゃましたお礼と、「3月3日裸押合大祭」への参加を再度お願いすると、毘翔会の北村さんからも連絡があり、参加の方向で調整しているという。
 
 丸山スキー場に、小野塚彩菜選手の強い希望で、モンスターパイプが県の肝いりで設置される。日本のトップアスリートやアジアの選手が練習に来る。このモンスターパイプが、スキー産業の再構築や交流人口の増大に期待している。そして、第二、第三の小野塚選手が産れることを願う。
b0092684_9474888.jpg


<白山神社奉納もちつくり>8:00~17:00
 知事との昼食会があるために、朝8時から餅つきをする。全部で8臼(約20キロ)撞く。
 同級生が、三々五々我が家に集合する。
b0092684_951751.jpg

b0092684_9513331.jpg
 
b0092684_9511826.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-02-12 09:21
KJ後援会大和地区役員会  大祭奉仕係長会議  講中訪問
<KJ後援会大和地区役員会 >2月9日(木)18:30~
 昨年10月15日にKJ創立25周年事業で、後援会が発足する。KJの後援会は、創立15年ころから必要だという話はでていたがようやく発足を見る。
 保護者には12月中に趣意書が届きただ今進行中。大和地区の企業の皆さんにお願いするための会議で、塩沢、六日町も同じように進めている。

<大祭奉仕係長会議>2月10日(金)19:00~
 3月3日大祭当日は、多く(100人)の奉仕の方をお願いし大祭を運営している。近年高齢で辞退する人が多く、若返りを図るが、各係の係長は要員の確保で大変だ。
 昨年の反省をし、手不足のところや、備品で不足があれば申し出ていただく。そして、多聞青年団のOBでもあるので、大祭運営についてもご意見をいただく。

<講中訪問>2月11日(土)
 朝7時半に普光寺を出発する。講中訪問は今日が最終日。
 9:30~沼垂講中(新潟市) 12:30~大崎講中(三条市) 14:30~見附講中(見附市) 15:00~同級生の谷江さんの家に行く。

     ●沼垂講中五十嵐講元宅で歓待を受ける。さんよ節を披露する青年団。お返しに木遣りを披露する沼垂講中
b0092684_124486.jpg

b0092684_1262226.jpg
 
     ●見附講中の皆さんと
b0092684_1295972.jpg











        
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-09 11:34
長岡農業高校110周年第1回実行委員会
              2月4日(土)14:00~15:30

 昨年同窓会の幹事になり、110周年の実行委員になる。南魚沼からは、南魚支部長の中俣さんと私の2名。開催日は平成30年の11月10日(土)で決定。記念式典、記念講演会は本校体育館で。記念祝賀会はホテルニューオオタニ長岡で。
 記念事業部を担当で、部長は長岡市議会議長の関正史さん。講演会、式典、祝賀会が私どもの担当。講演会の講師の選定で意見交換する。式典、講演会は生徒も参加だから、生徒のためになる講師にと話す。
 次回の実行委員会は6月ごろ開催なので、記念事業部は3月18日(土)14時より本校で開催することとする。
 創立110周年のスローガン
    「地域と共に歩み続けて110年」 ~ 新たなる伝統を築け ~


 募金の目標は1500万円(100周年の時は2500万円で2800万円集まる)
 南魚沼の支部総会を開催せねばならない。



         
[PR]
by 2neyuki | 2017-02-04 15:02
もち会・青年団OB会    二番会    節分祭
<大祭餅会&青年団OB会>2月1日(水)19:00より
  大祭の最高幹部を卒業すると、顧問として2年、青年団OBとして40歳まで関わり、その後は餅を奉納し60歳の還暦まで餅会として大祭に参加する。私どもの同級生は70歳まで餅を奉納しようと「撒与講中」を継続している。歴代の青年団長が参加する。

  近年、講中が減少し餅まき等が心配されたが、青年団をあがると、同級生で法被を作り餅会として大祭に参加する。そして、OBの皆さんが行事にも積極的に協力する。青年団員(118名)だけでは、大祭の運営が難しいので本当に助かる。
 協力要請の挨拶をする団長も、先輩の前なので緊張しているのが分かる。

<二番会>2月2日(木)18:00より田中屋にて
 浦佐駅から5分の毘沙門堂の裏には西山・高山(標高489m)がある。高山に登ると、360度の展望が楽しめ、米山、妙高山、苗場山、谷川連邦、もちろん八海山、越後駒ケ岳の眺望は最高。近年登山する人が多い。高山に至るまでに、観音様が33体安置されている。今から約250年前、毘沙門堂普光寺住職が西国三十三 番の霊場より土を持ち帰り、一番・紀伊の国の那智山から三十三番・美濃の谷汲山に 至るまでの、三十三番観音を毘沙門堂の裏山に設置。約3.2キロあり、沢等があり、1時間30分~2時間コース。 二番会とは二番観音様を管理する人たちのこと。今日は二番会の新年会、数年前から夫婦で参加するようになる。楽しい会。

<節分祭>2月3日(金)19:00より
 八海山の節分祭は、大寒の1月28日から節分の2月3日まで、各地から参集した行者が昼夜二度にわたり瀧に打たれ、護摩祈祷をして執り行われます。その満願の日が節分祭です。
 八海山尊神社では豆や切り餅の外、奉納された沢山のお菓子やら各種の縁起物、さらには景品の数々も当り券としてまかれる。
 長島代議士、林市長(代理)も駆けつけ挨拶する。

           ●挨拶する黒滝市議会議長
b0092684_18392466.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2017-02-03 17:46