<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
我が家の「年とり」(大晦日)
        12月31日(水)

 午前中神棚、仏様の大掃除をし、神棚・玄関・各部屋に注連を飾る。そして福餅、御神酒
を神棚に供えて準備が終る。
 18時、和幸・仁志(東京)の帰りを待って、年とりをする。
 今年はサヨさんとスベレとスベレの友達が一緒です。
b0092684_10565525.jpg


 23時45分多聞青年団から御神酒をいただき、新年のお護摩にあたること一時間。
それから白山神社に行きお参りする。
 新年(1月1日)午前2時、寿多屋さんは二年詣りのお客さんで盛況。カウンターで、銚子
を一本お願いする。昨年も一緒になった人(独身)が、今年は嫁さんを連れてきていた。
嬉しくなった。
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-31 10:50
常蔵恒例「注連」作りと肉分け
        12月30日(火)

●「注連」作り
   30日は、女しょは餅をつき、福もちを作る。
   男しょは作業所で、注連作り。
   今年は、ノルウエーからスベレとスベレの友達も手伝う。
b0092684_10402582.jpg

b0092684_10404429.jpg


●肉分け
  親戚6件が、19時頃我が家に集まり、60キログラムの豚肉を分ける。
  終ると台所で焼き肉忘年会。新年会の日時を決めるのが恒例になっている。
b0092684_10452496.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2006-12-30 10:34
行政と普光寺との懇談会   つつじクラブ忘年会
       12月28日(木)

 ●行政との懇談会(10:00~12:00)
    仕事納めの忙しい中、企画情報と商工観光から3人来てくれる。
    地元からは、総代が4人、大祭委員が3人。
     (1)中越地震で33番観音の道の修復について
         ・19年度、20年度で取組むための具体的な計画を立てて再度打ち合わせ
          することにする。
     (2)裸押し合い祭りに     
         ・全市的な取組みとすることにより、行政も応援できるので、20年3月3日に
          向けて取組むこととする。

 ●つつじクラブ忘年会(17:30~20:30)
    会場は大崎の藤屋さん。
    席上で、井口市長のお父さんが亡くなったと会長が話す。
    我が会派は4人。一年間ご苦労様でした。
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-28 10:11
毘沙門通り「地域活性化部会」開催
         12月26日(火)14:00~17:00

 毘沙門堂 普光寺庫裡にて、県庁土木部都市局 都市政策課 広域都市政策班 宇佐美主任
南魚振興局地域整備部計画課 中田課長さんをはじめ、県の皆さん5名、市からは高野都市計画課長をはじめ5名の行政の皆さんからお出でいただき、浦佐地域の活性化について勉強会をする。地元からも15名の方が参加する。
 県の方を招いての勉強会は、今回で2回目。
 何とか、県から応援協力いただけるような気がするが、まだまだ地元の熱意(今日参加した人の)が感じられていないと思った。
b0092684_21262869.jpg

 

 
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-26 21:08
新町農区 正月用「〆縄」つくり
          12月24日(日)9:00~17:00

 今年で6年目になる、正月「しめ縄」つくり。農区の役員10名が中心になり、町内50戸ほぼ
全戸に無償で配布する。今では町内の皆さんが楽しみにして待っているので、断然力が入る。
 棒〆は役140本作る。七五三は100本。それに、松・こんぶ・豆殻を飾って配布する。
各戸には、一対2本づつ。
 夕方になると手が痛くなったり。腰が痛くなったり、肩がバンバンと張って痛くなったりする。
でも、全戸の「しめ縄」を完成したときは、来年もいい年が来ると思い、良い気分になる。
b0092684_20422830.jpg

b0092684_20424716.jpg
 
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-24 20:24
じょんのび温泉湯沢へ
          12月23日(土)

 今日は天王誕生日。お祝いに、賢三夫婦と湯沢温泉「滝之湯」に行く。賢三の退職祝い
を兼ねて急きょ(二日前に)決まる。
 朝9時11分の普通列車に乗る。乗り方を忘れたなどの冗談を言いながら、ミカンを
むきながら湯沢までの列車を楽しむ。

 「滝之湯」はJAの推薦だけあって、こじんまりとしたホテルだが、玄関に入ると「香」の
かおりがして良い気分になる。
 職員の方も礼儀正しく気持ちが良い。
たっぷりと1時間30分湯に浸かる。部屋には料理がセットされている。予定の正午になっても
奥方殿は風呂からまだ来ない。のぼせているのではないかと、少し心配になる。
 待ちきれず、二人で乾杯する!

 部屋係の方は「たき」さんといい。男性というのも珍しい。最後によこした名刺には、
お客様 いやし隊「たき」と書いてあり、裏面にはこの名刺持参の方に限り「冷蔵庫50%
OFF」と書いてある。
 さすがに、料理のこと湯沢のこと何でも応えてくれた。佐渡の出身んで、私の佐和田の
知人を知っているのには、より親近感を感じ料理お酒を美味しくいただく。

 奥方殿も、浴衣姿でほろ酔い姿がいいな!!
 一年の疲れを取ろうとマッサージに二人ともかかる。ほろ酔い気分で眠っている間に奥方殿は
温泉に行く。

 17時8分の列車で帰路につく。
じょんのびのたびであった。来年は、ほくほく線に乗って行こうと言うことになる。

       カメラを写すの忘れた!
 
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-23 19:44
五組の夫婦で温泉へ
         12月17日(日)

 お国じまん会館前に16時集合する。迎えのバスに乗り、缶ビールでまずは乾杯する。
 浦佐婦人会の役員の任期2年も、残すところあとわずかです。
 役員としての任を果たされたのも家族の協力のおかげと。池田婦人会長さんのはからいで実施された。
      池田会長の発声!父ちゃん方の協力に感謝しての、カンパイで始まる。
b0092684_19335598.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2006-12-17 19:24
観光体験「魚沼企業市場」   KJ南北PTA・育成会長会議
          12月12日(火)

○魚沼企業市場
   毘沙門通り活性化のために、アドバイザーの駒形さんと勉強に行く。
 ・10:00~11:30 
   相談役の「関越総合企画設計(株)」渡辺和夫代表の事務所に行く。
   歴史ある街並み、人の息づかいが聞こえる街並み、人間中心の街並み、そして毘沙門
   に、似合った町づくりをするにはと言う観点から、アドバイスいただく。
   
     これから、アメリカから仕事のことでお客さんが来るというので、12/26に浦佐に
   おいで頂くことをお願いし事務所を後にする。

 ・11:30~12:30
    湯沢カルチャーセンターを会場に開催。
    我が浦佐「地域活性化部会」から小島康義さんが町づくりについて、大和観光協会から
   小島典子さんが観光農業を展示しPRしプレゼンする。
    多くの皆さんが、地域興しで頑張っている。頼もしいと思った。
b0092684_15518100.jpg

b0092684_1553987.jpg


 ・野の花館により、牧之庵でソバ(ソバが品切れになりうどん)を食べて帰路につく。

○国際情報高校 南北歴代PTA・育成会会長会議
   標記の会議が開校以来初めて、毘沙門堂前の寿多屋さんにて18:30開催。
   10名のうち7名が参加する。会合の主旨を改めて話す。
  「国際情報高校が今年15年を迎えたのを期に、1期からの保護者会を立ち上げようと
  呼びかける。」今年5月21日に、十日町地域KJ保護者OB・OG会が設立され、この会を
  県下に広めようと話がある。今までにも、何回かこの話は出るが、なかなか前に進まな
  かった。
    全員賛同し、1月22日に再度今日の会を開催し、学校の都合を聞いて5月か6月に
  開催できればと言うことになる。

 
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-12 14:46
長岡農業高校 南魚同窓会役員会
       12月10日(日)17:00~20:00

 同窓会長 種村県議より挨拶があり開会する。
 次の事を申し合わせ、忘年会に入る。
  ・平成20年には母校が100周年になるその記念事業について
  ・来春に100周年記念事業もあり南魚の総会を開催する。
  ・欠員であった幹事長に小宮山前六日町町長が就任する。

 同窓会のアルコールは、又別の味わいがある。当地から長岡まで通学するには、朝一番
6時の列車に乗り、宮内に着くのが南魚の通学生が一番早い。そういうことからも、怖い先輩も同郷と言うことで一目置いてくれた……!
 酒が入ると、誰からともなく「大河信濃の 豊なり……」と校歌の斉唱になる。


<(有)ウラコウ忘年会>
 15時より江津美屋さんにて忘年会。今年はコシヒカリの品質が良く、ウラコウ良いスタートがきれたと話す。反収はいまいちと思った。
 
 
 
[PR]
by 2neyuki | 2006-12-10 13:49
常蔵長女 美雪 結婚式
           12月9日(曇り)

< 前夜祭 >
 我が家の親戚は全員来る。15時頃から一陣がきて、祝いの祝杯が始まる。18時頃ほぼそろい乾杯が。本家の佐太郎、明日とり仕切る清水端も駆けつける。
 花嫁の美雪は19時頃着、拍手が一段と大きくなる。もこさんの永一郎さんは、弟を伴って20時頃の新幹線で我が家に着く。花嫁を上回る声援。


b0092684_1429557.jpg

 前夜祭に、司会の方も東京から来て、我が家で打ち合わせ!!。
 大五郎、仁志たち、明日の準備打ち合わせで、眠ったのが朝の2時とか3時とか……

< 結婚式当日 >
 心配した雨も美雪が家を出るときは、太陽が出てきた。

b0092684_2337223.jpg

b0092684_23373718.jpg

b0092684_23383031.jpg



b0092684_23404014.jpg

[PR]
by 2neyuki | 2006-12-09 14:08