<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
大和中学校評議員会
           6月29日(金)19:00~21:00

 学校側から、生徒のようすについて、学習指導、生徒指導、安全管理という視点から資料に基づきそれぞれ説明がある。
 ここ、学校が荒れていると言うことはほとんど聞かないし、学級崩壊とか生徒の問題行動(ガラスを割るとか喫煙等)もなく、部活に頑張っている姿がみられ、良好な学校運営がなされている。
 私は、学力と言う面から意見を述べる。昨年一昨年より、子ども達に学力の向上と言うことで、資料からも先生の努力の跡は伺えるが、それが結果として反映されないのはどうしてか。
 来年から高校受験は全県一区になり、それらへの対応等は!
 平均点で見ると確かに結果がでていないが、現状は二極化が進み、今下位の集団をどのように力をつけるか、先生方で検討していると話された。
 勉強は誰もが自らなかなか取組もうとしないので、学校と家庭が連携して、家庭学習の時間を増やすことが大切。それには家庭での協力が不可欠です。
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-29 18:44
大和地域文化財保存連絡会世話人会
         6月28日(木)13:30~16:30

 この会は、大崎の「式三番」と薮神の「若宮八幡宮御神楽」と浦佐の「裸押合い」の三団体が、一昨年から交流をしながら勉強会をしている。
 昨年は文化財の巡検(7/8に龍谷時・普光寺を11/18に北川岸次の彫り物)と便りの発行等の活動をし親睦と地域の歴史文化を学ぶ。
 今年のそれぞれの活動の報告をし、一回目の文化財巡検は7月24日に「三国街道」を散策する事とする。
 大勢の参加を期待する。
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-28 18:29
国際情報高校第1回学校評議員会
         6月27日(水)14:00~16:00

 今年度1回目の評議委員会が開催される。委員は5人。
 6限の授業を見学する。3年のあるクラスは化学で、先生と問答方式で進めており、張りつめた緊張感が伝わってきた。
 1年生は芸術の時間で、琴の音色が聞こえるクラス、美術で筆を動かすクラスと校舎を回り、ほとんどゴミも落ちていなく、廊下、教室も整理整頓されており清潔と第一印象で思った。

 18年度・13期生の大学進学率は、8期生から右肩下がりであったが、4年ぶりに91.8%となり、13期生はほぼ第一希望で進学し、自己満足度が高かったと校長先生の話を伺う。
 
 私の考えとして、県内では中高一貫教育校が増えており。そして、全国の有名市立と言われている進学校は、ほとんどが中高一貫教育という現状の中で、国際情報国校で、より子ども達の夢の実現のためにも、本KJでも中高一貫教育を、検討研究する必要があるのではという意見を述べる。
 他の委員の方からも、少子化がすすむ中でそれは重要と。又来年から高校の学区が無くなり全県一区となる。そいうことからも、本校が中高一貫教育を導入することは検討に与えすると。
 常に新しいことに、「チャレンジ」することが本校であり、取組んでもらいたい。
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-27 09:47
第2回JA新潟政策提案研究会
           6月26日(火)13:00~16:30

 重野JA専務の開会挨拶。WTO農業交渉、G5,G6もまとまらず、議長は次のペーパーを出し、7月合意を目指すが難しいだろうと!!中国への米輸出がスタートしたと。18年度JA決算、必ずしも順調でなく横ばいからマイナスという。本研究会は改善でなく、組合員サイドに立った提案を、経営からの側面でない提案を願いたいと挨拶する。
 中国への米輸出は、日本農業、とりわけ本県稲作への将来にも関心あることで注目しなくては!!!!中国の人口は12億13億人とも言われており、裕福層は2~3億人もいるという。魚沼コシヒカリ高くても購入する層が、日本より多くいると思われる……。

 事務局では、平成時代17年間の組織事業を、資料により以下のように報告する。
 ①事業量の増加は非常に難しい。
 ②総合事業とは言い難い、歪な収支構造になっている。
 ③職員数の減少、支店、施設等の統廃合がすすんでいるが、効率化になっていない。
 ④経営成果のJA間格差が拡大してきた。

 私は、JAが発足して55年の半世紀が過ぎ、半世紀もほぼ同じ事業をJAの柱に据えて事業展開しているのだから当然の結果だ。
 そもそも組合員全員から事業を利用してもらおうと考えるから、新しいことを導入できなくなるのであって、組合員の1割の方から利用頂ければ最高、御の字と考えて事業を進めると、風通しも良くなり色々のアイデアや戦略がででくる。そして、JA利用から他業者へ移った人は追わないこと。追うエネルギーをJAを利用している方に向ける。そうすれば、組合員もいいし、職員もいい。目先に追われるのではなく。その1割の人の動向が鍵を握る。
 
 今後のJA経営を考えたとき、次の事に留意する事と事務局はまとめている。
 ①少子化と高齢社会(地域社会の縮小)
 ②準組合員の増、正組合員の世代交替(組織基盤の変化)
 ③外国からの農産物輸入圧力の高まり(wto、EPA・ETA交渉ー農業生産の危機)
 ④農政の改革(担い手へ施策のシフト、農地制度の見直し、農業予算の縮小等)
 ⑤競争の激化(大企業の農業参入、産地間で、企業との連携、HC等の進出)
 
  
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-26 08:32
浦佐毘沙門堂「おせったいの会」設立の会
         6月23日(土)10:00~12:00

   私たちは有志で、毘沙門堂に参拝に来られた方に、「もてなしの心」「心温まる対応」で
  接客をしようと、日曜日にお茶出しを始めました。
    始める前までは、山門・毘沙門堂の事や裸押合いまつりのことを聞かれたら説明でき
  ないし、御札・お守り等の販売は……そして、場所は等々多くの心配事がありました。
   先日、普光寺の方丈様、奥様から「参拝者の方が、とっても喜んでくれています」と。
   そして、奉仕した方も「良かったよ。大勢の方が、お茶を召し上がってくれました。
   私自身も何か「心」安まる思いがしました」と、話してくれました。
  小さな取組みですが、参拝者の皆様に、心のこもった対応をする事で、時間はかかり
  ますが、参拝者が増え、浦佐の街が賑やかになることを願っております。
   つきましては、下記により毘沙門堂「おせったいの会」の設立の会を、開催いたします。
  毘沙門堂は地域の宝物です。お誘い合わせの上、大勢の方の参加をお待ちしています。

 と、誘ったところ大勢の方が賛同し今日の設立を見ました。
 NHKの大河ドラマに「直江兼続公」を主人公とした「天地人」が2009年から放映されます。上杉謙信の守護神「毘沙門天」が祀ってある毘沙門堂。上杉謙信に学んだ直江兼続。生誕の地に多くの観光客がが来ます。おおいに期待しましょう。
b0092684_11493475.jpg
b0092684_1149473.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2007-06-23 11:31
毘沙門天十月会定例会    多聞橋クラブ総会
         6月23日(土)

●毘沙門天十月会
    13時から33番観音様をまわり、15時30分から定例会。
   今から250年前に、当毘沙門堂別当普光寺住職弘賢僧正が西国33番の各霊場より
   一握りの土を持ち帰り、毘沙門堂の裏山に西国の霊場を型どり位置、図形を選んで
   設置する。多くの巡拝者が参る。
    ところが、先の中越地震、大雪等で道が滑落したり、沢は流木が散在しコースは
   荒れており、コース整備をしなくてはと言う気運が出てきた。
    整備の考え方等を話しながら一巡する。距離は3.2㎞。

    3月3日以来の久しい定例会で大いに盛り上がる。


●多聞橋クラブ総会
    今年新会員となる。浦佐ヤナで18時30分より開催される。
    初めて参加し、こういう皆さんがいるからこそ、魚の川が保守管理されていると思った。
            
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-23 10:24
チャレンジOB・OG妻有の会
           6月17日(日)12:30~16:00

 十日町商工会議所を会場に、十日町地区KJ保護者OB会・チャレンジOB・OG妻有の会が開催され参加する。
 十日町地区に続いて、南北魚沼で今年発足を見たのでお礼を言う。懐かしい多くの皆さんと再会する。高橋さん神奈川の大礒から参加する。そのパワーとKJに対する思いにいつも感謝致します。
b0092684_131584.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2007-06-17 12:52
 景観サルビアの植栽
          6月15日(金)8:00~16:00

 農地・水・環境向上対策事業で、今日はサルビアの植栽。
八色の森公園を管理している皆さんとサルビアの花植え。
花は小沢農園と魚沼学園から1200本購入する。きれいに咲いてくれることを期待して。
b0092684_12515837.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2007-06-15 12:12
毘沙門通り再生懇談会先進地視察
          6月14日(木)13:00~17:00

 メンバー十数人で、塩沢の牧之通りを視察する。商工会の貝瀬さんから今までの経過を通りにある県信(銀行とは思えない作り)の会議室で聞く。そして、中島屋さん宅におじゃまし、お母さんから、地域興しの話を聞く。
b0092684_11465539.jpg
b0092684_1147677.jpg
b0092684_11471796.jpg

 雁木と調和する家並み、雁木通りと店舗。本物にこだわった純和風の雁木と建物は落ち着いた雰囲気を出している。
 平成11年から町づくりをやり、多くの視察と話合いを重ねここまで来たと言う。
 建築協定をするには多くの困難があったことだと推察する。
 毘沙門通りも今日ようやく一歩を踏み出した。
[PR]
by 2neyuki | 2007-06-14 11:40
「白根の大タコ合戦」観戦に
          6月10日(日)

 昨日、長岡からまっすぐ娘の嫁ぎ先の白根に行き、お母さんと合流する。
 大タコ合戦は初めてだが、綱を引く若者の意気には圧倒する。ピーピーと笛がなると若者が土手を走り「大タコ合戦」が始まる。その数十数枚。大空を舞う様は圧巻だ。
b0092684_9563787.jpg
b0092684_9565665.jpg
b0092684_9571127.jpg
b0092684_9572421.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2007-06-10 09:48