<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
 招魂祭顕彰会役員会
            3月29日(金)13:30~15:00

 24年度の会計報告、招魂社境内の修復工事関係報告、雪囲いや参道の拡幅とうについて。
 今日の一番の協議事項は、会長の後任人事。横山会長さん体調がすぐれなく入退院を繰り返し、本人からの申し出があり任期半ばですが後任を選任することになる。横山会長さんにおかれましては、市の老人会の要職や押合大祭の委員長もなされ、その人柄は円満でありなおかつ難題も解決しました。
 本会の立ち上げにもその手腕を発揮し今日に至っております。早い健康の回復をお祈りします。

 私どもは、12:30分に来て次期会長候補を誰にするか相談した結果、役員である森和夫さんにお願いすることにした。会議も後半になり、会長後任について事務局から事情説明があり、後任会長に森さんを挙げる。本人は突然の話でびっくりし、二三発言があったが、満場の一致でお願いする。そこは森さんです。会長を引き受けていただきました。拍手拍手でした。
[PR]
by 2neyuki | 2013-03-29 09:31
第2回浦佐認定こども園卒園式
           3月28日(木)

 第2回子ども園卒園式が行われる。「子どもを真ん中に&子どもも大人もチャレンジ!」を合言葉に本当に元気に飛び回っている園児たち。3歳児と未満児に孫が二人通っており、時々私も孫を送っていくときがあります。先生たちは常に子供目線で対応しているのが実感する。

 卒園式では、一人一人が園長先生から卒園証書をもらえ、それをお母さんに渡す。お母さんに渡す時に、こども園で楽しかったことと将来何になりたいかを大きな声で話しました。
 将来の夢多い順に、サッカー選手が8人、花屋さん、ケーキ屋さん、医者が各4人、野球の選手、看護師さん、釣り人が各3人、学校の先生、保育の先生、デザイナー、美容師さん、大工さん、飴つくり、バイク乗りとつづきました。聞いていて、大人の影響をもろに受けている感じです。サッカーの先生が来賓に来ていますし、お母さんのようになりたいと言う子も多くいました。子どもは親の背中を見て育つと言われております。お父さんお母さん、子育ては自分育てでもあります。頑張って3人の親になってください。
 そのためには、子育てしやすい環境の南魚沼市でなければならないと強く思った。
[PR]
by 2neyuki | 2013-03-28 08:52
 ノルウエーからスベレ家族が来る
             3月26日(火)~28日(木)

10年前にAFS日本協会からの留学生(スベレ・ノルウエー)を我が家に1年間受け入れる。高校は国際情報高校に通う。今までに、2回ほど日本に来ており、その度に我が家に顔をだす。そして年に3回くらいはメールで近況等を教えてくれる。昨年はノルウエーから食料品を中心に荷物が届く。

 「AFS」とは世界大戦中に傷病兵の救護輸送に携わったアメリカのボランティア組織American Field Service(アメリカ野戦奉仕団)の活動を起源に持ちます。1936年に団長となったスティーブン・ガラッティが、この活動を平和を目指した現在の異文化交流の活動へと変換させ、今日のAFS活動の礎を築きました。
 日本でのAFS活動は、1954年に初めて8人の留学生をアメリカに派遣して以来、現在まで留学・国際交流の活動を進めてき、現在では日本全国に3事務所を設置し、72の支部で留学生の受け入れ、派遣、各種交流活動を行っています。

 今回はお母さんと、お兄さんを連れて観光で日本に来た。
 3/22~24日・京都・大阪、25日・箱根泊、26~28日・浦佐、29日~31日東京。

<3月26日>
         ●18時40分着の新幹線浦佐駅に迎えに行く。
b0092684_14381119.jpg

         ●ウエルカムパーテーを行う。(じいちゃん、ばあちゃんは浦佐温泉に)
b0092684_14393587.jpg

<3月27日>
         ●隣のお母さん(圭子さん)に良くしてもらっていたスベレ。正匡君の結納に出かけるのに、
          偶然会い隣のお母さんと感激の再会・・・・・・めでたい記憶に残る浦佐での記念写真。
b0092684_14483597.jpg

         ●毘沙門堂、普光寺を案内する。京都に行ってきたからつまらないかなと思ったが、
          京都では案内する人がいなかったせいか・・・・妙に真剣に見学し質問んもし聞いた。
b0092684_1453585.jpg

         ●昼食は「龍言」で。スベレの日本語・英語の先生(AFSのスタッフ)4人が全員会いに来てくれる。龍言に勤めている高橋さんの計らいで、館内を案内してもらったり、風呂にも入らせてもらった。新潟からも来てくれた押見さん、魚沼市の小幡さん、大和の佐藤さん本当に忙しい中ありがとうございました。高橋さんには、龍言での昼食、お風呂と格安で対応いただき感謝申し上げます。
b0092684_1523454.jpg
b0092684_152449.jpg

b0092684_1542749.jpg

b0092684_1525714.jpg

         ●ロープウエーで八海山スキー場山頂に!
b0092684_1562182.jpg

         ●夕食で我が家全員集合。お母さんもお兄さんもちょうど良くアルコールはいける。
          昨日は日本酒とビール。今日は越後ワイン(白)と酒とビールと梅酒。越後ワイン(白)美味しいのでお土産に持っていくと言う。八海山も。
b0092684_15135352.jpg
b0092684_1514650.jpg

<3月28日>
         ●お母さん草花が好きと言うので「野の花館」に行く。ノルウエーにもある草花もあり、一点一点外山先生が説明してくれる。 
          お土産に茶碗、皿等を求める。
b0092684_15183212.jpg

         ●昼食は、「葡萄の花」でとり、スベレが一年間通った国際情報高校に行く。
          さすがに10年前の先生はおられないが、4年前に来た時も高校を訪問しているので、知っている先生がおられた。
          英語科の先生と話すスベレ一家。ノルウエー語と英語を話すので、話は英語で話されたので、チンプンカンプンでした。
          特に日本の印象や、教育のことで時間をオーバーして話していました。
 
b0092684_15261496.jpg
b0092684_15263010.jpg

         ●日本のスーパーに寄りたいと言うので、スーパーに行ったらふりかけ等お土産を買う。
         ●17時、そばとうどんでお別れの軽い夕食。
          お母さん日本に来て浦佐が一番の印象と言う。やはり国宝級の文化や遺産があっても「おもてなしの心」が一番なんだなーと思った。
b0092684_1540152.jpg

         ●浦佐発18時20分のトキ342号に乗る。別れを惜しむスベレとお母さん。今度来るときはスベレの家族を連れてきてと・・・・・・。
b0092684_15414451.jpg

b0092684_1541598.jpg
b0092684_1542864.jpg


 お母さん腰が痛くて、1年分の湿布張り薬り(ノルウエーには無いので)を買いたいと言うので、多く買うので少しでも安くなればと思って、ドラックストア等の話しをしたら、スベレから教えられた。
 「浦佐から買わなければ、浦佐の人たちは所得が上がらないでしょう」
 まさにその通りで、中心市街地がシャッター通りになる。何とかならないのか、何とかしなくてはと言いながら言っている本人が、そこに住んでいる人が、郊外店や他町村に行って買い物をする。まさか、スベレから改めて教えられるとは・・・・・。

 10年前、スベレは日本人は、水を大切にしない。お年寄りにもっと親切でなければ。そして、ごみが落ちている。このように言った言葉を覚えだす。ノルウエーは資本主義社会であり高福祉を実践しており、若いノルウエー人の目に映ったのだろう。
 高校では生徒に毎日宅記(家で過ごしたこと)を書かせ提出させていたので、プライバシーの侵害だと一騒動があった。そして、携帯とパソコンも禁止(途中から決まりを作って許可する)したので、我が家に来た2~3か月は、本当に大変な時期だったことを思えだした。
 そのスベレが、お母さんとお兄さんを連れてきたことに感激しました。京都では従弟の雄介君が家に招いてくれたり、東京では仁志が上野に見送りに行ったり感謝です。
[PR]
by 2neyuki | 2013-03-26 11:54
 市議会選挙表明   浦佐婦人会総会  魚沼漁協浦佐分会総会
             3月24日(日)

<新町常会>19:00~20:00 
 今年10月に行われる市議会選挙に立候補することを町内の皆さんに表明をする。
 魚沼基幹病院の27年開院。そして大和病院のあり方が今問われており、今までと同じサービスが受けられないと言うことのないようにしていくために、再度立候補するとお願いする。
 立候補表明については、昨年の12月の後援会役員会、今年1月の後援会新年会で話しており、対外的には今回が初めてである。10月選挙まで7か月。7月に参議院の選挙があり、あっと言う間に10月になるので、しっかりとした計画をたてる。

 常会は24年度決算常会で、新年度の区長さんは田中さん。

<第68回婦人会総会>13:30~14:30
 来賓に南雲教育長をお招きして第68回の総会が開催される。68回と言うと戦後すぐに設立し今日まで続いていることに敬意を表す。それも会員258名を要し、しっかりと活動をしており、浦佐には無くてはならない組織です。南魚沼市では、六日町と上田に組織があるが活動を行っているのは浦佐だけみたいだ・・・・・!
 大きな事業としては、浦佐夏祭の「民謡流し」と「敬老会」の開催。ボランテア部では八色園の草取り、市民まつりへの参加、古切手・ベルマーク・タオル等の収集、菊まつりへの手伝い等々です。

 上部団体への参加が役員(特に婦人会長)にとって大変であり、上部団体との関わり方について協議することとする。

<魚沼漁協大和支部浦佐分会総会>15:00~16:00 
魚沼漁協の組合長皆川県議も出席。
 子どもから魚野川に親しんでもらいたいが。学校や親は危ないから魚野川で遊んではダメと言う指導をしているのでその対策はとか。
 鮎や鮭、カジカ等が昔に比べて少なくなったようだ。そして、組合員の高齢化により組合員が年々減少している。このことも大きな課題のようだ。
b0092684_1153131.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-03-24 10:55
卒業証書授与式~浦佐小学校
          3月22日(金)

 卒業生入場の声に、手を水平にあげ二人そろって、元気のいい入場にまずビックリです。何よりも卒業証書を授与するときの返事。そして「ありがとうございます」の返事に感動いたしました。
 何よりも、分かれの言葉から卒業生合唱、全校合唱と流れるように進み思い出に残る式典でした。卒業生退場では、我が子の成長に、目頭を押さえるお母さんの姿に私も胸が熱くなりました。

 浦佐小学校と言えば「30人31脚」で県内では向かうところ敵なしで常に全国大会に行っていました。それが諸般の事情で中止となり、「ロープジャンプ(大縄跳び)」なるものが登場した。1月29日関東甲信越地区59チームが熱戦を繰り広げ予選で8位に入り、午後の決勝に進み、ミラクルを起こし2位なり全国大会出場となる。全国大会は、卒業式後の3月24日(日)。ガンバレ浦佐小!!!
 この素晴らしい卒業式は、学校全体で取り組んでいるロープジャンプが卒業式に表れていると思った。
b0092684_14292577.jpg
b0092684_14293369.jpg


<地域づくり協議会総会>
 午後6時半より、お国じまん会館にて今年度最後の総会が開催される。
 今年で5年目になるが、徐々に定着をしてきた。来年度からは予算も少し増加し益々の活動が期待されている。構成メンバーの区長さんは1年交代で、最初の会議の時はなかなか要領を得ないが、1年たった今本協議会への期待も高まってきたように感じる。
 一年の労をねぎらう意味もあり、会費制で田中屋で懇親会が開催される。
[PR]
by 2neyuki | 2013-03-22 12:34
 多聞青年団全団員慰労会
            3月16日(土)18:00~20:00

 田中屋にて多聞青年団の全団員慰労会が行われる。住職様と大祭委員長・副委員長が招待される。その場で最高幹部15名に、住職・大祭委員長名の感謝状が住職より手渡される。
 最高幹部の皆さんにおかれては、10年間団員として活動され、その集大成としてのこの一年間本当にご苦労さまでした。皆さんは、最高幹部として3月3日の大祭を事故無くそして、盛大に取り仕切りました。特に今年は、大雪で境内から雪を搬出すると言う初めの経験をした。
 2月26日夜の9時ごろ電話が鳴り、青年団羽賀警備係長が「境内から雪を搬出してください」と言う。状況は承知していたし、時間は明日しかない。すぐに手配をするが、豪雪災害対策本部が設置され、業者は排雪作業で重機ダンプはフル回転であったが、無理やりにお願いし他の現場から回してもらう。本当に感謝です。

             ●樺沢住職から感謝状をいただく前団長
b0092684_13565118.jpg

             ●三男仁志、毎週名古屋から良く来てくれました。ありがとう!
b0092684_13581091.jpg
b0092684_13585265.jpg

             ●団員から最高幹部に記念品を
b0092684_1359357.jpg
b0092684_1359455.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-03-16 13:07
 第7回八色の森公園「子ども雪まつり」
            3月10日(日)10:00~15:00

 あいにくの天気であったが、大勢の子供やお父さんお母さんが来る。昨年は天気で2000人からの来場があり、大変な賑わいであったと言う。

 今までは「子ども雪まつり」3月3日の前後であったりして、なかなか参加できなかったが、今回は「餅つき」を担当した。8時半に集合し、杵や臼、蒸かしをはじめ、10時のスタートに合わせて準備をする。
 今年で7回目と言うが、南魚沼市の良いイベントになると直感した。

           ●餅つき大会。この餅はお昼にトン汁に入れて振る舞われる
b0092684_12365877.jpg

b0092684_12394297.jpg

           ●会場には子供向けのゲームやそり等の楽しみが一杯ある・
b0092684_12374851.jpg
b0092684_12381095.jpg
b0092684_12381232.jpg
b0092684_12383845.jpg

           ●ステージでは、県内のゆるキャラ、国際大学生の踊りと・・・・
b0092684_12423721.jpg

b0092684_1243532.jpg
b0092684_12431170.jpg
b0092684_12433146.jpg

<JA魚沼みなみ生産者大会>13:30~16:00
 24年産米コシヒカリの品質が1等米で50%(個体検査)をわりこむ。異常事態と私は思う。そういう危機意識があまりないうように感じた大会であった。
 稲作振興協議会の会長が開会で、副会長が閉会の挨拶をし、市長、JA組合長の挨拶(代理)が無かった。
 日本一の魚沼コシの産地としては、「崖っぷち」と思う。現場からも行政、JAからも危機感が感じられない。来年が本当に正念場だ・・・・・・・。
b0092684_1335150.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-03-10 12:13
 お日待ち(押合大祭反省会)
            3月7日(木)12:00~14:00

 今日の「お日待ち」を以て、今年度の押し合い大祭が終了する・
 今日は、朝5時ごろ井口家による「おみぬぐい(御行水)」が行われる。毘沙門堂は3月3日の未明に閉ざされ、今日、井口巻が御行水のために堂内に入る。おみぬぐいとは、興奮した毘沙門天を砂糖水でふきながらいさめる神事で、住職と言えども立ち入ることはできない。
 それが終わると、住職によってお護摩が行われて、通常の毘沙門堂に戻る。

 正午、大祭委員や当日奉仕の方と青年団幹部、関係機関、団体から集まっていただき、大祭の会計報告を行い、各団体から大祭を振り返り意見をいただく。
 それが終わると慰労を兼ねて懇親会となる。
b0092684_1253122.jpg

           ●団長の法被が新団長に(青年団は3月4日に引き継ぐ)
b0092684_1254190.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-03-07 11:28
 まちづくり「第3回ワークショップ」
           3月6日(水)18:30~21:30

 今年度最後のワークショップが開催される。
 今回の3回目は、今まで2回話し合われた内容に対し、予算は費用のねん出は等具体的に実施を念頭に話し合いが行われた。今後は皆さんから提言いただいたことを、西山地域のデザインを作成するとともに、ハードソフトの両面で活動していくことになります。

          ●羽賀実行委員長挨拶
b0092684_11124017.jpg

         ●県南魚沼地域振興局課長さんから挨拶と指導をいただく
b0092684_1115171.jpg

         ●最後のワークショップなので会費をいただき、乾杯してからグルーップ発表。    
          5分の発表・持ち時間で、今日の話し合いを報告する人と、全体を等して
          コメントする人と2人から「まちづくり」について話す。
b0092684_11214867.jpg
b0092684_11215764.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2013-03-06 21:38
大和中学校卒業式
             3月5日(火)9:00~10:30

 第45回の卒業式が厳粛のうちに行われる。歩き方や身なりや椅子の座り方で元気のいい子はそれとなくわかるが、その子供もしっかりと校長先生から卒業証書をもらう。
 卒業生代表の答辞では、目頭を押さえる女生徒が多く、自分も涙する。
 男子71名、女子57名、計128名の中学生が、9年間の義務教育を終えて新たに旅発つ。

         ●卒業記念合唱「君へ」は素晴らしかった。
b0092684_213591.jpg



 
[PR]
by 2neyuki | 2013-03-05 21:19