<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
第25回浦佐菊まつり実行委員会開催
          9月30日(木)19:30~20:30

 市役所大和庁舎で菊まつり実行委員会が開催される。
 今回の実行委員会で、上村守氏が今年(25回目)の菊まつりから、5代目の委員長に就任する。
 初代は川島市郎左衛門氏、2代目が須田康定氏、3代目が関広次氏、4代目が北村計氏。
 北村委員長の時は中越地震で中止の決断や、大雪で菊小屋の屋根が壊れたりした思い出がありる。確か6年間委員長をしたと思うが、委員会で退任の挨拶をする。本当にご苦労さまでした。
 新委員長の上村氏、抱負と決意を話す。新委員長は何事にも前向きに取組むので大いに期待するところです。
 今年の菊まつりは、10月29日審査会、10月31日から11月10日まで。昨年は天地人の放映があり、最終日を11月5日までとしたが、今年から通常に戻す。表彰式は11月9日。
       
         ●昨年の24回菊まつりです。荒川区県人会のみなさんです。
b0092684_1338395.jpg


 
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-30 06:45
青年団最高幹部と打ち合わせ
          9月27日(月)19:00~20:00

 寺に於いて、先に青年団より要望の申し入れについて、大祭側で協議したので、その事についての会議。青年団からの申し入れ8項目については、ほぼ受け入れた。
 青年団山口団長以下最高幹部は3月4日に、法被を引き継いで、来年の3月3日に向けて、準備に余念がない。その青年団最高幹部が活動しやすいように支えてやるのが大祭委員長としての役目であると思っている。
 
 今日は大祭副委員長3人も出席してもらう。青年団は団長と副団長二人。
 会議終了後、寺で一杯やる。御神酒が入ると、祭の話しで話しはつきない。

山口団長からの要望は、青年団活動費の早期支払いや青年団法被の件や最高幹部東京等から来るものへの交通費等々である。  
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-27 15:48
親子田んぼ教室~稲刈り
          9月25日(土)13:30~15:00

 絶好の稲刈り日和となる。
 (有)ウラコウでは、お米の大切さと田んぼが、地球環境に果たしている役割等を学んでもらおうと、春の田植えに続いて「稲刈り」に挑戦してもらった。参加者は親子35人で、田植えに参加した家族が大半で、私のことを「田んぼの先生」と呼ぶ子供さんもいた。
 地球上には60億人の人類がすんでおり、約10億人が飢えに苦しんでいるという。その大半は子どもたちで、日本では、考えられない事だ。その事も子どもたちに話す。田んぼは、お米を作るだけでなく、水害や洪水を防ぐ役目、ダムの役割もしていると……。稲刈りを通じ、親子のふれあいと参加者同士の交流はもちろんですが、色々のことを感じとってもらいたい。
 参加者は一家族5キロの新米コシヒカリをプレゼントされ大喜び。

      ●「親子田んぼ教室専用ほ場」、春に田植えした田んぼに稲刈りにはいる。
b0092684_14393395.jpg

      ●鎌でケガをしなければとの心配もよそに、小さい子も手際よく刈る。
b0092684_14431319.jpg

      ●はざ掛けが始ったら、稲を運ぶ、未来の農業者!!
b0092684_14444159.jpg

      ●はざ掛けに挑戦する子供さんに、お母さん拍手。その格好が様になっている。
b0092684_1446856.jpg

      ●6アールのほ場も1時間半、きれいに刈られ、記念写真です(後方の山、八海山)
b0092684_14482636.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2010-09-25 14:24
八色の森健康ウォーキング大会
          9月23日(木)秋分の日

 今日は、晴れていれば十五夜で、まん丸いお月様が見れるのだが、あいにくの雨となる。
 その雨の中、3回目のウォーキング大会が開催される。
 今までは、公園から国際大学、北里大学、水無川方面に歩いていたが、今回は約10キロのコースで毘沙門様巡りコースを設定する。
 「びしゃもん市」前広場に給水所を設けたり、毘沙門堂のガイドボランテアのスタッフを置いたり、準備万端で今日を迎えたが、実行委員長(上村守)は、雨男で今日(今回で大きいイベントが3回)も雨にたたれる。

      ●7時50分、スタッフのミーテング。この時は雨は止んでいた。
b0092684_14144623.jpg

      ●雨の中、先頭集団が毘沙門通りを歩く。給水所はすぐそこ。
b0092684_14222395.jpg

      ●急きょ温かい麦茶をポットに2つ用意する。温かいお茶を美味しそうに飲む参加者
b0092684_14181414.jpg

      ●閉会式に参加し、12:30より毘沙門様巡りコースのスタッフで反省会
b0092684_1420899.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2010-09-23 14:03
「葡萄&ワイン祭り」を楽しむ  大五郎&あゆみさん来る!
          9月19日(日)12:00~17:00

 八色の森公園で、葡萄&ワイン祭りが、今日、明日と開催される。
 議会の皆さんも大勢参加してくれる。13時の抽選会の時には、大勢の入場者で身動きとれないほどの盛況であった。
     ●小原副市長の挨拶でお楽しみ抽選会が始る
b0092684_1352348.jpg

     ●テントの中はワインを楽しむ方やビールにと大勢の来場者で賑わう
b0092684_1354829.jpg

     ●葡萄は一人一房が無料で収穫できるので、人員の入場制限をしながら
      終日親子連れが葡萄のもぎ取りを楽しむ。
b0092684_13564885.jpg
b0092684_1357081.jpg

     ●乗馬もチビッコ達が列を作っていた。
b0092684_1357574.jpg


     ●大五郎同級生の結婚式出席のため、あゆみさんと来る。
b0092684_1414777.jpg

 
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-19 08:30
浦佐地区「敬老会」
          9月12日(日)

 
 昨年から会場を、てじまや旅館、たもん荘に移しての会となる。今までは、婦人会主催で浦佐小学校やB&G体育館で行なわれていた、昨年から会場を移し、婦人会と浦佐区と共催での会となる。77歳以上の方に案内があり、250名が一同に会しての会場は無いので3会場に分かれる。
 今回はたもん荘で、田町、富町、西浦、新町のみなさん。
 私は戦後の荒廃からこの世の中を作ってくれた皆さんに「感謝」「市の主な出来事」「健康」について話しさせてもらい、益々の長寿といつまでも私たちを見守りご指導いただきたいと挨拶する。

    ●開会の挨拶をする区長さん
b0092684_2245528.jpg

    ●乾杯で一気に会場は盛り上がる。
b0092684_2253860.jpg

    ●余興のトップバッターはお母さんが出演する新町だ!!
b0092684_2213049.jpg
b0092684_22131450.jpg

    ●80歳を過ぎているとは思えない見事な踊りです
b0092684_22142715.jpg

    ●富町の皆さんです。
b0092684_22151421.jpg

    ●天王町です
b0092684_2216711.jpg

    ●昨年のアンコールに続き今年も来て下さいました。歌手「葉月みなみ」さんの絶唱にうっとり!
b0092684_22193052.jpg
b0092684_22194136.jpg

    ●浅地町です
b0092684_22202935.jpg

    ●本当に皆さん元気で長生きして下さい。
b0092684_22212565.jpg


<ムリナーリニ・シン講演会>14:00~15:30 
 敬老会が13:30分に終り。会場の池田記念美術館に急ぐ。
 会場は80人くらいで大勢の人が来ていた。
 トークのな中で「今体調が悪いですが、どうすれば絵のように明るく元気になれますか」とか、絵を勉強している子供が、「花のめしべが凸凹にかかれていますが、どうすればそのよう描かれるのですか」又、私は日展の会員ですがと言う方が「ご婦人の絵に接し、今話しを聞き、勇気をもらえました。」と1人一人の質問に、通訳を通して丁寧に応えていました。
 ご婦人の生き方は、否定的でなく常に前向きで、自然を大切に、自由のままに接し、感謝の気持ちをもって生きていると思った。
 「否定的でなくプラスに物事を考える」と言うことが人生を生きる上で大切なんだと改めて、大使婦人から学ぶ。本当に充実した2日間でした。

 さあー明日から議会一般質問だ……。
          
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-12 21:50
インド大使婦人(ムリナーリニ・シン)絵画展オープニングパーティー
         9月11日(土)16:00~19:00

 人口11億人、米の生産世界第2位のインド。そのインド大使婦人、ムリナーリニ・シン絵画展がここ浦佐の池田記念美術館で、9月12日から28日まで開催される。当市にある国際大学に、これまでインドから160人以上の留学生が学び卒業したことが縁となり、ベースボールマガジン社が母体の池田記念美術館が、主催して絵画展が実施されることとなった。近年のインドの発展はめざましく、IT関連ではアメリカを始として世界の多くに技術者を送り出している。
 この絵画展が縁で、当市の後山小学校と東京のインド小学校との児童交流も始まり、コシヒカリを通じて産業交流に発展すればと期待している。

   ●大使婦人の作品です。絵にうとい私は、翌日美術館で行なわれた婦人の講演を聴き、キャンバス一杯に描かれた絵は、私たちに希望を与え子どもたちへメッセイジを発信し、地球上から争いのない平和を願っているのだと思った……。
b0092684_21274978.jpg
b0092684_212846.jpg

   ●オープニングパーティに大使も駆けつける。
b0092684_21294048.jpg

   ●鳩山前総理婦人も会場に来、大使婦人と「おにぎりとおぼろ豆腐」を食べる。
b0092684_21312535.jpg

   ●大使婦人と記念写真に収まる地元の母ちゃん達です。今日は午前中からおにぎり3種類300個と地元料理おぼろ豆腐をつくる。
b0092684_21341883.jpg

   ●餅つきに興じる大使ご夫婦
b0092684_21373123.jpg

   ●「さくら桜」を熱唱する、鳩山前総理夫人
b0092684_21393850.jpg

   ●パーティーも終わりスタッフの慰労反省会です
b0092684_21434919.jpg
b0092684_21441173.jpg

   ●大阪から駆けつけてくれた、大阪大学の学生さん3人と阪本さんと一村尾で開催されている若宮八幡宮の「太々御神楽」を見学する。阪本さん大変貴重な神楽を見学させてもらったと、又ぜひ当地には来たいとおっしゃっていました。   
b0092684_21495189.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2010-09-11 21:05
第24回浦佐温泉耐久山岳マラソン~福田六花氏参加
           9月5日(日)

 市民ランナーであれば、福田六花(フクダリッカ)氏を知らない人は潜りかも知れない。その六花氏が、私たちの要請に応えて山岳マラソンに参加してくれる。
 「医者であり、ランナーであり、ミージュシャン」の福田六花しは、かって大学病院の医師であった。激務と不摂生の生活で激太りし、走ることで30㎏の減量を果たす。この体験を契機に人生をリセットし、河口湖に移住し、現在は老人介護の仕事をしながら、大好きなランニングを続けている。
 今年の6月に日本で初めての「グルメマラソン」をこの地、南魚沼市で開催し3000名のランナーがコシヒカリの早苗真っ只中を走り、大成功のうちに終わる。
 昔、医者の頃大和病院に2回ほど来たことがあるというのも何かの因縁だと思う。
  b0092684_188960.jpg
  ●9月4日(土)前夜祭18:30~20:00
 幹事の旅館の皆さんと事務局とミズノスポーツの皆さんと最後のミーテングを行なう。福田六花氏からもお出でいただき、明日が事故無く終ることを願い前夜祭を行なう。
  六花氏八海山をぐいぐい飲んでいた。今から15年前(28歳)体重は93㎏、今は40歳61㎏。一年間に20レースくらい走るそうです。走ることにより生活習慣病は治せると。日本の医療費は32兆円。うち生活習慣病は10兆円。2人に一人スポーツ(走る)すれば5兆円節約できる。老人介護費用は9兆円かかるが財源がないと………話しはつきないが、明日があり後ろ髪引かれる思いで閉会。

<9月5日当日>b0092684_18361778.jpg
 朝4時50分ようやく明るくなった頃、コースの状況を見るために一周してくる。八海山に雲海がかかり別世界のようだ。コースはきれいに掃き清められており万全だ。
 6時15分スタッフ230名の点呼と最後の打ち合わせを行なう。
 打ち合わせ終了後、わたしの運転で、東実行委員長と六花氏を乗せて、コース案内をする。六花氏凄いコースだと。一つの山越えをすると、後山集落の田んぼが広がる。六花氏車から降りて山並みと田園風景をカメラに収める。

 b0092684_1834981.jpg
 福田六花氏とちゃっかり写真に収ま六郎さん。私の叔父さんです。叔父さんも何回か山岳マラソンには参加しているが、今回は視察です。叔父さんは、今住んでいる宮城県の柴田町で「柴田さくらマラソン」を復活させようと数年前から活動し、来春4月に復活することになりました。副実行委員長を仰せつかり張り切っています。私も一回走りましたが、桜が本当にきれいでした。
 
 



b0092684_20122781.jpg 8時から開会式。昨夜前夜祭で、選手宣誓をお願いするのは失礼で、挨拶だよなと思っていましたが、銘酒八海山で盛り上がり、福田六花さんにお願いしたら、快く引き受けてくれる。六花さんは年に20レースくらい走るが選手宣誓は初めてだそうだ。
 六花さんの選手宣誓に一段と大きな拍手と声援が飛んだ。
 8時30分大会会長である、南魚沼市井口市長の号砲で、2000人の選手が最初の難関「魔の33曲がり」目指して飛び出す。そして、今日も35度以上という猛暑。リタイヤは例年に無く多かったが、救急車の出動もなくホットする。
 b0092684_20291166.jpg
 午後3時ゴール閉鎖。今年も多くのドラマや熱戦が展開された。それを支えた230名のスタッフの皆さんご苦労さんでした。スタッフの慰労会です。2週(42.195キロ)の後送の後から4台の車でテント、表示等の撤収が始まり、ゴールのテント本部等も1時間できれいに後片づけをし、午後4時副実行委員長柳大区長さんの乾杯の発声で230人の反省会が始る。福田六花さん反省会にも出席する。反省会も大いに盛り上がる。
 来年は25回目の節目の大会です。来年に向けて今日からスタートする。選手の皆さん又お出でください。ゴールで美味しい「八色西瓜」が待っています。
b0092684_2038967.jpg

b0092684_2034736.jpg
b0092684_20344392.jpg
b0092684_20353081.jpg
b0092684_2035563.jpg
b0092684_20362777.jpg
b0092684_20364444.jpg

 福田六花氏は8月30日にフランスから帰えり、このローカルの大会に駆けつけてくれた。
 りっか氏は1週間、ヨーロッパアルプス最高峰のモンブランを巡る166キロの壮大なレースを、NHKの依頼でスタッフとして、走りながらカメラをまわす。フランスのシャモニーをスタートしてイタリア、スイスと制限時間46時間のレース。山の中をビデオカメラを持って走るランニングカメラマンだそうです。
 世界中から2300名のアスリートが参加した。しかし、レースは途中で悪天候になり中止になったそうです。
 その疲れも見せず本当にありがとうございました。
 
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-05 17:03
浦佐認定子ども園もちまき
          9月3日(金)10:00~10:30

 6月15日の安全祈願祭から50日余り、浦佐子ども園の骨組みがほぼ終り今日はもちまき。浦佐幼稚園、浦佐保育園の園児の皆さんが駆けつける。
 
   ●最後の釘を園児の代表が柱に打つ
b0092684_20473295.jpg

   ●骨組みの完成を祝い、園児達の成長を祈り餅が撒かれる。
b0092684_20485849.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2010-09-03 20:38
瀬波温泉「汐見荘」の旅~JA大和OB旅行
          9月2日(木)

       ●旧新発田藩下屋敷庭園にて
 
b0092684_16475562.jpg
 JA大和OB会員は63名いますが、本当に皆さん昔と変わらないが、歳取ったなあと言う感じです。
 今回は総勢21名の参加で、瀬波温泉夕映えの宿「汐見荘」でゆっくりと風呂に入りお昼の会です。
 7時に浦佐~薮神~大崎~東と回り、大和インターから高速に乗り目的地を目指す。
 途中新発田市の旧新発田藩下屋敷庭園と市島酒造を見学する。
     
        ●瀬波温泉「汐見荘」にてお昼の会です。
b0092684_1653138.jpg

 汐見荘には正午前に着き、それから風呂に入り、浴衣に着替えてお昼の会です。海の幸が所狭しと並び、満喫する。皆さんバスの中でも相当メートルが上がっておりましたので、開会早々に唄や踊りがでました。
 昔、同じ仕事した仲間ですので、気心も知れており本当に楽しい会となる。16時出発なので、日本海を見渡せる風呂にもう一回入り、汐見荘を後にする。
 
[PR]
by 2neyuki | 2010-09-02 16:26