<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
第6回 夕涼み「生ビール&鮎まつり」
               7月26日(日)

 今日は雨の心配は無し。朝から気温はグングン上がり絶好のまつりとなる。
 午前8時に集合し、テント建てや会場、ステージの設営と役員の皆さん汗だくになり準備をする。
 14時スタート。例年になく人の出が速いぞ。
 午後6時鮎を待つ人で長蛇の列ができる。準備した鮎1000匹。当日販売が足らなかったと言う。
 生ビールも気温の上昇と同じに最高の売上か・・・・・・。
b0092684_18154358.jpg

        ●早くから陣取りが始まり、葉月みなみショーの時は立錐の余地がないほど!
b0092684_18151174.jpg

        ●井口市長、県消防大会の帰りに駆けつける。
b0092684_186033.jpg

        ●ステージで繰り広げられる踊り、うた・・・・・・。
b0092684_1875957.jpg

        ●八色連の「阿波踊り」で会場は一気に盛り上がり、夜へと入る。
b0092684_18133363.jpg

        ●「葉月みなみ」ショーは二部構成。
b0092684_18113738.jpg

 事故も無く終わり、交通解除は22時。一時間でテント撤去、大勢の役員の協力で後片付けもスムーズに、文治さんをはじめ事務方のみなさん本当にご苦労さまでした。













         
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-26 17:59
おばさん一周忌法要
                7月25日(土)

 元子おばさんの一周忌法要が小山(栃木県)の葬祭会館で行われる。浦佐から親父とお袋を乗せて昌夫が運転。自分の運転で三枝子と孫2人乗せて行く。当初家内は行く予定でなかったが、おじさん叔母さん達高齢になりなかなか会えないし今回は全員来る。(英子さん欠) お墓を建立し、その開眼をし夫婦二人で入るからと言うことで急きょ参加を決める。親父たちは泊まり、自分は日帰り。
 健太郎、大介、知恵ちゃんご苦労さまでした。これからも宜しくお願いします。
 お墓の建立については、朱美さんのお父さんに大変お世話になったようです。これからも宜しくお願いします。

  ●夫婦仲良く天国で過ごしていますか。いつまでも「つくしんぼ」見守っていてください。
b0092684_17543592.jpg
b0092684_17545019.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-07-25 17:43
第26回南魚沼市・深谷市グランドゴルフ交換大会
             7月23日(木)12:00~
 
 私の90歳の親もグランドゴルファーです。今日なぜ行かないんだと聞いたら「倅が挨拶するところには心配で行かない・・・・」 皆さん健康で元気の秘訣は、倅や家の事を心配することです。そして、「きょうよう」と「きょういく」です。きょうようとは今日用があることで、きょういくとは今日行くとこがあることです。皆さん毎日グランドゴルフをし家の事を心配してください。
 そして、深谷市の小島市長さんが「グルメマラソン」に参加したことを加えて、挨拶する。
 
 深谷市から60名、南魚沼市から100名の選手が参加する。今日と明日2日間にわたって競技が行われる。夜は「ホテル木の芽坂」で懇親会。来年は深谷市が会場という。受付から大会運営と実行委員会の皆さんがすべて行う。市職員が運営に誰一人携わっていない。副市長と教育長が挨拶で参加。大会役員のプレー委員長の協議説明は、ゴルフ大会と同じと思った。参加選手の目が輝いていた。時折降る雨も一向に気にしない。
        ●一斉にスタートする。
b0092684_17411388.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-07-23 17:18
 講習所50期同級会
              7月22日(水)

 阿賀町副町長を今年勇退した長谷川が幹事。昭和43年講習所卒26名(3人没)中13人が集まる。交通の便を考慮して、五泉市「ガーデンホテル マリエール」が会場。佐渡から野方も来る。
 みんな確実に年を重ね、元気のうちにと言うことで、還暦時から毎年開催することにした。昨年は佐野の仏様を拝み、一昨年は小林の仏様をお参りする。
 来年は佐渡で開催することにする。
         ●全員で開会前に記念写真
b0092684_1714385.jpg

         ●紅一点のチヨ子さんの音頭で閉会する
b0092684_17155995.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2015-07-22 16:46
浦佐白山神社夏まつり    兼続公まつり
             7月19日(日)

<浦佐夏まつり>
 神社神殿にて行われる3回の神事に参加する。7月18日(土)18時30分より前夜祭神事、7月19日(日)9時より神幸祭神事、7月20日10時より報賽祭神事。18日と19日には「浦安の舞」が奉納される。今年は、兼続公まつりと重なったために、神輿渡御について行けなかった。
          ●7月18日浦安の舞
b0092684_16154072.jpg

          ●19日神輿出発
b0092684_16162665.jpg
b0092684_16163380.jpg
b0092684_16164681.jpg


<兼続公まつり>
兼続公時代行列に「上杉景勝公」役で参加する。雨の心配もなく行列の先頭で歩く。
 この「兼続公まつり」市の一大エベントだから、スケールを大きく開催する必要がある。「義と愛」のまちづくり、「義と愛」の精神を教育にと・・・・・・数年前に掲げたが・・・・。その実現に向けて、時代行列に各小学校から参加するようにし、各学校で「兼続公」の義と愛の精神を学ばせる。米沢市の兼続公の義と愛の精神が生活に息づいている。100年、200年かかって今があると思う。南魚沼市は、NHK大河ドラマからまだ5年しかたっていない。その時にほとんどの市民が「直江兼続公」の事を知り「義と愛」を学ぶ。今では、ほとんど兼続公の「義と愛」に触れることが無いので、祭りに参加することで、義と愛を学ぶようにする。そして、一般市民も兼続公まつりに参加する工夫が必要だ。
             ●いざ出陣!
b0092684_1640362.jpg

b0092684_16402021.jpg

 友好都市米沢市の歓迎会に出席する。
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-19 16:03
中越地区長岡農業高校OB議員の会
              7月17日(金)18:30~

 今年一巡し長岡が幹事。会場は「ホテル サンローラ川口」会場のサンローラは、昨年6月1日に全国植樹祭会場で、このホテルに休息のため天皇・皇后陛下もお入りになる。天皇皇后陛下がお手植えされた場所もすぐ近く。
 会員は11名で2名増える。見附市議会の押野見さん(今回から会員)が欠席。来賓として同窓会長と南魚沼市の副市長も駆けつけてくれる。

 校歌あり応援歌ありでひとしきり母校の話に花が咲く。長岡市議会議長に関正史さんが魚沼市議会副議長に森山英敏さんが就任し一層盛り上がる。

 来年は南魚沼市が幹事。みなさんご苦労さまでした。








 
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-17 10:11
農業技術学院同窓会
               7月11日(土)11:00~

 農業技術学院が閉校して8年を迎える。10年間は活動を行うと言うことで来ており、その後はどうするのかを今年度方向付けをしないといけない。
 今まで長岡を会場に総会を行ってきたが、新潟会場で行っても参加者はほとんど変わらなかった。
 南魚支部からは5名の参加。
 
 私の考えは、新潟県農業を牽引してきた多くの農業改良普及員は現役を退いたが、まだ現役の多くの農業普及員が現場で頑張っており、同窓会を解散するのはいかがなものかと思う。
 このことで南魚支部としての方向性をまとめる必要があるので年内に会合を開かなくては・・・・・・。
 わたしども農業講習所50期生は7月23日に五泉市で同級会(幹事:阿賀町前副町長長谷川)があるのでそこでも意見を聞いてみることにしよう。
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-11 09:44
奇跡の歌姫「渡辺はま子」
             7月2日(木)18:30~

 戦後70周年の平和祈念事業として、6都市リレー公演を開催する。6月22日横浜市、24日新潟市、27日米沢市、28日山形市、30日上越市、今日南魚沼市が千秋楽。
 主人公の渡辺はま子は、戦争中、積極的に戦地への慰問を行い、戦後は「わたしは歌う戦犯」と公言し、「ああモンテンルパの夜は更けて」という歌を世にだし、自らの命を懸けて現地へ行くことで、フィリピンのモンテンルパに収容されていた日本人戦犯約150人の開放を実現させた。脚本の山崎洋子氏は勇気とはこのことではないか、真の行動力とはこうゆうものではないのか・・・・・。

 会場の市民会館の前の席にお母さんと陣取る。芝居を見るのは何十年ぶりだろうか。 
 戦争が終わり、モンテンルパに収容されているところから「劇」は始まる。2時間休みなし。何回も何回も涙が出る。戦争は絶対に行ってはいけない・・・・・。
 
 幕が下りて終わりになるが、拍手が鳴りやまず、緞帳が上がり、舞台も市民も拍手拍手、花束を持って駆けつける人。主人公の五大路子も大きな拍手に出演者ともども顔がくしゃくしゃになる。何度もなんどもお辞儀し感謝の言葉を述べる。
[PR]
by 2neyuki | 2015-07-02 21:28